10代女子が選ぶ 2018年流行った「ヒト」ランキング!! 6~10位

10代女子が選ぶ 2018年流行った「ヒト」ランキング!! 6~10位

10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」。今年も発表されました。2018年に流行した「モノ・ヒト・コト・コトバ」の4ジャンルについて、13〜19歳の女性519名のアンケート回答を集計した結果です。今回は「ヒト」について見ていきましょう。

 

「10代女子が選ぶ 2018年流行した「コトバ」ランキング発表!!」はこちら

「10代女子が選ぶ 2018年流行った「モノ」ランキング!!」はこちら

「10代女子が選ぶ 2018年流行った「ヒト」ランキング!! 1~5位」はこちら

 

 10代女子が選ぶ
2018年流行った「ヒト」ランキング!! 6~10位

 

10代女子が選ぶ 2018年流行したヒト 10位~6位!!

 

10位 新田 真剣佑(あらた まっけんゆう)(8.5%)

 

 

 

うん、とにかくイケメン!!
それではまずは新田真剣佑さんのプロフィールを。

 

本名:前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)

生年月日:1996年11月16日

出生地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

身長:177㎝

血液型:B型

所属事務所:トップコート

 

父親はあの有名な千葉真一さん。芸名の読み方は「あらた まっけんゆう」。「真剣佑」は本名です。名前の由来ですが、このようになっています。

 

名の真剣佑は父・千葉真一が「真実の剣を持って、人の右に出て欲しい」と願望をこめて命名した

引用:Wikipedia

 

千葉さんらしい命名ですよね。しかも千葉さんの遺伝子を見事に受け継いだようで、空手についてはLA空手大会で優勝したそう。ちなみに幼少期には色々な習い事をしていたようで、特技も凄い!!

 

特技は水泳・乗馬・殺陣・空手・レスリング・体操・水球・スキー・ピアノ・フルート・アルトサックス

引用:Wikipedia

 

人間ってこんなに出来るようになるんですか⁇ 私なんかこれらを習ったとしても特技と言えるようになるのは1つか2つ位な気がします。。。イケメンでこんなに多彩な才能を持ってるなんて無敵ですね♪

 

 

9位 BLACKPINK (ぶらっくぴんく)(11.6%)

 

韓国の4人組ガールズグループ。以前このブログでも取り上げました。詳しくは下記記事を参照ください。

 

8位 田中 圭(たなか けい)(14.8%)

 

本名:田中 圭(たなか けい)

生年月日:1984年7月10日

出生地:東京都

既婚:奥様は女優の「さくら」さん

身長:178㎝

血液型:O型

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

 

2018年4月期に主演を務めたテレビドラマ「おっさんずラブ」が大人気となり、田中さんの人気も急上昇。ちょっと大人の雰囲気を漂わせ、優しそうなところが女性にはいいんでしょうね。しかも田中さんは渋谷教育学園幕張中学校・高等学校出身です。千葉県民なら当然知っているこの学校ですが、とても優秀な学校です。

実は私も渋谷教育学園幕張高等学校に憧れ受験したのですが、撃沈しました。当時の入試の問題ですが、明らかに中学生レベルを超えていたのをハッキリと覚えています。受験勉強をかなりやったので、高校生レベルの英語は中学三年生で半分は終わっていたくらいです。中学生時代の私は、偏差値70前後でした。客観的に見ても悪くはないはずなんですが、高校受験で唯一落ちたのがこの渋谷教育学園幕張高等学校でした。イケメンの上、頭脳明晰とは羨ましい限りです。

 

7位 平野紫耀(ひらの しょう)(King & Prince)(16.6%)

 

久しぶりにジャニーズ事務所からデビューしたアイドルグループ「King & Prince」のメンバーの平野紫耀さん。まずはプロフィールから。

 

本名:平野 紫耀(ひらの しょう

生年月日:1997年1月29日

出生地:愛知県名古屋市

身長:171㎝

血液型:O型

所属事務所:ジャニーズ事務所

 

平野さんについて調べていると、ジャニーズ事務所への入り方が他のメンバーとはちょっと違っていたので面白いと思いました。以下、Wikipediaで見つけた内容です。

 

小学2年生のときにダンスを習い始め、中学2年生のときからアクロバットにも着手する。かつては名古屋の芸能事務所セントラルジャパンに所属していた。2010年4月、同事務所でダンスパフォーマンスユニットを組んでいた清水天規、ほか当時セントラルジャパン所属であった田中俊介・平松賢人らとともに名古屋のローカル男性ユニット・BOYS AND MENの前身プロジェクトに参加。BOYS AND MENの初期メンバーとなり、舞台公演やイベント出演などで活動する。初期のBOYS AND MENはメンバーの脱退に関する情報を公開していないが、清水が2011年9月に個人ブログ上で平野が脱退していたことに触れている

高校1年生のときにダンススクールの合宿で上京し、そのときに出会ったインストラクターが過去に光GENJIや少年隊を担当していた縁からジャニー喜多川を紹介してもらい、オーディションは受けることなく2012年2月にジャニーズ事務所に入所。関西ジャニーズJr.として活動を開始する。当時は名古屋在住であり、活動にあたり事務所から東京のジャニーズJr.か関西ジャニーズJr.かどちらに所属するかを「東京ならばすぐに活動できる可能性が高い。関西はそれに比べれば表舞台での活動が限られている。」と説明を受けた上で選択を委ねられ、人前に多く出るようになる前にダンススキルをより向上させたいという考えから関西ジャニーズJr.所属を選んだ。事務所に入って初めての出演はSexy Zoneのコンサートだったという。入所して間もなく向井康二・金内柊真のユニット・Kin Kanに加入し、そのメンバーとしても活動する。仕事やレッスンのために名古屋から関西へ通う生活をしばらく続けた後、居住を東京に移す

2014年、『SHARK』でテレビドラマ初出演にして初主演を務める。2015年6月にテレビ朝日のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の公式応援サポーターとして期間限定ユニット・Mr.King vs Mr.Princeが結成され、Mr.Kingのメンバーに選ばれる。その後、ユニットは継続することが発表され、2016年以降はMr.KINGのメンバーとして活動を続ける。2016年、それまで22歳で最年少座長記録を持っていた指原莉乃の記録を抜き、19歳で『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多』で福岡・博多座最年少座長を務めた

2018年、映画『honey』と『ういらぶ。』で主演を務め、同年4月スタートのTBS系ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』でヒロイン・江戸川音の相手役となる大企業の御曹司・神楽木晴役でGP帯の連続ドラマに初出演。その主題歌「シンデレラガール」でKing & Princeとして5月23日にユニバーサルJからCDデビューした

 

元々ダンスやアクロバットをやっていたんですね。その流れでジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんに紹介され、なんとオーディションなしでジャニーズ事務所に入ったという珍しい経歴。その後、すぐに表舞台に立てる可能性のある東京と、表舞台での活動が限られている関西のどちらを選ぶか迫られた際、ダンスのスキルを向上させたいからと関西を選んでいます。ミーハーな若い子とは違ってしっかりと将来のことを考えて動けるからこそ今の大活躍に繋がっているんでしょうね。若いのに本当に素晴らしいと思います。

なお、「King & Prince(キンプリ)」については以下の記事で紹介しているので、ぜひ参照ください。

 

 

6位 BTS 防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん)(19.3%)

 

2013年6月13日にデビューした韓国の7人組の男性ヒップホップグループ。メンバーはジン(JIN)・シュガ(SUGA)・ジェイホープ(J-HOPE)・ラップモンスター(RM)・ジミン(JIMIN)・ヴィ(V)・ジョングク(JUNGKOOK)。

アジア圏出身者としては初めてビルボード200で1位を獲得。もはやアジアにとどまらず世界的なグループです。ただ日本の活動では問題もあり、露出が少なくなっています(その点についてはこちらの記事の「BTS(防弾少年団」の部分を見てください)。

 

まとめ

 

10位~6位まで紹介しましたがみなさんは知っていましたか? ちなみに私は全て知っていました!! コトバやモノは分かりませんでしたが、ヒトならここまでパーフェクトです(笑)次は5位~1位までを紹介させていただきます。お楽しみに☆

 

「10代女子が選ぶ 2018年流行した「コトバ」ランキング発表!!」はこちら

「10代女子が選ぶ 2018年流行った「モノ」ランキング!!」はこちら

「10代女子が選ぶ 2018年流行った「ヒト」ランキング!! 1~5位」はこちら

 

error: Content is protected !!