日産 カルロス・ゴーン会長 逮捕! ウソの報告した実際の年収は?

日産 カルロス・ゴーン会長 逮捕! ウソの報告した実際の年収は?

本日、大手自動車会社トップの衝撃的なニュースが流れてきました。日産自動車の会長カルロス・ゴーン氏(64歳)が、自らの報酬を「有価証券報告書」に実際より少ない金額で申告した疑いがもたれ、2018年11月19日夜に東京地検特捜部は金融商品取引法違反容疑でゴーン氏を逮捕しました。このニュースはフランスでも速報として伝えられたようです。

 

「カルロス・ゴーン逮捕の理由 暴かれた別の不正!!」の記事はこちら

「ルノー、ゴーン容疑者解任見送り フランス政府が反対か!?」はこちら

他のニュース記事はこちら

 

日産 カルロス・ゴーン会長 逮捕!!
ウソの報告した実際の年収は?

 

 

カルロス・ゴーンのプロフィール

カルロス・ゴーン氏は、日本を代表する日産自動車の会長を務めています。テレビなどメディアにも度々出演されていますので、日本での知名度は非常に高いと思われます。顔を知っている人や名前を聞いたことある人は大勢いると思いますが、ゴーン氏のプロフィールについて見てみましょう。

◆プロフィール

生年月日:1954年3月9日(64歳)
出生地:ブラジル
両親:レバノン人
出身校:パリ国立高等鉱業学校
国籍:日本、ブラジル、フランス、レバノン

5言語が話せるゴーン氏ですが、日本語はあいさつ程度のようです。
話せる言語は、①英語 ②フランス語 ③スペイン語 ④ポルトガル語 ⑤アラビア語

凄すぎます!5言語を話す感覚が全く分からない私にはどういう頭の構造になっているか不思議です。

 

カルロス・ゴーンの経歴

1999年6月に日産自動車の最高執行責任者(COO)に就任し、現在は会長を務めています。

 

◆著名な実績

・日産自動車会長
・三菱自動車工業会長
・ルノー取締役会長兼CEO (PDG)

1999年6月にゴーン氏が最高執行責任者として就任した当時、日産自動車は経営危機に陥ってました。経営の立て直しを果たすために送り込まれたゴーン氏は、徹底的な合理化や人員削減を実施していき、「コストカッター」と言われるようになっていきました。そして、日産自動車は見事V字回復を実現したのです。

日本の大手自動車会社を立て直した凄い人がいるもんだと思ったものです。それだけに今回のニュースは本当に衝撃です。

今回の事件を受けて、取締役会ではゴーン氏の会長職を解任する提案をするようです。

 

 

カルロス・ゴーンの年収

カルロス・ゴーンは役員報酬を毎年公開しています。直近4年間の報酬は以下となります。

 

◆ゴーン氏の役員報酬

2014年:10億3500万円
2015年:10億7100万円
2016年:10億9800万円
2017年: 7億3500万円

10億を超えていた役員報酬が、昨年2017年に極端に減っているのが気になります。

減っていると言っても億レベルの報酬です。私には一生かかってもカルロス・ゴーンさんの1年分ですら稼ぐことができません、、、。桁が違い過ぎてスゴイです。

2010年度~2014年度までのゴーン氏の報酬額にうその報告があったようです。この5年間の合計が、実際には約99億9800万円だったのに対して、約49億8700万円と記載して提出したとのことです。

申告の報酬額が半分近く減っているので、かなり影響が大きいと思われます、、、。

 

有価証券報告書とは?

今回のニュースは、カルロス・ゴーン氏が有価証券報告書にうその記載をした疑いがもたれ、11月19日夜に逮捕となりました。

ここで触れている「有価証券報告書」とは何なのか説明していきます。

有価証券報告書(ゆうかしょうけんほうこくしょ)とは、金融商品取引法で規定されている、事業年度ごとに作成する企業内容の外部への開示資料である。略して有報(ゆうほう)と呼ばれることもある。

引用:Wikipedia

 

もう少し簡単にすると、有価証券報告書は、

上場している企業の経営状況を知る指標の一つで、事業年度ごとに財務状態や会社業績などの重要事項を開示した書類です。この報告書は提出を義務付けられています。

投資家が投資をするうえでの判断材料となるため、虚偽の報告をすることの影響は非常に大きいです。

報告書の内容に虚偽があった場合は、罰金や上場廃止となることもあります。

 

 

まとめ

自動車業界で長年リーダーシップをとってきたカルロス・ゴーン氏のまさかのニュース。日産自動車の社員や関係者の方々は事実関係がはっきりしない状態の中、今後の影響がとても心配だと思います。

今回のニュースを受けて、ルノーの株価が一気に下がっているようです。一人の人間がこれだけ影響を与えるというのは、皮肉にもカルロス・ゴーン氏の凄さを象徴してますね。

 

「カルロス・ゴーン逮捕の理由 暴かれた別の不正!!」の記事はこちら

「ルノー、ゴーン容疑者解任見送り フランス政府が反対か!?」はこちら

他のニュース記事はこちら

 

error: Content is protected !!