たまごかけごはん&親子丼 「赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店」 グルメレポート

たまごかけごはん&親子丼 「赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店」 グルメレポート

今回沖縄に行く際に、羽田空港第1ビルB1Fにある「赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店」さんに行ってきました。いつも気にはなっていたのですが、毎回時間がないため素通りしていました。今回は時間に余裕があり入る事が出来たので、早速レポートします。

 

他のグルメ記事はコチラです。ぜひ参照してください(^_^)

 

 たまごかけごはん&親子丼 
「赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店」 グルメレポート

 

 

お店情報

 

店名

赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店

 

住所

東京都大田区羽田空港3-3-2 東京モノレール羽田空港第1ビル駅 B1F

 

電話番号

03-5756-7766

 

予約

予約不可

 

営業時間

8:00~21:00

 

定休日

年中無休

 

禁煙・喫煙

完全禁煙

 

支払い方法

カード可(JCB、AMEX、Diners)

電子マネー可(Suicaなどの交通系電子マネー)

 

席数

16席

 

ホームページ

https://www.jrfs.co.jp/umaya/restaurant2s/haneda

※ホームページは古いみたいで、値段など違っています。

 

食べたメニュー紹介

 

親子丼 770円(大盛+50円)

 

 

「たまごかけごはんじゃないんかい!!」ってツッコミがありそうですが、今回頼んだのは親子丼(大盛)。たまごかけごはんがおそらく一番のおススメなんでしょうけど、残念ながら私はたまごかけごはんが苦手なんです(;^ω^)  卵は火が通っていれば食べれるんですが、生がダメです。。。

ということで親子丼を頼んだ訳です。ちなみにプラス50円で大盛にできるので、大盛にしました。料金は安くなりませんが、少なめもできます。写真では生卵がありますが、親子丼が運ばれてくる時にはありません。卵はテーブルの上に山積みになっているので自分で取るシステムです。

 

 

最初はてっきり食べ放題の茹で卵かと思いましたが、お店の人に聞いたら違いますとの事。親子丼の場合、卵1個を取っていいとの事でした。自分で卵を取って皿に乗せたのが冒頭の画像です。親子丼は注文してから2,3分で運ばれてきました。生卵が苦手なので迷いましたが、卵が売りのお店だし熱々のご飯の中に入れればすぐに固くなるだろうと思ったので卵を投入。すかさず混ぜまくります。

すぐに混ぜてしまったので写メを撮れなかったのですが、黄身は濃いオレンジ色で、普通の卵と比べると小さいけどすごくしっかりしてる感じでした。素人目にも良い卵だと分かります。卵好きの人には最高の生卵かも。このたまごかけごはんは美味しいと思います。

親子丼はとてもアッサリ。生卵を入れたからかもしれませんが、本当にアッサリです。親子丼の有名なお店にも色々行きましたが、これほどまでにアッサリした親子丼は初めてかもしれません。今になって思いましたが、黄身だけを入れておけばもうちょっと良かったのかもしれません(;^ω^)

鶏肉ですが、特別プリプリ感やジューシーさがある訳でもなく、甘みなどがある訳でもありません。中の上といった感じです。全体的にファストフード店の親子丼より上品で美味しく、親子丼を売りにしているお店に比べるとやはり劣るといった印象でした。

 

アクセス

 

京急線 羽田空港国内線第一ターミナル駅1分
東京モノレール羽田空港第一ターミナル駅1分
羽田空港第1ビル駅から42m

 

 

まとめ

 

この日の来店時間は14時半頃。店内はほぼ満席の状態でした。ただ回転は速いと思われます。メニューもとてもシンプル。

 

 

コスパ的にはたまごかけごはんを注文する人が多いと思われます。また、あおさの味噌汁があり、店員さんはあおさの味噌汁を勧めてきました(頼みませんでしたが)。たまごかけごはんが好きな方はたまごかけごはんを注文されることをおススメします。個人的に親子丼はちょっとハンパな感じがしたので。

私は普段は行きの空港では食事をしないので、あまりこういうお店には入りません。旅先に着いてから地元の美味しいお店に行きたいからです。空港は結構高いし、手続きなどでバタバタするのが嫌なのもあります。なので今回はとても新鮮な感じでした。

こちらのお店を運営している会社ですが、「JR九州フードサービス株式会社」という会社です。主に九州地区で飲食店を展開しているようですが、東京にも展開しています。店名にもある「赤坂うまや」ですが、歌舞伎俳優の三代目市川猿之助さんのディレクションによって誕生したブランドが「うまや」だそうで、その東京進出の一号店が「赤坂うまや」のようです。

九州地区が地盤のため、食材は全て九州産のものを使用しています。卵は福岡の内野宿養鶏場、鶏肉は佐賀のふもと赤鶏です。カウンターに置かれているお漬物も長崎の唐人菜と宮崎の壺漬け、醤油もそれぞれ九州のものとなっています。

 

 

その点はとてもこだわっているようです。九州の人ならちょっと嬉しいと思います。ファストフードを別にすると羽田空港の中では比較的コスパはいいので、たまごかけごはんが好きな方はぜひ一度寄ってみてはいかがでしょうか(^_^)

 

他のグルメ記事はコチラです。ぜひ参照してください(^_^)

error: Content is protected !!