2019年のJC・JK流行語大賞 「コトバ」部門

2019年のJC・JK流行語大賞 「コトバ」部門

女子大生社長の椎木里佳さんを中心に女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける「AMF」が、「2019年のJC・JK流行語大賞」を「ヒト」・「モノ」・「アプリ」・「コトバ」の4部門に分けて発表しました。今回は「コトバ」について見ていきましょう。

 

10代女子が選ぶ 2019年流行った「ヒト」ランキング!! 1~5位」はこちら

10代女子が選ぶ 2019年流行った「ヒト」ランキング!! 6~10位」はこちら

2019年のJC・JK流行語大賞 「ヒト」部門」はこちら

2019年のJC・JK流行語大賞 「モノ」部門」はこちら

2019年のJC・JK流行語大賞 「アプリ」部門」はこちら

 

2019年のJC・JK流行語大賞 
「コトバ」部門

 

2019年のJC・JK流行語大賞 「コトバ」部門

 

5位 匂わせ

 

「マイナビティーンズラボ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」の「コトバ」部門にはランクインしていませんでしたが、こちらでは5位にランクイン。

「匂わせ」とは、付き合っている相手を公表せずに、SNSなどでそれとなく感じさせることを意味します。色々な方が「匂わせ」だとして批判されたりしていますが、特に嵐の二宮さんのご結婚相手、「伊藤綾子」さんが話題になったのではないでしょうか。意図的なのかどうかは私には分かりませんが、ファンの方々はとても細かい部分まで見ているんだなぁ~と、ちょっと怖くなりました。

 

4位 3150

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#たこやき #ソース #オタフクソース #マヨネーズ #あおさ #タコ #キャベツ #天かす #塩こぶ #巨大 #アイデア #中華 #お玉 #食レポ #3150 #亀田史郎 10個分のたこ焼き!

亀田史郎(@kameda033)がシェアした投稿 –

 

「マイナビティーンズラボ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」の「コトバ」部門で7位にランクインした「3150」がこちらでは順位を上げて4位にランクイン!!

今年流行った「#397(サンキューな)」と同じ語呂合わせパターンで、「3150」と書いて“最高”と読みます。亀田三兄弟の父、亀田史郎さんがブログやユーチューブで使っていたのを、ティーンが真似して流行ったと言われています。「最高」な気分の時に、InstagramなどSNSで写真と共に「#3150」とタグを付けて投稿をしています。

 

3位 KP

 

 

「マイナビティーンズ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」では「KP」はランクインしませんでしたが、こちらでは見事3位にランクイン。

「乾杯」(かんぱい)をローマ字「KanPai」にして、略した言い方です。元々はニコニコ動画やYouTubeの生放送から発生したと言われています。たとえば配信者が画面を通じて視聴者に向かってお酒を掲げて「KP」と言うと、視聴者はコメント欄から「KP」と返すというやり取りから始まったとされています。それが若者を中心に広がり、リアルでも乾杯の音頭として使われるようになっています。その流れでSNSでも「#KP」というハッシュタグが大流行。

ただ調べていると、上記のツイートのようにかなり前から使っている方もいるようです。また、ジャニーズ事務所のアイドルグループ「King & Prince」の事も「#KP」とハッシュタグが付いているので、今後は「King & Prince」のハッシュタグとして使われることが増えそうです。

 

2位 べびたっぴ

 

 

「マイナビティーンズラボ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」の「コトバ」部門で5位に輝いた「べびたっぴ」がこちらでは順位を上げて2位にランクイン!!

「ベビタピ」という大阪アメ村にあるタピオカ&竜巻ポテトのお店の店員さんが、“ベビタッピ”という掛け声とともにタピオカにストローを刺す動画がTikTokで拡散され話題となりました。そこからティーンの間では、自分でストローを刺す時にも“ベビタッピ”と掛け声をかけるほどの人気になっています。

 

1位 ぴえん

 

「マイナビティーンズラボ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」の「コトバ」部門で1位に輝いた「ぴえん」がこちらでも見事1位を獲得!! 文句なしで今年一番流行ったコトバですね(^_^)

ちなみに「ぴえん」ですが、悲しい時や嬉しい時など、泣いてしまいそうな時に使われています。(泣)の代わりに使うことが出来る上、「ぴえん」という響きが可愛いという理由でSNS上で広く使われます。語源は、可愛く泣いている様子を表す顔文字 (ノω≦。)ピエーン だと言われています。

(例)B’zのチケットが取れなかった。ぴえん⇒B’zのチケットが取れなくて悲しくて泣けてくる
(例)B’zのチケットが取れた!! ぴえん⇒B’zのチケットが取れて嬉しくて泣けてくる

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?「マイナビティーンズラボ」が毎年発表している「ティーンが選ぶトレンドランキング」の「コトバ」部門とは少し違っていたのが面白い所です。こちらの「JC・JK流行語大賞」は「どのような層」に、「どれくらいの人数」アンケート調査をしたのか分からないのがちょっと気になりますが。

ただ、「コトバ」部門は、「ぴえん」がどちらでも1位ということでいかに「ぴえん」が強かったのかが分かります。「匂わせ」がランクインしたところを見ると、ジャニーズファンが多かったんじゃないかなとも推測されます。来年以降も「JC・JK流行語大賞」と「ティーンが選ぶトレンドランキング」を比較していきたいと思います。

 

10代女子が選ぶ 2019年流行った「ヒト」ランキング!! 1~5位」はこちら

10代女子が選ぶ 2019年流行った「ヒト」ランキング!! 6~10位」はこちら

2019年のJC・JK流行語大賞 「ヒト」部門」はこちら

2019年のJC・JK流行語大賞 「モノ」部門」はこちら

2019年のJC・JK流行語大賞 「アプリ」部門」はこちら

error: Content is protected !!