2018年8月 ペルセウス座流星群 綺麗に見えるか!?

2018年8月 ペルセウス座流星群 綺麗に見えるか!?

いよいよペルセウス座流星群の時期が近づいてきました。

滅多に見れるものではないので、出来れば綺麗に見たいですよね。

今年のペルセウス座流星群について調べてみました。

 

オリオン座流星群についてはこちらを参考にしてください

 

 

2018年8月
ペルセウス座流星群 綺麗に見えるか!?

 

 

ペルセウス座流星群とは

 

「流星群」ってフレーズ、ちょいちょい耳にしますよね。たくさんの星たちが空から降ってきて、ロマンチックなイベント。ペルセウス座流星群、しし座流星群、ふたご座流星群などありますが、全ての流星群は星座の名前が付いています。何故か分かりますか?

実はこれ、「流星が降ってくる方向にある星座の名前」が付けられているそうです。

流星群は凄くレアな物のイメージがありますが、実はそうでもないようです。もちろん何十年に一度と言われる流星群もありますが、毎年見られる流星群もあります。それに流星群は一度きりのものではなく、周期は異なりますが同じ時期に発生します

ここで表題のペルセウス座流星群について見てみましょう。

ペルセウス座流星群(学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

引用元:Wikipedia

 

流星群を観る中で何が大変かというと、外で観なければならないということです。例えば1月などの真冬の時期に、外で何時間もいるのは結構しんどいです。

その点、ペルセウス座流星群は夏なので、比較的観やすいと言えるでしょう。

 

日にち

 

今年のピーク日時は、2018年8月13日(月)の10時頃のようです。

10時じゃもう日が昇って見えないじゃないかと思いましたが、13日の夜明け前でも十分に観測できるようです。

また、世間はお盆の季節なので、お休みの人が多いと思います。

そう考えると今年はやはりラッキーなのかもしれません。

 

条件

 

2018年ペルセウス座流星群の日本における観測条件は「良好」とされています。月明りは全く問題がないので、当日の天気次第と言えます。

あとは周囲の問題です。街頭やビルなどが多い場所ではかなり見にくくなると思われます。

できる限り空が暗い場所で観測しましょう。

 

方角

 

どこでも構いませんので、できる限り空が前後左右に広がって見える場所を確保しましょう。

一定の方角だけで観測できるというわけではなく、空一面が見える状況がベストです。

条件さえ良ければ、あちこちで流星群が観測できるはずです。

 

注意点

 

暗い場所で人気のない場所に行く際には十分気を付けてください。

特に女性の場合は、男性と一緒に行くなど、犯罪に巻き込まれないように注意が必要です。

また、夏なので虫などにも注意が必要です。

虫よけスプレーなどを持参するといいかもしれません。

場所によっては夏と言っても夜は冷えるので、何か羽織るものなど持参した方がいい良いでしょう。

 

来年以降のペルセウス座流星群の予定

 

次に今回より同じもしくは良く見えるのは、2021年2024年の予定です。2019~2020年、2022~2023年は今年より条件がかなり悪くなります。

そう考えるとやはり今年はぜひ見ておきたいですね。

 

まとめ

 

今年のペルセウス座流星群は、比較的好条件に恵まれるようです。

しょっちゅう観測できるものではないので、ぜひ見たいものです。

あとは当日晴れることを願い、今から良い条件の場所を探しておきましょう。

昔から流れ星を見ると願いが叶うと言われています。

流れ星が落ちるまでに3回願い事を唱えなければいけないのですが、これってほぼ無理ですよね。。。

なので私は自分ルールで、短縮形にしています。

例えば、「お金持ちと結婚したい」という願いなら、「O」=「お金持ちと」、「K」=「結婚したい」として、「OK」にしています。DAIGOさんみたいですが、これなら何とか3回唱えられそうですよね。

皆さんもぜひ試してみてください。

 

オリオン座流星群についてはこちらを参考にしてください

 

 

error: Content is protected !!