仮想通貨(ビットコイン)大暴落!! その原因と今後の見通しについて

仮想通貨(ビットコイン)大暴落!! その原因と今後の見通しについて

恐ろしいスピードで急成長してきたビットコインをはじめとする仮想通貨。ところが2018年、仮想通貨が大暴落となっています。ビットコインは昨年200万円を記録し話題になりましたが、11月24日現在50万円を下回っています。いったい何が起こっているんでしょうか?今回は通貨としてではなく、投機対象としてのビットコインを見ていきます。

 

他のニュース記事はこちら

仮想通貨(ビットコイン)大暴落!!
その原因と今後の見通しについて

 

 

ビットコインの価格変遷

 

まずは仮想通貨の1つであるビットコインの価格変遷について見てみましょう。まずは週足のグラフをどうぞ。

 

出典:みんなの株式 「ビットコイン/円(BTC/JPY)リアルタイムチャート」より

 

これを見てもらうと分かりますが、昨年の12月10日には1ビットコイン=220万円を超える値を付けました。凄い金額ですよね。この頃のビットコインは上がり続けていたので、いったいどこまで上がるのかとみんな思っていたと思います。暴騰している時はどこまでも上がっていきそうな気がしてなかなか売れないものです。しかもちょっと下がったとしてもすぐに戻るだろうと思って売れないんですよね。結果としてはこの時売り切った人が今は勝ち組な訳ですが。

今年に入ってからのビットコインは徐々にその値段を下げます。1月末には半額以下の100万円を切ります。たった1ヶ月で価値が2分の1になった訳です。その後4月までは100万円を挟んでの動きとなりましたが、5月以降は100万円に届かなくなります。それでも上下を繰り返していたのですが、11月に入って一気に急落。11月18日に63万円付近でしたが、翌19日には53万円付近まで一気に急落。そして本日23日になると50万円を切りました。こうなってくるとテクニカルも何も通用しなくなります。

 

出典:みんなの株式 「ビットコイン/円(BTC/JPY)リアルタイムチャート」より

 

私は株やFXをやりますが、急落した時に損切りできずにいつも痛い目に遭います。これだけ急に下がったんだから一度盛り返すだろうという期待を持ってしまうんですよね。今年初めや今週の暴落の際、損切りできずに持ち続けて凹んでいる人が大勢いると思いますが、その方々の気持ちがよく分かります。
ではなぜこんなに暴落をしているのかを考えてみましょう。

 

ビットコイン暴落の原因

 

投資において暴落は必ず起こります。これには明確な原因がたいていはあると思っていますが、中にはさっぱり意味が分からない暴落もあります。投資の世界は情報戦だと私は思っています。大きく値が動くほどの情報をいち早く入手できれば、暴騰でも暴落でもどちらでも勝つことができます。ただ、一般の人がこういった情報を耳にするのは既に価格が動き出した後です。

今回の場合は明確な原因があると言われています。それはビットコインキャッシュの状況です。先日のアップデートフォークに伴ってブロックチェーン分岐して「BitcoinABC」と「BitcoinSV」の2つが誕生しました。この時、取引所によって取扱方針に異なる動きが見られたのです。それが以下になります。

 

Binanceの取扱方針

ビットコインキャッシュSV = BCHSV

ビットコインキャッシュABC = BCHABC

 

Huobi・Krakenの取扱方針

ビットコインキャッシュABC =BCH

ビットコインキャッシュSV = 付与通貨

 

このように各取引所で通貨のルールが異なっているという点が投資家の不安を募り暴落の種となったのではないか考えられます。もちろんこれだけではなく、BitcoinSVを率いるクレイグ氏の言動やハッシュ戦争なども影響していると言われています。

ただ正直どれが原因になったのかは誰にも分かりません。1つ言えることは、大手の投資家は先行き不安定な状況になると売りに出ます。今回のようにかなり先まで不安が続くようになると一気に大量の売りを出したり売り続けることになり、値が下がります。この状況に驚いた一般の投資家も狼狽売りすることになり、売りにますます勢いがつきます。この悪循環が暴落を招いていると思います。

また、現在は仮想通貨だけでなく株式市場も下げ続けています。米中の対立や経済の減速など、世界を取り巻く環境はかなり厳しいと言えます。しかも今の状況だとこのままどんどん悪くなっていく様相を呈しています。

 

今後の仮想通貨について

 

今の状況はおそらく一時的なものと考えますが、この状況が落ち着くには環境が整わないと難しいでしょう。今はビットコインの将来性に対する懸念が広がっているため、上昇を期待するのは難しいと思われます。本日現在、ビットコインは50万円を切っていますがまだしばらく下がる余地があると思います。一部では16万円程度まで下がるのではないかとまで言われています。どこが底かなのか、まだしばらくの間は分からなそうですね。しかし時間が経って環境が落ち着けば、ビットコインは再び値を上げると思います。

実際BCH(ABC)ブロックチェーンの強化など、技術的な面においては確実に向上しており、これはプラス材料になります。将来的には170万円程度まで値を戻すだろうとブルームバーグのアナリストが言っていました。

ビットコインが破綻してしまえば持っているビットコインは無価値になりますが、おそらく破綻はしないと思います。だとすれば、必ず底値があり、そこが買い場になります。15万円位で買って150万円で売れれば美味しいと思います。

ただしばらくは状況を冷静に見る必要があります。必ずしも底値で買う必要もなく、上がり始めた時に買ってもいいですからね。大きな損失を出さないように気を付けましょう。

※注意※
記事の内容については完全に主観です。万が一損失が出た場合でも一切責任を負いかねます。あくまで投資はご自身の責任で行ってください。

他のニュース記事はこちら

error: Content is protected !!