【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/26 武蔵野の森 総合スポーツプラザ1日目 セトリ&参戦レポート

【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/26 武蔵野の森 総合スポーツプラザ1日目 セトリ&参戦レポート

2022年5月26日、「B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-」ツアーの武蔵野の森 総合スポーツプラザ1日目です。福岡公演以来の3回目の参戦です。今日のセトリはどうだったのでしょうか?早速本日の様子をまとめていきます。

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/14 マリンメッセ福岡A館公演【初日】 セトリ&参戦レポートはコチラ

B’z presents LIVE FRIENDS 配信ライブ セトリ&レポートはコチラ

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1 セトリ&レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演参戦レポートはコチラ

過去のB’zのツアー日程やセットリスト、その他B’zに関する内容はコチラ

 

【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/26
武蔵野の森 総合スポーツプラザ1日目 セトリ&参戦レポート

 

 

武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナ」について

 

今回の会場は、「武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナ」で、東京都調布市にある施設です。東京スタジアム(味の素スタジアム)に隣接しています。
どちらかと言うと、味の素スタジアムの方が有名だと思います。

 

ちなみに、Wikipediaには以下のように書かれており、とても新しい施設でした。

 

東京スタジアム(味の素スタジアム)に隣接しており、2013年のスポーツ祭東京2013(第68回国体・第13回障スポ大会)ではゆりーと広場として利用されていた場所で、大会後に着工され、2017年11月25日に完成した。

施設は、メインアリーナ、サブアリーナ、プールが備えられている。

メインアリーナは、体育館は最大1万人収容で、2020年の五輪ではバドミントンと近代五種のフェンシング、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として使用される

2018年には皇太子・同妃雅子を迎えて第42回全国育樹祭の式典行事が開催された。

メインアリーナのこけら落としの興行として、2017年12月9日・10日にJYJのキム・ジェジュンのアジアファンミーティングツアーが開催された。その後、スポーツイベントのこけら落とし興行として、2018年平昌オリンピック出場選考会を兼ねた第86回全日本フィギュアスケート選手権が、また、コンサート等の本格的な音楽イベントとしてのこけら落とし興行として、2018年1月20日、21日に吉川晃司の公演が開催された

2018年度と19年度には改修工事を行う東京体育館に代わって全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)、全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)、全日本・全世界空手道選手権(フルコンタクト)の会場に使用される予定。

引用:Wikipedia

 

味の素スタジアムには以前「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」の際に行った事はありましたが、武蔵野の森 総合スポーツプラザは初めてでした。

都内に住んでるので行こうと思えば行ける距離なんですけどね。

まぁよほどの用がない限り、飛田給駅に行くことはないですが。。

 

ちなみに「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」で行った時の記事は以下になります。

 

 

収容人数

 

公式サイトによると、武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナの収容人数は、10,000人です。

マリンメッセ福岡A館の収容人数「13,000」でしたが、若干狭くなった感じですね。

 

実際に入ってみて思いましたが、マリンメッセより収容人数が少ないはずですが、マリンメッセより少し広く感じました。

それは多分形状の違いだと思います。

 

マリンメッセは正方形に近い形でしたが、武蔵野の森は長方形でした。

アリーナ席でも分かりますが、マリンメッセはCブロックまででしたが、武蔵野の森はDブロックまでありました。

おそらくマリンメッセはスタンド席が武蔵野の森より多いのかもしれませんね。

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/26 座席表

 

武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナの座席表は公式サイトに掲載されています。

以下が座席表になります。公式サイトでは、座席番号などから大まかな座席を調べることができます。 
※画像をクリックすると公式サイトへ移動します。

 

引用:武蔵野の森 総合スポーツプラザ公式サイトより

 

今回の座席表は以下になります。

 

 

 

今回のチケットは、B’z PARTY一次抽選販売で、私の名義かつ第一希望で当選したチケットです。

私名義はいつもハズれるか、珍しく当選しても「どこでもいい」を選んでセキスイハイムスーパーアリーナ(仙台)が当たるとかです。

都内に住んでいるのにそこが当たるか?って、思わず笑っちゃうくらい運営さんに嫌われているようです(;^ω^)

 

それが今回、ついに私の祈りが神様に届き、念願の第一希望当選です。

しかし上記のように、私は運営さんに嫌われているようなので、座席は期待できないと思ってます。

 

なのでまぁ遠い席だろうなぁと思いながらゲートをくぐりました。結果は、、、、、

 

 

アリーナの文字が見えた瞬間は一瞬テンション上がりましたが、実際は微妙な席でした。

ブロックとしてはBなのでいい方なのですが、Bブロックの中でも真ん中より後ろの列でした。

しかもBブロックの中でも一番端っこのB1ブロックです。

 

私は身長が高いので全く問題ないのですが、身長が高くない人にとってアリーナ席は大変だと思います。

今回一緒に行った同行者は身長が低いので、前の人の頭などであまり見えなかったそうです。

一生懸命見ようとして背伸びなどをしていたのでかなり疲れたと言っていました。

 

アリーナでこれくらいの席なら、スタンド1階の最前列の方がよっぽど見やすいと思います。

マリンメッセ福岡の2日目はスタンド2階席でしたが、最前列だったので身長の低い同行者も良く見えたそうです。

しかも座ったままでも見ることが出来るのもメリットです。

昔はアリーナ席がいいと思っていましたが、最近ではSSは別としてアリーナ席よりはスタンド席の最前列が一番いいんじゃないかと思っています。

 

私は自分が見る分にはいいのですが、後ろの人が見にくいのではないかと思うとつい猫背になってしまいますし、手を挙げる事も出来ません。

難しい所ですよね。。。

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/26 セットリスト

 

2022年5月26日のセットリストです。
※赤文字は日替わり曲です

  1. SLEEPLESS
    ※B’z の LIVE-GYMへようこそ!
  2. Hard Rain Love
  3. ultra soul ※清さんソロ有
  4. イチブトゼンブ
  5. 愛のバクダン
  6. Daydream
  7. 山手通りに風
  8. マミレナ
  9. Thinking of you
  10. 裸足の女神 ⇒ 稲葉さんによる楽屋紹介(お菓子の種類は不明)
    ※松本さんソロ
  11. Highway X
  12. COME BACK -愛しき破片-
    ※メンバー紹介
  13. YES YES YES
  14. 兵、走る ※清さんソロ有
  15. ギリギリchop ※清さんソロ有
  16. リブ
  17. UNITE
    ※アンコール
  18. You Are My Best
  19. ZERO

 

予想はしていましたが、福岡の初日と同じセトリでした。

東京公演は3日ありますが、3日目が今日と同じであればしばらくは2つのセトリの繰り返しになると思われます。

 

アクセス

 

武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナは基本ほとんどの方が飛田給駅から来るでしょう。

なので、分かりやすいと思います。

最寄りからのアクセスの方法は以下になります。

飛田給駅からは徒歩5分となっていますが、個人的にはもう少し時間がかかると思っています。

特に混雑している時はあまり速く歩くことが出来ないので、10分程度は見た方がいいと思っています。

 

◆電車

  • 京王線「飛田給」駅・・・徒歩5分
  • 西武多摩川線「多磨」駅・・・徒歩20分

 

バス

バスについてはこちらから武蔵野の森 総合スポーツプラザの公式サイトを参照してください。

 

◆車

車についてはこちらから武蔵野の森 総合スポーツプラザの公式サイトを参照してください。

 

 

 

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/26 まとめ

 

今日は「B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-」の地元東京開催。

やはり地元で開催される公演は嬉しいものです(*^_^*)

しかもぴあやローチケ、同行者ではなく、自分名義のファンクラブ第一希望当選ですから。

 

ただ私の住んでいる池袋からは若干遠いので、会場まで歩いて行ける訳ではありません。

地方の公演だと会場近くのホテルに泊まることが多いので、グッズを買った後に一度ホテルに戻ったりできます。

 

メモリアルプレートが欲しかったんですが、福岡公演の経験から、買うためには遅くとも11時には並んでいないと買えないと思ってます。

そうなると10時には池袋を出ないといけません。

問題はグッズを買った後で、時間を潰すにも飛田給だとあまりそういう場所がないんですよね。

 

実は私、4月上旬にコロナに感染し、治ってからも後遺症がひどく体力も落ちたままです。

LIVEまでに疲れちゃったら意味ないしなぁ~ということで、今日はグッズは諦めLIVEに全力投球することにしました。

 

会場には16時頃に到着し、一応グッズをチェック。

と思ったら、グッズ売り場に行くには並ばないといけないようでした。

 

 

これは会場に向かう階段を登ってすぐの場所ですが、ここに列の最後尾がありました。

グッズを買うにしてもガチャガチャを回すにしても全てこの列に並ばないといけないとのこと。

ツアートラックを見るのもCDなどを買うのも全て同じ列です。

 

これには正直驚きました。

ツアートラックを撮影するのにも列に並ぶなんてちょっと非効率だなと。

それにガチャガチャとグッズも別々の方が絶対に効率いいのに。

実際列がどこまで続いているのかは最後尾からでは全く分からず、進んでいかないと分からない状況でした。

 

ちなみに最後尾からどこまで続いているのか見てきましたが、途中まで行って諦めました。

 

 

 

動画は途中で終わっていますが、この先階段を降りてから右の方へ進み、そこからさらに会場に沿って真っすぐ進みます。

その後横断歩道を渡ってグッズやガチャガチャ、CDなどの物販やツアートラックのある場所へ到着です。

行った時間が16時過ぎだったので一番混んでいたのかもしれません。

 

ガチャガチャを回して帰る時に見たら、ほとんど列はありませんでしたから。

ちなみにバーミリオンのグッズ列は全くなかったです。

一般の方だけは結構な列でしたね。

 

私がグッズ売り場に到着した時には予想通りメモリアルプレートは売り切れており、他にもTシャツが少しだけ売り切れていたようです。

どのグッズが売り切れているのかというのも売り場に行くまで分からないのも不親切だと感じました。

そこまで行ってお目当ての物がなかったらガッカリするでしょうし。

 

ガチャガチャも全く並ばずにすぐに回せました。

結果行列のほとんどは一般の方のグッズ列です。

もうちょっとやり方があるんじゃなのかな。。。

今日のLIVEで唯一モヤモヤが残ったのがこの行列でしたね。

 

あ、ちなみにホテルキーホルダー狙いで3回回したガチャガチャですが、結果は

 

 

福岡に続き撃沈です(´;ω;`)ウゥゥ

リストバンドは出るんですけどね。

ツアーが終わるまでにホテルキーホルダーを1個はゲットしたいところです。

 

さて、今日のLIVEは実は清さんを中心に見ていました。

相変わらずパワフルな清さん。

3回あるソロパートではパワフルで素晴らしい演奏で会場を沸かせていました。

 

個人的にはあの弾き方がめっちゃ刺さります。

常に身体全体を使ってパワフルに演奏する姿がカッコいい‼

歩きながら弾く時も普通に歩くのではなく独特なkiyoshiウォーク(勝手にそう呼んでます)。

超絶タッピングなどテクニックも半端ない上に、ビジュアルも超美人。

ミッションインポッシブルやキルビルに出てきそうな雰囲気です。

 

初日の福岡で見てからというもの、一番印象に残ったのが清さんです。

モヒニちゃんも超絶凄かったけど、清さんもモヒニちゃんに勝るとも劣らないインパクトを与えてくれます。

B’zにとってもいいアクセントになっているのではないでしょうか。

こうやって女性アーティストが活躍しているのは素晴らしいことだと思いますし、今後も色々な女性アーティストが出てきて欲しいですね。

 

もちろん今日も稲葉さんの声は絶好調でしたし、松本さんのギターも他のメンバーも最高でした。

この後の公演も、回数を重ねていくごとにもっともっと円熟味を増していき、素晴らしい音楽を聴かせてくれるでしょう。

 

次回の参戦は高崎アリーナ公演になります。

またその時にセトリなどを更新しますね。

 

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/14 マリンメッセ福岡A館公演【初日】 セトリ&参戦レポートはコチラ

B’z presents LIVE FRIENDS 配信ライブ セトリ&レポートはコチラ

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1 セトリ&レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演参戦レポートはコチラ

過去のB’zのツアー日程やセットリスト、その他B’zに関する内容はコチラ

 

error: Content is protected !!