【10/10追記】池袋西口 変わったネーミング 「火星カレー」 グルメレポート

【10/10追記】池袋西口 変わったネーミング 「火星カレー」 グルメレポート

今回は池袋にある「火星カレー」さんに行ってきました。池袋駅の地下通路を使って副都心線に向かって歩いていく度に、通路の広告が目に入ってきていました。ただ「火星カレー」というネーミングに抵抗があって避けていましたが、あまりに気になって仕方ないので勇気を出して突入してきました(^_^)

 

他のグルメ記事はコチラです。ぜひ参照してください(^_^)

 

池袋西口 変わったネーミング 「火星カレー」 
グルメレポート

 

 

お店情報

 

店名

火星カレー

 

住所

東京都豊島区西池袋3-27-3 S&Kビル B1F

 

電話番号

03-5927-8959

 

予約

不可

 

営業時間

月~金 11:45~14:30(L.O.14:30)
    18:00〜21:45(L.O.21:15)

土   11:45〜15:00(L.O.15:00)
    17:30〜21:45(L.O.21:15)

祝・振替休日 11:45〜17:00(L.O.16:30)

※昼・夜ともに売切れ次第終了

 

定休日

日曜

※臨時休業等はFacebook公式ページにて告知

 

禁煙・喫煙

完全禁煙

 

支払い方法

現金のみ(食券制)

 

席数

14席(カウンター6席、テーブル2人席×4)

 

ホームページ

https://www.facebook.com/kaseicurry

 

 

食べたメニュー紹介

 

鶏カレー(トッピング:草) 890円(トッピング:190円)

 

 

初めての訪問だったので、初っ端からメニューの名前に驚きです。火星カレー、鶏カレー、豚カレー、馬カレー、鹿カレー、牛カレー、羊カレー、草カレー、豆カレー、鴨カレー、カンガルーカレーとなかなかのインパクト。火星カレーは全くイメージつきませんでしたが、他のは分かります。カンガルーカレーなどに惹かれつつも、とりあえず無難なのはチキンカレーだろうということで鶏カレーに決定。そしてせっかくならトッピングをと思い、「草」をトッピング。「草」って何だろう?って思うと思いますが、これは「ほうれん草のバターソテー」です。

ちなみにごはん&ルゥは以下の3種類から選べます。

 

小盛(170g)

中盛(260g)

大盛(400g)

 

ちなみに全て無料で変更できます。もちろん私は「大盛」です。次は辛さです。辛さは5段階。

 

甘口

中辛

大辛

土星(+100円)

冥王星(+100円)

 

甘口から大辛までは無料ですが、それ以上の土星と冥王星は100円プラスになります。土星はともかく、冥王星ってどれだけぶっ飛ぶ辛さなんでしょう。お店によってはそもそもが十分辛いこともあります。辛いのは苦手ではないですが、とりあえず無難に中辛にしました。

 

 

運ばれてきたカレーを見ると、ちょっとキーマやドライカレーっぽい見た目で水分が少ない感じです。しかしこれは火星カレーさんのカレーの作り方に秘密があります。実はルゥを作る際、野菜などから出る水分だけで作る「無水調理」なんです。そしてそのまま2日間熟成させています。そのため、ルゥにはたっぷりと野菜たちが溶け込んでいます。今回私は草トッピングをしましたが、草トッピングをすると大人が1日に必要な野菜の約75%を摂取できるとのことです。トッピングなしのカレーでも約60%を摂取できるそう。

 

 

カレーを食べるだけで大量の野菜を食べたことになるんですから身体にも良いこと間違いなし!! おまけに無臭化されたニンニク約2片が入っているので、スタミナも付きます。

 

 

お味はと言うと、かなり本格的なスパイスの利いたカレーでビックリ!! 失礼を承知で書かせてもらいますが、正直「火星カレー」というネーミングからしてかなり変わったカレーが出てくると思っていました。キワモノ的な。。。ところが食べてみるとめっちゃ美味しい。カレーの辛さは中辛でしたが、普通の中辛より辛いです。辛いのが苦手な人は中辛は避けた方がいいかもしれません。

ルゥにはスパイス感を凄く感じますが、甘みも感じます。きっと野菜たちの甘みなんでしょうね。チキンは結構ジューシーでボリュームもたっぷり。カレーの上にチキンを置いた後にバーナーで炙っていましたが、これがいい感じです。結構なボリュームだと思っていましたが、美味しくて簡単に食べ終わってしまいました。

 

アクセス

 

JR山手線:池袋駅西口より徒歩4分
副都心線:池袋駅出口1Aより徒歩1分

 

まとめ

 

いやいや名前で判断したらダメですね。もっと早く行っておけば良かったと思ったくらい美味しいカレーでした。インドカレーとは違うけど、日本のカレーともちょっと違う感じ。本当にオリジナルなカレーですね。今回は鶏カレーでしたが、カンガルーカレーや鹿カレーなども試したいと思いました。

 

 

しかしこのネーミングをチョイスしたオーナーさんは凄いですよね。「カレー」と入ってるからカレー屋さんだとは分かるけど、ちょっとぶっ飛んだ名前です。初めて入る人はちょっと勇気がいりますが、こうやって食べた人間が「火星カレーのカレーは美味しいよ」と周りの人に伝えてどんどん有名になっていく典型的なパターンだと思いました。実力さえあれば時間はかかっても絶対に成功する。そんな事を学ばせてもらいました。ぜひ池袋にお越しの際は行ってみてください。その美味しさに驚くと思います(^_^)

 

【10/10 追記】カンガルーカレー 1,380円

 

 

記事を書いていたら食べたくなってしまったので、火星カレーさんに行ってきました。閉店直前に行ったのでいくつか売切れがありましたが、今回チャレンジしてみたかったカンガルーカレーは残っていました。カンガルーカレー、中辛、大盛でオーダー。

待つこと2,3分で運ばれてきました。大盛ってこんなに多かったっけ?と思うほどご飯もルゥもあります。まずはカンガルーのお肉がどんなものか食べてみると、何とも言えない感じ。。。決して「美味しい~」とはなりません。カンガルーのお肉を他の食べ方で食べたことがないので元の味が分かりませんが、おそらくそんなに美味しいお肉ではないと想像がつきます。火星カレーさんはそんなカンガルーのお肉を食べやすいように調理しているから食べられるというレベルです。

食感はパサパサしているし、お肉のジューシーさなどは一切なし。味もちょっと臭みを感じます。これ、普通に焼いただけだったらきっと食べれない代物なんだろうなと。自分はもうカンガルーはいいかなと思いました(;^ω^)

ちなみに一緒に行った連れは別のカレーを食べていました。

鴨カレー(辛さ:土星) 980円(+100円)

 

 

こちらは中盛。大盛と比べるとたしかに全くボリュームが違います。辛さは+100円で土星にしていますが、ルゥの上に赤いパウダーが見えます。これが辛いのかな??

一口鴨肉とルゥをいただきました。まず鴨肉ですが、ジューシーで美味しい!! カンガルーを食べていたので余計そう感じたのかもしれませんが、とても美味しいです。そして辛さですが、正直そこまで辛いとは思いませんでした。元々私が辛さをそれほど苦手としていないからかもしれませんが、蒙古タンメン中本さんの北極とかのレベルでは全くないです。普通に食べれます。

少しずつではありますが、今後も残りのカレーを食べて制覇していきたいと思います☆

 

 

他のグルメ記事はコチラです。ぜひ参照してください(^_^)

error: Content is protected !!