B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 9/22 味の素スタジアム 千秋楽 サプライズはあるか‼ ※ネタバレ注意※

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 9/22 味の素スタジアム 千秋楽 サプライズはあるか‼  ※ネタバレ注意※

2018年7月7日の沖縄コンベンションセンターからスタートした「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 」。ここまで全国各地で開催されてきたこのツアーも、ついに千秋楽!!私にとってもこのツアー10回目の参戦。盛り上がりまくった当日の様子をレポートします。

 

☆「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」関連記事

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
9/22 味の素スタジアム 千秋楽 サプライズはあるか‼

 

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 9/22 千秋楽 チケット

 

実は今回、千秋楽のチケットだけがファンクラブでもぴあなどの先行発売でも取れませんでした。まぁこれも運命だから仕方ないかと諦めていたのですが、知り合いが関係者の方にあたってみると言ってくれました。その結果、無事チケットをGET!!

あ、ちなみにチケット代は普通に払っています(^_^)

今回そのチケットを撮影するのを忘れてしまいました。こんなチケットは初めてだったので、どんな席になるのかいつもとは違ったドキドキ感でいざゲートへ。結果は、、、

 

 

アリーナのCブロックでした。かなり端っこのブロックですが、今日は稲葉さんがこちらを歩いてくるはずなので、大喜びでした☆

 

セットリスト

 

2018年9月22日千秋楽のセットリストです

01.ultra soul

02.BLOWIN’ ⇒ 「B’zのLIVE-GYMへようこそ」で、今回は稲葉さんの紙コップには書かれておらず、実は松本さんの紙コップの裏に書いてあるというパターン

03.ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~

04.裸足の女神 ⇒ 一瞬歌詞が飛ぶ


05.Wonderful Opportunity

06.光芒

07.月光 ⇒ 綺麗な月が出ていて、最高でした


08.恋心 (KOI-GOKORO) ⇒曲が始まる前に稲葉さんが振り付けを教えてくれます。今日も振りを1回間違えて苦笑いしてました(^_^)


09.OH! GIRL


10.イチブトゼンブ

11.ねがい
     ※メンバー紹介⇒松本さんのギターソロで「星に願いを」

12.ALONE ⇒松本さんが稲葉さんが弾くピアノの上に乗って登場します

13.LOVE PHANTOM-HINOTORI ⇒BUZZツアーの再現。稲葉さんDIVE!!

14.spirit looseオープニングムービー⇒Real Thing Shakes1サビまで。稲葉さんの声が出ていなくてキツそうでした。。。

15.juice ⇒juice缶のバルーン登場

16.BAD COMMUNICATION

17.Pleasure 2018~人生の快楽~ 

~アンコール~
18.Brotherhood ⇒センターステージで演奏されます。B’zのお二人が後方から登場し、ハイタッチなどしてくれます。そこからスタンドとアリーナの間の通路を通ってメインステージへ。
今回、稲葉さんをめっちゃ近くで見ることが出来ました。私の声にも反応してくれて2回振り返ってくれました。勝手にそう思ってるだけかもしれませんが(;^ω^)

19.ギリギリchop ⇒エキストラが参加します

20.RUN ⇒ テープが発射されます

ステージの上方に、花火が3分前後打ち上げられる


20時52分頃終了

 

 

今夜は月が綺麗にスタジアムを照らしてくれました

 

今日で10回目の参戦。5年の間待ち続け、今回あちこち参戦してきたPleasureがついに終わってしまうのかと感傷に浸りつつ、一方でしっかりと心に焼き付けようと聴いていました。その中でも、今後もしかしたら二度と聴けないかもしれない

「裸足の女神」

「Wonderful Opportunity」

「光芒」

「月光」

「OH! GIRL」

「ALONE」

「Real Thing Shakes」

「BAD COMMUNICATION」

は、もう今回のツアーで何回も聴いているのに全然そんな感じじゃなく、今回のツアーで初めて聴いた時と全く同じ感動を覚えました。

「RUN」が一番最後に演奏されましたが、個人的には今回のツアーほど「RUN」の歌詞がピッタリなシチュエーションはないんじゃないかと思います。そして今日ほどラストに「RUN」が演奏されるのがハマったツアーはないんじゃないかと思います。

今回、ツアーの過程において、途中からエキストラの参加の演出があったり、そのエキストラの演出が当日中止になったり、稲葉さんの声が出なくなったりと色々なことがありました。特に稲葉さんの声が出なくなった福岡公演初日では、途中で30分近い中断があり、LIVEの中止も仕方ないという状況でした。それでもなんとか歌い切り、翌日も絶不調の中なんとか乗り切りました。名古屋の初日も、福岡の時より良くなっていたものの完全な状態とは程遠い状態でした。昨日も今日もまだ声が出ていない部分があり、万全ではないということは分かりました。そんな状況の中、なんとか今日という千秋楽までたどり着いたということ。

「よくまあここまで俺たちきたもんだなと 少し笑いながらおまえ 煙草ふかしてる」

と、稲葉さんと松本さんが今回のツアーを振り返りながら、今頃こんな会話をしている姿が目に浮かびます(^_^)

 

感想

 

昨日は木村拓哉さんの登場がありましたが、千秋楽はどんなサプライズがあるんだろうか??と楽しみにしていました。結果、ブラマヨの小杉さんも木村拓哉さんも登場することなく、そういう意味では肩透かしをくらった感じでした。昨日来れずに期待していた人はちょっとガッカリしたかもしれません。

今回のツアー、私の参戦は仙台セキスイハイムスーパーアリーナからとなりました。その後日産スタジアム⇒札幌ドーム⇒福岡ヤフオクドーム⇒豊田スタジアム⇒味の素スタジアムと、合計10回参戦することができました。40年ちょっと生きてきた中で、かなり充実した1年になったことは間違いないです。このブログを書こうと思ったのも今回のツアーがきっかけです。

チケットを取るために友人と多数申込みをして、結果発表までドキドキしながら過ごした日々。
その結果を見て、一喜一憂した日々。
ホテルや飛行機、新幹線の手配に四苦八苦した日々。
宿泊先で食事をするお店を調べ、予約をした日々。
移動日に台風や地震があり、無事に飛行機は飛ぶのかニュースとにらめっこした日々。

こうやって膨大な時間と労力、お金を費やしましたが、今振り返ると「なんという幸せ」といった感じで全てが楽しかったと思えます。これもB’zのおかげです。感謝しかありません。

今回のツアーにできるだけ参戦しようとしたのには理由があります。そもそも私がB’zと出会ったのは高校生の時です。あれから約30年の時が過ぎ、私もすっかり加齢臭が気になるおじさんになりました。

数年前の健康診断では肺に腫瘍が見つかり、自分もいつ死んでもおかしくない年齢になったんだと痛感したのです。最近はGI値を気にするようになり、ちょっとずつ健康に気を遣うようになりました(GI値ってなにって思われた方、ぜひこちらを参考にしてください。健康を気にする方は特に!!記事の最後の方には、GI値を検索できるようになっています)。

同級生の中にも、少し早いですが脳梗塞や癌で亡くなった人もいます。昔はあまり気にしていませんでしたが、有名人の方の訃報が日々ニュースで流れていることにも気付きました。なぜか昔はあまりこういった訃報が流れても気に留めなかったんですが、最近はとても悲しい気持ちになります。きっと自分がいつそうなってもおかしくない年齢になったからなんでしょうね。若い頃って「死」という存在とはまだ遠い場所に生きていますから。

人間って生きていることを当たり前と思ってしまうのですが、生きていられることって本当はとても奇跡的で、尊いことなんだと実感しています。スーパースターのB’zのお二人が、唯一凡人の私と同じなのは時間です。私が老いたということは、当然B’zのお二人も年齢を重ねています。

縁起でもない話だと怒られてしまうかもしれませんが、B’zが活動できなくなる日は必ず訪れます。ここまでやってきたので、さすがに今さら音楽の方向性の違いといったような解散はないとは思いますが。。。
しかし、それがどういう形で訪れるのかは分かりませんが、年齢を重ねることによって確実にその確率は高まっています。

これからもB’zの音楽を楽しみに生きていきますが、もしかしたら35周年はないかもしれません。30周年の今回のツアーが発表された時、その可能性を思わずにはいられませんでした。だからこそ、私が元気で動くことができる今、B’zのお二人も元気な今回のツアーは出来る限り参加しようと決めたのです。二度と聴くことの叶わない曲もあると思いますし。

そしてくしくも福岡公演では、体調を崩し声が出ない稲葉さんを見て、稲葉さんも私と変わらない人間なんだと改めて実感しました。どれだけ稲葉さんが凄い人でも、生物学的には私と変わらぬ人間です。風邪もひくし、ケガもする。病気になることもある。だからこそ、今こうしてB’zのLIVEに参加し、生でB’zの楽曲を聴ける時間はかけがえのないものなんだと、参加する度に感じていました。

30周年の今回のツアーは、私の人生の中でもかなり大きな存在となりました。稲葉さんがツアーのMCで以下のように言っていました。

 

「みなさん気分はどうですか? Pleasure感じていますか? こっちはビンビンに感じています!!」
「これだけたくさんの人が集まって、Pleasureを感じることなんてそうそうないと思いますけど、、、でしょ? みなさん色々生活していく中で、溜まってくるものや積み重ねてきたものがあると思いますが、こういう場所で曝け出したりぶつけることで、まったく新しいエネルギーを、抽象的ですが、本当に感じています。」
「そのエネルギーをまたそれぞれ吸収して、元気になったりとか新しいアイディアが生まれたりする。それがPleasureです。B’zのPleasureなんです。」
「それがあるから、今までやってこれたし、明日も生きていたいと思うわけですよ!!」
「おおげさかもしれないけど、本当に生命の源ですよね。我々に生きる喜びを教えてくれました!!ありがとー!」

まさにこの通りです。私以外でも、B’zファンの方々なら「分かる分かる!!」って言ってくれると思います。B’zのお二人も私たちも、お互いに生きる力を与えると同時にもらっているんです。私の大好きな「いつかまたここで」の歌詞にはこう書かれています。

 

いつかまたここで     作詞:稲葉浩志

めぐり逢えた 数知れぬ人々の顔消えない景色
何ひとつ欠けても 駄目なんだよ 
今きみと ともにいる この場所が好き
生きてれば 会えるだろう いつかまたここでいつか

 

私はこの歌詞がとてもとても好きです。この曲を聴く度に、5年後またpleasureに参戦するために生きていたいって思うんです。

千秋楽だけあって、気付けば色々と感傷的になりついつい長くなってしまいました。。。
稲葉さん、松本さん、そしてサポートメンバー、スタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。
たくさんの感動をありがとうございました。

今回のツアーに参加されたみなさん、お疲れ様でした。

35周年があることを願いつつ、これからもB’zのお二人を応援しています。これからも新しい楽曲を楽しみにしています。

本当にありがとうございました!!

 

おまけ(ガチャガチャ結果)

 

実は今朝、ツイッターで21日の会場限定チャームがゴールドだという情報を知りました。予定では17時頃に会場に行ってガチャガチャをやろうと思っていたのですが、おそらくこの情報はみんな知っているだろうし、そうなると大勢の人がガチャガチャに群がるだろうと予測。急遽1時間早い16時に会場に向かうことに。

ガチャガチャ会場に到着してビックリ!!今回他の9公演では一度も並んでいなかったのに、今日はとんでもない人々がいるじゃないですか!!

どこがメダル交換所でどこがガチャガチャなのか分からない状態でした。今までは1000円で2回ガチャガチャを回して、ダメだったらまた1000円とやっていたのですが、今日はメダルを買うだけで大変。。。いくら回そうか悩み、結局3000円で6枚のメダルを購入。

 

 

メダル交換所のところで気付いたのですが、昨日からメダルが2種類になっています。1つは今回のHINOTORIのメダル。そしてもう1つは以前有楽町で開催されていたエキシビション“SCENES”のガチャガチャで使われていたメダルです。

今回メダルを買うと、1枚だけ必ずエキシビション“SCENES”のメダルがもらえます。例えば2枚メダルを買うと、1枚はHINOTORIメダル。もう1枚はエキシビション“SCENES”のメダル。私のように6枚メダルを買うと、5枚はHINOTORIメダル。1枚はエキシビション“SCENES”のメダルといった感じです。その意味は不明ですが。。。

さて、少し並んでいよいよガチャガチャの前に到着。実は今回のツアー、日産スタジアムで会場限定チャームとリストバンドをGETして以来、一度も会場限定アイテムをGETできていないのです。必ず回しているのに。。。せめてラストの今日こそはと回してみると、、、

 

 

なんと1回目で会場限定チャームが!!会場限定アイテムはこれだけでしたが、チャームをGETできただけで大満足(^_^)最後の最後で嬉しい結果となりました☆

 

追伸

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-がついに終わり、今回ここまで書き続けてきた公演レポートも終わりです。充実感と共に寂しさを感じていたその矢先、ツイッターでこんな発表が!!

 

千秋楽はサプライズゲストがいなかったけど、こんなサプライズがあるなんて嬉しすぎるだろーーー!!
去年の年末から今日までB’z尽くしの日々でしたが、また来年もB’z尽くしになりそうで本当に楽しみです☆

来年のツアーも参戦した日はレポートしていくんで、またよろしくお願いいたします。

 

☆「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」関連記事

error: Content is protected !!