2018年10月 オリオン座流星群 綺麗に見えるか!?

2018年10月 オリオン座流星群 綺麗に見えるか!?

毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる「オリオン座流星群」。今年は今日が見ごろのようです。ネットでも検索キーワードで急上昇中!! 今回は「オリオン座流星群」についてまとめてみました。

 

 

ペルセウス座流星群についてはこちらを参考にしてください

しぶんぎ座流星群についてはこちらを参考にしてください

 

2018年10月
オリオン座流星群 綺麗に見えるか!?

 

 

オリオン座流星群とは

 

「流星群」ってフレーズ、ちょいちょい耳にしますよね。たくさんの星たちが空から降ってきて、ロマンチックなイベント。ペルセウス座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群などありますが、全ての流星群は星座の名前が付いています。何故か分かりますか?

実はこれ、「流星が降ってくる方向にある星座の名前」が付けられているそうです。

流星群は凄くレアな物のイメージがありますが、実はそうでもないようです。もちろん何十年に一度と言われる流星群もありますが、毎年見られる流星群もあります。それに流星群は一度きりのものではなく、周期は異なりますが同じ時期に発生します

ここで表題のオリオン座流星群について見てみましょう。

 

オリオン座流星群(オリオンざりゅうせいぐん)は明るい流星群のひとつ。毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。

オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。比較的速度が速いため、明るい流星が多くみられる。

母天体はハレー彗星で、約3000年前のハレー彗星の塵による。なお、5月に見られるみずがめ座エータ流星群もハレー彗星を母彗星とする。

従前は中規模流星群で、2006年に突然活動が活発化し1時間に50個以上も観察できるようになった。

活動期間は10月2日から11月7日。例年10月21日前後に最も活発(極大)し、最も観測し易くなっている。

引用元:Wikipedia

 

流星群を見る中で何が大変かというと、外で見なければならないということです。例えば1月などの真冬の時期に、外に何時間もいるのは結構しんどいです。防寒対策なしでは、寒さで流星群どころではなくなるでしょう。

その点、オリオン座流星群は10月なので、服装さえちゃんと注意すればかなり快適に見ることができると思います。

 

日にち

 

今年のピーク日時は、2018年10月22日。オリオン座流星群の活動が極大となる。予測極大時刻は未明2時ごろで、22日の未明から明け方にかけてが見ごろのようです。

ちょっと遅い時間で、月曜の朝方というのが痛いところです。日曜は早く寝て、月曜の早朝に起きるのがいいかもしれません。21日の都内は見事な秋晴れなので、夜に雲が出なければ最高の条件だと思います。

 

条件

 

国立天文台によると、2018年10月21日は今年の十三夜(旧暦の9月13日に該当)だそうです。この日の月は中秋の名月としてよく知られる十五夜の次に美しいとされており、「栗名月」や「豆名月」とも呼ばれています。この月明かりがオリオン座流星群には少し邪魔となります。

10月21日の月が出る時間は15時27分。その後21時11分に南中し、翌22日の午前3時2分に沈むそうです。

その為、オリオン座流星群を綺麗に見るには22日の午前3時以降がベストになります。この時間帯にはちょうど放射点も高く昇っています。雲さえ出なければ、周囲に明かりなどがないなどの条件の良いところであれば1時間あたり10個程度、空が明るいところや視界が開けていないところでは数個ほど観測できると思われます。

 

方角

 

オリオン座流星群の放射点は、オリオン座の近くです。しかし、実際には放射点とは関係なく夜空一面で観測できます。一定の方角だけしか見ることができないというわけではないので、空一面が見える状況がベストです。都会では難しいかもしれませんが、山の上や海辺などでしたらかなり綺麗に見えるでしょう。

オリオン座ですが、午後11時頃に東の空から昇り、明け方には南の空に見えます。オリオン座を見つけるポイントは、お腹にある3つの星(三ツ星)、左上の赤い1等星(ベテルギウス)、右下の青白い1等星(リゲル)です。

 

 

 

上の画像のように、オリオン座はリボンのような形をしていて、初めての人にも見つけやすい星座です。とても明るいベテルギウスとリゲルを目安にすると分かりやすいと思います。

幸い気象庁の発表によれば全国的に晴天のようなので、条件さえ良ければあちこちでオリオン座流星群が観測できそうです☆

 

注意点

 

暗い場所で人気のない場所に行く際には十分気を付けてください。特に女性の場合は、男性と一緒に行くなど、犯罪に巻き込まれないように注意が必要です。

また、10月の夜はかなり冷え込みます。昼と夜との寒暖差が激しいので、かならず防寒対策をして下さい。体調を崩してしまってはせっかくのオリオン座流星群も台無しですからね。

 

まとめ

 

今年のオリオン座流星群は、かなり好条件に恵まれるようです。一年に一度の風物詩ですので、余裕があればぜひ見たいものです。おそらく天気が崩れることはないと思いますので、今から良い条件の場所を探しておきましょう。

また、日中はかなり気温が上がっていますが夜はかなり冷え込むようです。ちょっとオーバーかな?と思うくらいの服装の準備をしておきましょう。

それではオリオン座流星群を楽しみましょう(^_^)

 

ペルセウス座流星群についてはこちらを参考にしてください

しぶんぎ座流星群についてはこちらを参考にしてください

 

error: Content is protected !!