水キムチはこんなに凄い!! 最強の善玉菌食 美肌・ダイエット・便秘解消にピッタリ!!

水キムチはこんなに凄い!! 最強の善玉菌食 美肌・ダイエット・便秘解消にピッタリ!!

みなさん、「水キムチ」って聞いたことありますか?普通のキムチは色々なお店で置いてありますが、水キムチはあまり見たことがありません。私が初めて知ったのも、10年ほど前に某焼肉店に行った時にお通しで出てきた時です。最初出てきた時は一体何なのかさっぱり分かりませんでした。今この水キムチがじわじわと注目されてきています。本日はその水キムチの秘密について調べてみました。

 

水キムチはこんなに凄い!! 最強の善玉菌食
美肌・ダイエット・便秘解消にピッタリ!!

 

 

水キムチとは

 

キムチ」とついているので、普通によく知られている赤いキムチをなんとなくイメージした方が多いと思います。

「あのキムチを水に入れて作っているのか?」

そう考えるのも仕方ないと思います。日本ではあまり目にする機会がありませんからね。
しかし実際の水キムチは違います。全く赤くないですし、辛くもありません。日本で言う、「ぬか漬け」のようなものと言われており、韓国ではごく日常的に食べられています。レシピも家庭によってそれぞれ違うので、使われる食材も様々で種類もたくさんあるようです。

ちなみに下の画像にある水キムチが私が実際に食べた水キムチになります。

食べた印象としては、白菜の浅漬けなどをさらにあっさりとさせた感じです。辛さは全くありませんでした。お子さんでも問題なく食べることができます。ゆずが入っていたので、余計にあっさりと感じられました。

一体なにを使って作られているのかと思って調べてみたところ、お米のとぎ汁で簡単に作れるみたいなんです。いつもお米を研いだらそのまま捨ててしまっていたお米のとぎ汁。まさかお米のとぎ汁からこんな料理が作れるなんて思いもしませんでした。目からうろことはまさにこのことです。

では水キムチがどんなものか分かったので、次に水キムチの凄さについて見ていきましょう。

水キムチの凄さ

 

なぜこの水キムチが最近騒がれているのか。
それは様々な効果があると言われているからです。

整腸作用
便秘解消
美肌
生活習慣病の予防
免疫力UP
血圧・血糖値・コレステロール値の低下
がん抑制

こうやって見るだけでもかなり魅力的ですよね。でもあの見た目あっさりした水キムチの何がこういう効果をもたらすのか。それは

とんでもない数の乳酸菌を含んでいる

からなんです。
まぁキムチと言えばそもそもが発酵食品です。発酵食品が乳酸菌を多く含んでいるということは一般的にも広く知られています。でもその数が本当に凄いんです。

例えば、1グラムあたりに含まれる乳酸菌の数で比較してみると、

ぬか漬け ・・・約1600万個
キムチ  ・・・約1億6000万個
水キムチ ・・・約3億個

こんなに違いがあるんです!!キムチの約2倍、ぬか漬けの約18~19倍も水キムチは乳酸菌を多く含んでいるんです。同じ発酵食品なのにこれだけ差があるんですねぇ~。見た目では分からないので、もう驚きしかありません。

いつも某焼肉屋さんで水キムチがお通しで出てくる時は、「こんな味気ないのより、普通のキムチの方がありがたいのに」なんて思っていましたが、むしろ逆だったんですね。水キムチ、ありがとうございます<(_ _)>

ではなぜこんなに水キムチは乳酸菌を多く含んでいるのか、次はその謎について見ていきましょう。

水キムチに乳酸菌が多い理由

 

秘密はその作り方にあります。先ほど水キムチは、「お米のとぎ汁」から作られると書きました。お米のとぎ汁の中に様々な野菜を入れて発酵させるのですが、この時野菜についている常在乳酸菌がとぎ汁を餌にして爆発的に繁殖するからなんです!!これが「発酵」です。この発酵によって作られた植物由来の植物性乳酸菌が私たちにとって非常にありがたい乳酸菌なんです。

ここで「爆発的」と書きましたが、なんで「爆発的」と書いたか。オーバーな表現だろって思われた方もいらっしゃいますよね?でも本当にその増え方は「爆発的」なんです。
どうして爆発的なんだと言うと、作るまでにかかる日数の短さです。例えばぬか漬けは材料などにもよりますが、2,3日程度は漬けておきます。それも少しずつかき混ぜたりする手間がかかります。キムチは1週間位はかかります。

では水キムチは何日位漬ける必要があると思いますか??あれだけの乳酸菌を作り出すにはかなりかかると思いませんか?なにしろぬか漬けの18~19倍なんですから。単純にぬか漬けの18~19倍の日数がかかるとしたら、18~19週間。
ってことは約4ヶ月?
いや、それはさすがにかかりすぎだから1ヶ月??
いやいや、それだと爆発的って程ではないから1週間???

それ位はかかりそうですよね。考えてもさっぱり分からない。
でも答えはどれも違うんです。水キムチは

1日程度漬けておけば完成!!

してしまうんです。たった1日でぬか漬けやキムチをはるかに上回る乳酸菌を作り出すんです。これが「爆発的」と書いた理由です。ご納得いただけましたか?

では乳酸菌にはどんな働きがあるのか、次はそれを見ていきましょう。

乳酸菌の働き

 

乳酸菌はよく植物由来の「植物性乳酸菌」動物由来の「動物性乳酸菌」と2種類に分けられています。しかし乳酸菌そのものの性質や遺伝子などに明確な違いはありません。元々それぞれが育つ環境に違いがあり、それぞれが育つ環境に差がある(例えば熱に弱いので熱い所では死滅してしまうなど)ためにそのように分けて使われているだけのことです。

乳酸菌には腸の中で善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれるという大きな働きがあります。同時に、便秘などの原因である悪玉菌の増殖も抑えてくれます。一石二鳥ですよね。

乳酸菌と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは「ヨーグルト」だと思います。ただ、ヨーグルトに含まれているのは動物性の乳酸菌と呼ばれているものです。この動物性の乳酸菌には大きな弱点があります。それは

熱や胃酸に弱い

という点です。「乳酸菌は腸に届くと悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれる」ということは先ほど説明しました。しかしどんなに乳酸菌を口から摂取しても、腸まで届かなければあまり意味がありません。
つまりヨーグルトを食べても、その乳酸菌の多くは腸まで届かずに死んでしまう可能性が高いのです。

ところが、漬け物や味噌などに含まれる植物性の乳酸菌は、

酸や熱に非常に強い

という特性を持っています。そのため、植物性の乳酸菌は生きたまま腸に届く可能性が非常に高いのです。水キムチはこの植物性乳酸菌を多く含みます。腸に生きたまま届いた乳酸菌は、悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれます。これによって腸内の環境が整えられ、便秘解消につながるというわけです。

 

食べ方がとても重要になります

 

食事の際ですが、まず水キムチの野菜を食べましょう。他のものを食べる前に野菜を最初に摂ることによって、血糖値の上昇を緩やかにしてインシュリンの分泌を抑え、脂肪の吸収を穏やかにする効果が期待されます。

同時に、植物性発酵食品には食物酵素が多く含まれています。食物酵素にはタンパク質の消化・分解を助けてくれるという働きがあります。焼肉でキムチが一緒に出てくるのは、お肉の消化・分解をキムチが助けてくれるという意味があるからです。

昔の人たちは今のように研究環境も整っていなかったのに、こういったことをどうやって学んだのか本当に不思議ですが、凄いなぁ~と感心してしまいます。

さて、野菜を食べた後の水キムチですが、残りは汁だけなりますよね。野菜そのものももちろんですが、その汁に多くの乳酸菌が含まれています。さらには、その発酵過程で、

ビタミンB1B2B12(代謝の促進)

ニコチン酸アミド(抗酸化物質)

といった、お肌を綺麗にしてくれるとてもありがたい栄養素やミネラルなども作り出してくれています。これを捨ててしまうなんてもったいない!!絶対に捨てないでください!!

特に今年のように猛暑が続く夏は、大量に汗をかきます。ミネラルは汗と一緒に出ていてしまうので、どうしてもミネラル不足になりがちと言われています。ミネラルが不足するとどうなるか?
体内に疲れやダルさが残り、夏バテの原因となります。

こういった悩みを水キムチは一気に解消してくれます。残った汁で冷麺を作ってもよし、ご飯にかけて食べてもよし。本当に素晴らしい食べ物なんです。

ちなみに植物性乳酸菌は熱に強いと書きました。しかし乳酸菌のことを考えた場合、

できるだけ50℃を超えないようにし、加熱調理は避ける

ようにしましょう。

また保存方法ですが、必ず冷蔵庫保存にします。約1週間が目安ですが、できるだけ早めに食べるようにしましょう。夏場なのですぐに悪くなってしまう可能性も考えられますので。

 

まとめ

 

今回はあまり耳にすることのない「水キムチ」について調べてみました。

普段食べている時は、その素っ気ない見た目とさっぱりとした味からまさかここまでの乳酸菌が含まれているとは思いもしませんでした。

ネットで水キムチを検索すると、既に過去にもテレビで取り上げられてことがあったようです。おかげで多くの方が水キムチの作り方をアップしています。私も作ってみましたが、ネット上にたくさんのレシピがあったのであえて省かせていただきました。

また、「この差って何?」というTBSの番組でも取り上げられるようです。これからまた注目を浴びる事間違いなしです。

個人的にはリンゴなどの果物が入った物も結構おススメです。簡単に作れるので、ぜひみなさんもトライしてみてください。
そしてこれから夏本番ですので、水キムチを食べて猛暑を乗り切りましょう!!

51でした<(_ _)>

 

error: Content is protected !!