カルロス・ゴーン逮捕の理由 暴かれた別の不正!!

カルロス・ゴーン逮捕の理由 暴かれた別の不正!!

先日突然の逮捕劇が報道された日産自動車の代表取締役会長のカルロス・ゴーン氏。金融商品取引法違反容疑で逮捕されたというのは先日書かせていただきました。その後の調べで様々な疑惑が出てきているようです。今現在分かっている不正を調べてみました。

 

「日産自動車 カルロス・ゴーン会長 逮捕!! ウソの報告した実際の年収は?」はこちら

「ルノー、ゴーン容疑者解任見送り フランス政府が反対か!?」はこちら

「カルロス・ゴーン氏より高額!! 日本の上場企業の役員報酬は?」はこちら

他のニュース記事はこちら

 

カルロス・ゴーン逮捕の理由
暴かれた別の不正!!

 

 

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)

 

そもそもカルロス・ゴーン氏が逮捕された容疑がこれです。同時に元弁護士で、日産自動車のグレッグ・ケリー代表取締役(62)も共犯者として逮捕されています。企業のTOPが共謀して犯罪を犯すなんて。それも十分な報酬をもらっているにも関わらず。個人的な気持ちですが、日本の企業が海外の人間に食い物にされたことに憤りを感じます。

具体的な数字を見てみると、2015年6月までの5年間に5回にわたって、11年3月期~15年3月期の各連結会計年度のゴーン氏の報酬額が計約99億9800万円だったのに対し、提出された有価証券報告書に記載された金額は計約49億8700万円。いくら共犯者がいたとしても、こんなとんでもない金額を偽っていたのに気付かないなんてことがあるのかと、素人の私は思ってしまいますが。。。

 

資金や経費の私的流用

 

虚偽の報告もとんでもないことなんですが、実は会社のお金をかなり流用していたことも分かってきました。海外子会社の資金を使って世界4カ国で高級住宅を購入し、無償で自宅として利用していたことが分かっています。

そもそもこの子会社は、日産自動車が2010年ごろ、資本金60億円でベンチャー企業投資を目的にオランダに設立されたものです。そもそもこの時点でゴーン氏が日産のお金を流用する目的のために設立されたようです。実際この設立には、グレッグ・ケリー氏が主導していたようです。

そしてこの子会社、

 

ブラジル・リオデジャネイロ

レバノン・ベイルート

フランス・パリ

オランダ・アムステルダム

 

に住宅を相次いで購入したのです。通常業務に必要であれば経費として計上できますが、今回は業務上の正当な理由がないにもかかわらず、無償でゴーン氏に提供されていました。もはや完全に日産自動車を私物化しています。さらに腹が立つのは、購入費だけではなく、改築費・維持費なども会社側から数十億円支払わせていたことです。どんなふうに育ったらここまで図々しいことが平気で出来るんでしょうね。考えるだけで腹が立ちます!!

というより、そもそも家なんていくつも必要ですかね?家具をそろえたり掃除をしたりと面倒だと思うんですけど。家は1つで十分で、あとは高級ホテルを利用した方がよっぽどいいんじゃないかと思っちゃいますけどね。

 

まとめ

 

今回の事件は日本だけでなく、世界中に大きな衝撃を与えました。金額だけの問題ではなく、世界を代表する企業のTOPがこのような不正に手を染めたからです。瀕死の状態だった日産自動車を復活させたその手腕。賛否両論はもちろんあるとは思いますが、結果として日産自動車を救ったのは間違いありません。カルロス・ゴーン氏の能力がとんでもなく素晴らしかったということは疑う余地がありません。

こういった素晴らしい能力を持った人は、その力に見合った報酬を手にすることができます。年間何十億円という一般人には想像もつかないような大金でも、彼にはそれを受け取るだけの資格がありました。それほどの人間だったのです。ビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏などがいい例です。カルロス・ゴーン氏はそういった類まれなる能力を持った人たちと肩を並べる存在でした。

ただカルロス・ゴーン氏は欲に負けてしまった。どういう育ち方をしてきたのか分かりませんが、彼には年間数十億というお金では満足できなかったのでしょう。何十億もの金額を偽ったり、会社のお金を流用すればいつかバレるのは子供でも分かりそうです。そんなことすら見えなくなってしまうという、「欲」と「権力」は本当に怖いですね。

あれだけのお金を稼いでも幸せになれないという意味では、カルロス・ゴーン氏は可哀想な人なのかもしれません。世界中に高級な家を持っても、何十億もお金をもらっても満足できない。しかし世界にはお金はそれほどなくても幸せに暮らしている人は大勢います。私も全然稼げていませんが、それでもちょっとした旅行や美味しいものを食べることが出来ているので幸せです。人の幸せとはお金と比例しないものなんだとつくづく感じました。

今後少しずつカルロス・ゴーン氏の悪事が暴かれていくでしょう。おそらく今出ているのはほんの氷山の一角だと思います。これからどんどん詳細が明らかになってくると思いますが、日産自動車で働く人々がどんな気持ちでいらっしゃるのか。第三者の私ですら腹が立ってしょうがないですからね。みんなで結束して、可能であれば日本人だけで頑張って新しい日産自動車を作っていって欲しいです。

 

「日産自動車 カルロス・ゴーン会長 逮捕!! ウソの報告した実際の年収は?」はこちら

「ルノー、ゴーン容疑者解任見送り フランス政府が反対か!?」はこちら

「カルロス・ゴーン氏より高額!! 日本の上場企業の役員報酬は?」はこちら

他のニュース記事はこちら

error: Content is protected !!