ドルガバ 中国で大炎上!! 一夜にして中国からドルガバが消えた真相

ドルガバ 中国で大炎上!! 一夜にして中国からドルガバが消えた真相

つい先日、イタリアを代表する世界的なファッションブランド「Dolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)」、通称「ドルガバ」が中国で大炎上して話題になっています。きっかけは1つの動画。中国で行われるはずだったショーは中止になり、さらには中国のECサイトからはドルガバの商品が消えるという事態に発展。この経緯を調べてみました。

 

他のニュース記事はこちら

ドルガバ 中国で大炎上!!
一夜にして中国からドルガバが消えた真相

 

 

きっかけとなった動画

 

まずはドルガバの公式Twitterで11月17日に公開され、今回の騒動のきっかけとなった動画を観てみましょう。ただし、11月23日、13時時点で削除されたようです。12時頃には観れたのですが。。。代わりにインスタから引用します。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#DGLovesChina ❤️❤️❤️ ?????❤️???? #madeinitaly #DGLovesShanghai

stefanogabbanaさん(@stefanogabbana)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

動画の問題点

 

動画を観てどうでしたか?今回この動画を観て、中国人の間で賛否両論が起こりました。と言っても、おそらくほとんどの中国人は怒ったみたいです。まぁ中国人の高い愛国心を思えば当然の反応です。正直この動画は中国人だけではなく、我々日本人も含めてアジアを小馬鹿にした印象を受けます。もちろんDolce & Gabbana側がどのような意図で作成したのかは分かりませんが、世界的な企業がこのような動画を作成したことは残念です。おもしろおかしくしたかったのでしょうが、もうちょっと配慮が必要だったのではと思います。

ちなみに中国のSNSであるweiboからは結果的に動画は削除(インスタやツイッターは削除せず)されています。ニュースを見ているとこの動画がきっかけで今回の大炎上に繋がったように報道されていましたが、そうではありません。この動画はあくまで1つのきっかけに過ぎないのです。実際に炎上のきっかけとなったのは別の問題です。

 

今回の騒動の一番の原因:SNSのやり取り

 

ではなにが炎上の一番のきっかけとなったのか?それはドルガバデザイナーのステファノガッバーナ氏がインスタのDMでファッションライターのミカエラさん(Michaela Phuong Thanh Tranova)とやり取りした内容を公開されたことが一番の原因だと思われます。公開されたのは11月21日。その内容を見れば分かりますが、一言で言うと「ひどい」内容としか言えません。以下がその内容となりますので、右側にスワイプして見てください。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PLEASE SHARE urs truly vs @stefanogabbana UPDATE: Sorry about the spelling mistakes guys, my adrenaline was pumping. This has all started thanks to my sister @helenatranova, so huge shout out to you little one ?

Michaela Phuong Thanh Tranovaさん(@michaelatranova)がシェアした投稿 –

英語が分からなくても、最後の部分で中国を馬鹿にしているのは分かると思います、絵文字を見れば。怒って感情に任せて送った内容なんでしょうけど、立場的なことを考えるともう少し冷静になるべきだった気がします。もちろんこうやってDMの内容を晒されるなんて微塵も考えてなかったんでしょうけどね。

この内容ですが、「Diet_PRADA」でも公開されてさらに批判が高まります。「Diet_PRADA」ですが、ファッション業界がもっとも恐れる「デザインのネタバレ」アカウントです。匿名で2年間活動していましたが、ついに昨年「トニー・リュー」と「リンゼイ・スカイラー」の2人で活動していることを公表しました。

ちょっと話がそれましたが、ネットで影響力がある25人にも選ばれているDiet_PRADAでミカエラさんとのDMのやり取りを公開されたのは、ステファノガッバーナ氏にとってかなりのダメージだったと思われます。

 

著名人の行動

 

11月17日に公開された動画を発端に起こった今回の騒動。11月21日にミカエラさんとのDMのやり取りが公開されたのですが、ここからの展開がとんでもなく早い!!

まず最初に行動を起こしたのは俳優の陈坤チェン・クン)さん。今回のドルガバのショーには中国の大御所が大勢招待されていました。その中のメインゲストの1人である俳優の陈坤さんは、空港に着いたもののショーの出席を辞退し、そのまま飛行機で引き返しました。

これをきっかけにドルガバと正式契約をしている女優の迪丽热巴(ディルラバ・ディルムラット)さんと王俊凯(ワン・ジュンカイ)さんがドルガバとの契約を解約し、今後一切の取引をしないという旨を事務所を通じて正式に発表されました。

 

ドルガバ ショーの中止&商品が中国から消える

 

ここまでの騒動となったドルガバ。そこでステファノガッバーナ氏が発言した内容がまたもや問題となりました。以下がその内容です。

 

引用:インスタ(stefanogabbana氏)より

 

要するにステファノガッバーナ氏のインスタのアカウントは乗っ取られていて、別人がDMでやり取りしたということを言っています。自分がやり取りしたわけじゃないんだよってことですね。

ただ、この発言を信用している人はほぼいないようです。実際この投稿がされた後、ショーに出演するはずだったモデルや招待されていた芸能人などが全員出席を拒否するという事態に!!結果としてショーを中止するとドルガバは発表。当然ですよね、出演者もオーディエンスもいないんですから。そして中国全てのECサイトから、ドルチェ&ガッバーナの商品が消えました

後々以下の内容をドルガバは発表しています。この件については法務部で調べているとの内容です。

 

 

まとめ

 

今回の件で恐ろしいのは、こんなに大変なことがとても短い間に起きているということです。11月21日にDMのやり取りが「Diet_PRADA」で晒されて、中国全てのECサイトからドルチェ&ガッバーナの商品が消えるまで約4時間。たったの4時間ですよ!!

SNSの持つ特性が最大限に発揮された結果ですが、それ以上に中国という国の国民性が顕著に表れていたと思います。中国人の愛国心は想像を超えるものがあります。中国を馬鹿にされたと思ったら、容赦なく反発します。そして中国人はとんでもなく多い。SNSでの拡散能力もハンパじゃありません。

今回俳優の陈坤さんの行動が最初でしたが、影響力のある誰かが愛国心のために行動するとみな追随します。ちょっと考えれば分かるのですが、今回のような事態に対して1人の影響力のある人間が愛国心をあらわにすれば周りも同調せざるを得ません。もし同調しなければ、それこそ非国民だと捉えられますからね。

しかもこの行動も時間が大切になります。瞬時に行動を起こさないとSNSですぐに非難されます。誰かの真似をしているんじゃなくて、自らの意志(愛国心)で行動しているんだということが大切になります。

日本も中国で商売をしている企業がたくさんありますが、こういった中国の国民性を熟知しておかないとドルガバと同じ轍を踏むことになりかねません。そういう意味では勉強になる事件だったのではないでしょうか?中国人の愛国心は企業からしたら厄介だと思うこともあると思いますが、私からすればそこまでの愛国心を持てるのは素晴らしいことだと思います。私も日本は好きですが、不満もたくさんありますからね。。

今後このドルガバの中国市場がどのようになるのか気になりますね。

他のニュース記事はこちら

error: Content is protected !!