B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 7/15 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ参戦!!

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 7/15 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ参戦!!

2018年7月7日の沖縄コンベンションセンターからスタートした「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 」。沖縄公演は落選し、宮城も落選。7月の公演は全て落選していたので、初参戦は8月4日の日産からと諦めていました。ところが先週、スマホのゲームで知り合った宮城県在住の方から「チケットが取れて2枚余ってますが行きます??」との嬉しい連絡が!!「もちろん行きます」と即答し、急遽決まった今回の参戦。今ツアー初参戦の感想をお伝えします。

 

☆「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」関連記事

・会場別セットリストはこちら
・他公演での参戦レポートはこちら
B’zライブやセットリスト情報のまとめ

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
7/15 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ参戦!!

 

 

「セキスイハイムスーパーアリーナ」の名称について

 

今回の会場は宮城県にある、通称「セキスイハイムスーパーアリーナ」です。ほとんどの方がこの通称名で覚えているかと思いますが、実は正式名称は違うんです。そもそも気付かないうちに「ホットハウススーパーアリーナ」という名前からいつの間にか変わってた感じです。

 

思ったより大きく見えました。周囲も緑に囲まれていてちょっと都内のスタジアムとは違う感じです

 

正式名称は「宮城県総合運動公園総合体育館」。Wikipediaには以下のように書かれています(2018年7月15日現在)。

宮城県総合運動公園総合体育館(みやぎけんそうごううんどうこうえんそうごうたいいくかん)は、宮城県総合運動公園(グランディ・21)内にある県営の体育館。仙台市都心部から見て北東郊外(仙塩)の利府町にある。

愛称は「グランディ・21総合体育館」。ただし、同館の入口には「宮城県総合体育館」と掲示されている(以下、同館を「総合体育館」と記載する)。

命名権導入により、「セキスイハイムスーパーアリーナ」が当施設を指す際に優先して使用される呼称となっている

引用元:Wikipedia

なるほど、ちょっと前に流行ったネーミングライツ(命名権)で名前が変わったんですね。納得。

今は命名権をセキスイハイムが購入しているので「セキスイハイムスーパーアリーナ」という訳です。もちろんこの名前も変わる可能性があるってことですね。ちなみに「セキスイハイムスーパーアリーナ」の命名権は、平成33年3月31日まで契約が決まっているようです。しばらくはこの名称で続くようです。

 

収容人数

 

セキスイハイムスーパーアリーナの収容人数は、7,063人

ドームなどに比べるととても少ないです。LIVEを見るには小さい方がいいですからね。日産スタジアムの収容人数は、なんと「72,327人」!!

セキスイハイムスーパーアリーナの約10倍です。Pleasureツアーの最終公演は、ここ最近は日産スタジアムで行われていました。私ももちろん参加しましたが、一度アリーナの一番後方の席だったことがあります。この時はほとんど点にしか見えませんでした。。。

そう考えるとセキスイハイムスーパーアリーナは恵まれていると思います。できるだけ近くでB’zの二人を見たいと思いますからね。毎回小さい会場のチケットが入手困難になるのもうなづけます。

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 7/15 座席表

 

出典元:宮城県総合運動公園HP

 

今回はこの図で言うと、上の部分がステージとなっていました。私の席はなんと右側のZブロック!!

 

一番最後の発売で取れたチケットなので仕方ないですね

今まで行ったLIVEの中で、一番ステージから遠いブロックでした。ただ、元々セキスイハイムスーパーアリーナは小さいので、日産スタジアムのアリーナの後ろの方よりも全然見えました。狭い箱というのは、こういうところがいいですね。

スタンド席でも、MブロックやNブロックであればかなり近くにB’zのお二人を見ることができると思われます。次行く時はもっと近くの席だといいなぁ~

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 7/15 セットリスト

 

2018年7月15日のセットリストです

01.ultra soul
02.BLOWIN’
03.ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
04.裸足の女神
05.Wonderful Opportunity
06.光芒
07.月光
08.恋心 (KOI-GOKORO)
09.OH! GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ねがい
12.OCEAN
13.LOVE PHANTOM-HINOTORI
14.Real Thing Shakes
15.juice
16.BAD COMMUNICATION
17.Pleasure 2018~人生の快楽~

~アンコール~
18.Brotherhood
19.ギリギリchop
20.RUN

☆これまでのLIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- セットリストはこちら☆
B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- セットリストまとめ

 

B’zの曲には振りがあるものがいくつかあります。代表的なもので言えば、「NATIVE DANCE」や「恋心 (KOI-GOKORO)」ですね。この2曲は比較的他のLIVEでも演奏される機会があるので結構みなさん覚えています。

その点、「Wonderful Opportunity」は滅多に演奏されない上に少し複雑なので覚えていない人が多いです。そして今回のツアーではこの「Wonderful Opportunity」があるので、ぜひ覚えておきましょう。

ちなみに「恋心 (KOI-GOKORO)」ですが、なんと今回は、稲葉さんがみんなに振りを教えてくれるというシーンがありました。これはレアだと思います。稲葉さんが教えてくれるならみんな簡単に覚えそうですね。

さて、今回のセットリストの中では、個人的に

「Wonderful Opportunity」

「光芒」

「月光」

「恋心 (KOI-GOKORO)」

「OH! GIRL」

「Real Thing Shakes」

「BAD COMMUNICATION」

「Pleasure 2018~人生の快楽~」

が嬉しかったですね。私はB’zの曲の中でも、「The 7th Blues」までのアルバムが大好きなんです。「恋心 (KOI-GOKORO)」や「OH! GIRL」なんかは、まさに高校生の頃に聴いていた曲で、当時の淡い恋心を思い出したりもします。

新しい曲もいいのですが、昔の曲をLIVEで聴ける機会は滅多にありません。だからこそ、5年に1度のLIVE-GYM Pleasureツアーは私にとって大切なLIVEなんです。考えてみたらオリンピックですら4年に1度の開催なのに、それより期間が長いんですからね。本当にレアなLIVEです。

アルバムツアーはありますが、私はこのLIVE-GYM Pleasureツアーのために日々過ごしているようなものです。考えたくもないですが、もしこのツアーがなくなったら何を生き甲斐にしていけばいいのかとすら思うほどです。このままずっと続いてくれるのを願うばかりです。そしてその間にたくさんの昔の楽曲を演奏してくれると嬉しいです(^_^)

アクセス

 

セキスイハイムスーパーアリーナは東京ドームや福岡ヤフオクドームなどと大きく異なる点があります。

それは「アクセスの悪さ

最寄りからのアクセスの方法は以下になります。

電車

  • 利府駅(JR東北本線)・・・車で約10分

バス

  • 菅谷台4丁目・・・すぐ

  • 利府しらかし台IC(三陸自動車道)・・・約8分
  • 大和IC(東北自動車道)・・・・約30分

となっています。地元や近県の方は車で行くのが良さそうです。ただ、私のように遠方から泊まりで行く場合が問題です。そもそも利府駅には宿泊施設がほとんどなく、仙台駅周辺に宿泊することになります。私も仙台駅周辺のホテルに宿泊しました。仙台駅からはシャトルバスも出ているので、バスを利用するのが一番良さそうです。ただし、できるだけ早めに行くようにした方がいいようです。遅い時間になると、バスに乗るにもかなり並ぶようです。そして道も混雑し、到着までに時間がかかります。

今回私は、たまたま地元の方と一緒に参戦したので車で行きました。車で行く際のポイントは、ずばり「停める場所だそうです。それを知っていると知らないとでは帰る際に天と地の差が出るようです。地元民、やはり心強い!!

ちなみに帰りにかかった時間は、駐車場で車に乗ってから駐車場を出るまで3分程度でした。もちろんLIVEは最後までしっかり見て、「おつかれ~」もちゃんとやってから席を離れました。その後も渋滞など一切なく、スムーズに打ち上げ会場でるお店まで行けました。

それと都内の会場では見られない光景ですが、駐車場に停まっている車が熱いです。B’zの熱狂的なファンの方の車は、ステッカーやイラストで車が飾られているのでそれを見ているだけでも楽しいです。そしてナンバーも「178」という車も多かったです。

私は車を持っていませんが、例え持っていてもあそこまでできる自信は正直ないです。。。だからこそ、あそこまでできるファンの方を尊敬しますし、お友達にいたら楽しそうです(^_^)

 

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 7/15 感想

 

思わぬ形で初参戦できた「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 」。セキスイハイムスーパーアリーナも初めてだったので、忘れらない1日になりました。

心残りはガチャガチャができなかったこと。。。会場に到着したのは16時頃だったのですが、どこを探してもガチャガチャが見当たらない。初めての会場なので地理にも疎い。たくさんの人が並んでいるのが見えたので近くに行くと、グッズ販売。ガチャガチャも間違いなく近くにあるはずとあちこち探しまわりました。ところがどこを見てもあのガチャガチャが見当たらない。

時間も迫っていたのでスタッフを捕まえてガチャガチャはどこか聞いたところ、

すいません、本日は終了しました

とのこと。

ガーン

今回のガチャガチャは、限定グッズが追加されたので絶対に回したかった。それだけにかなりショックでした。次からはもっと早く行こうと決心。

今回を含め、ガチャガチャが売切れで回せなかったのは2回目です。残りの参戦日では、同じ過ちは二度と犯すまいと強く決心しました。

思えば5年前の日産スタジアムから今日まで、振り返ればあっという間でした。しかし、確実に5年という月日は流れており、考えてみれば様々なことがありました。30代だった私も40代になりました。B’zのお二人ももちろん歳を重ねています。お二人とも若く見えますが、間違いなく歳を重ねています。

人生も半分を過ぎ、この年齢になると体にガタがくるようになります。私の周りでも脳や心臓の病気で他界してしまった同級生もいます。私もいつそうなるかは分かりません。今は生きていられることが当たり前のことではなく、色々な奇跡の賜物なんだと思っています。生きているのではなく、生かされていると感じることもあります。神様の気まぐれでいつこの人生が終わるか分かりません。

だからこそ、この与えられた人生を精一杯生きていこうと思います。そしてこの命ある限り、B’zのお二人の活躍を応援し続けていこうと思います。

あ、それと実は今回のツアーでは、私なりの隠れテーマがあります。それは

「ultra soul」と「愛のバクダン」があったら、心をリセットにして楽しむようにする!!

というテーマです。実は私、ライブでこの2曲の時は「休憩タイム」としていつも座って休んでいます。私だけなのかもしれませんが、大ファンなのに正直聞き飽きてしまったのかテンションが上がらず、むしろ

「またこの曲かぁ・・・」

と、テンションがめっちゃ下がるんです。だけどもし万が一、お二人の体調や都合で今後LIVEがなくなってしまったら、この曲すら聴くことができなくなってしまう。そうしたら休憩にしていたことを絶対に後悔するんじゃないか?と思ったんです。

だから今回のツアーは、

「B’zの全ての曲を、分け隔てなく感謝して楽しむ」

という、隠れテーマを自分で持っているんです。

そしてまずは仙台でこれを実践してみました。なにしろ1曲目が「ultra soul」ですからね。しかし純粋な気持ちで向き合ってみると、めっちゃ楽しめました。なんか一歩前進したような気分で、正直かなり嬉しかったです。今後のツアーでもこれは実践していこうかなと思っています。

さて、7月はもう参戦出来ないので、8月の日産2DAYSに備えたいと思います。

次回こそはガチャを回してご報告させてもらいますね。

それではまた。

 

☆「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」関連記事

 

error: Content is protected !!