【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 8/31 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演2日目 セトリ&参戦レポート

【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 8/31 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演2日目 セトリ&参戦レポート

2019年8月31日、「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」ツアーの真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演2日目でした。今回は偶然にも参戦出来なくなったフォロワーさんにお誘いいただいたので参戦できることになりました。現時点で今ツアー私の最終戦なので、じっくりたっぷり堪能してきました☆

 

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演参戦レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- セットリスト

過去のB’zのツアー日程やセットリスト、その他B’zに関する内容はコチラ

 

【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 8/31 
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演2日目 セトリ&参戦レポート

 

 

「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」の名称について

 

今回の会場は、札幌市南区にある多目的施設(アリーナ)の真駒内セキスイハイムアイスアリーナです。正式名称は真駒内屋内競技場(まこまないおくないきょうぎじょう)で、2007年(平成19年)に北海道セキスイハイムがネーミングライツ(命名権)を取得し、名称が真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(まこまないセキスイハイムアイスアリーナ)になっています。

ちなみにネーミングライツの契約期間は3年で、本日現在の調べでは、2019年4月1日から2022年3月31日までの3年間更新されていました。気になるお値段ですが、3年総額2,193万3,333円。1年あたり731万1,111円になります。今回のB’zのツアーで使用されることにより、少なくとも何十万人の人に「真駒内セキスイハウスアイスアリーナ」の名前が知られたことでしょう。そう考えるとお得な金額だったかもしれません(^_^)

ちなみに、Wikipediaには以下のようにありました。

 

北海道立真駒内公園にあり、北海道道82号西野真駒内清田線を挟んで真駒内セキスイハイムスタジアム(真駒内屋外競技場)がある。1972年(昭和47年)の『札幌オリンピック』アイスホッケー競技・フィギュアスケート競技及び閉会式に使用し、国立の屋内競技場として建設した。同オリンピック開催時の名称は「真駒内屋内スケート競技場」だった。多雪地域としては日本国内初となる大ドーム建築であり、当時は屋内スケート競技場として日本国内最大規模であった

これまでに全国規模や国際規模の競技大会や各種イベントを開催しており、新日本プロレスの興行、『スターズ・オン・アイス』や『THE ICE』などのアイスショー、コンサート会場などにも使用している。かつては『日本アイスホッケーリーグ』、世界ボクシング協会(WBA)・世界ボクシング評議会(WBC)『スーパーウェルター級タイトルマッチ』輪島功一×シルバノ・ベルチニ戦や世界ボクシング協会(WBA)『ジュニアフライ級タイトルマッチ』具志堅用高×リゴベルト・マルカノ戦といった世界王座防衛戦も開催していた

また、北海道拓殖銀行の解散が決まった最後の株主総会の会場でもあり、当日は1,000人の株主が詰めかけた。この日は真駒内駅から30台以上の貸切バスがピストン輸送で株主を運んだ。

引用:Wikipedia

 

こうやって見てみると、前回の高崎アリーナと違ってかなり歴史のあるアリーナなんですね。もしかしたら今回のツアー会場の中で一番歴史があるのかもしれません。会場へ向かう途中の階段など、ところどころ崩れていましたからね。

 

 

震災の影響などがそのまま残っている感じです。歴史を感じますね。

 

収容人数

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの収容人数は、10,770人

日産スタジアムの収容人数「72,327人」に比べれば小さいですが、正直想像より大きくて驚きました。サンドーム福井と同じくらいのキャパでしょうか。場所によっては肉眼では見にくいかもしれません。ただし円形の会場なので、長方形の会場よりはいいと思います。

 

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 8/31 座席表

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席表は公式サイトに掲載されています。以下が座席表になります。公式サイトでは、座席番号から詳しく調べることができます。ちなみにステージは西側スタンド席側でした。 
※画像をクリックすると公式サイトへ移動します。

 

引用:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公式サイトより

 

さて、今日の公演が今回のツアーで私が参戦できるラストになります。急遽参戦出来なくなったフォロワーさんからお誘いいただいたFCのチケット。

 

 

しかし今のところ、FCのチケットにも関わらずアリーナAやBの最前列といったような良席に恵まれてはいません。鹿児島初日はまさかの2階席でしたし、鹿児島2日目はアリーナBの真ん中らへん。仙台に至ってはアリーナC。昨日はまさかの南側スタンド11ブロックという始末( ノД`)シクシク…

最後の最後、今日こそ良席よ来い!!と願いつつゲートをくぐりました。結果は

 

 

全くダメでした!! ステージから一番遠いサイドスタンド席。しかも上の方。ファンクラブのチケットとは思えない席でした。前の方もファンクラブの方でしたが、同じようなことを仰ってました。なんとなくこの先ずっとSSはおろか、Sでも良席は当たる気がしません(´;ω;`)ウゥゥ

ぴあなどのチケットでこの席ならまだ理解できるんですけど、ファンクラブでこの席だとちょっとね。。。正直ファンクラブとぴあなどの一般販売はどのように座席に区別を付けているのか知りたいと思っちゃいました。もう少しファンクラブの会員を優遇してもいいんじゃないかと。

 

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 8/31 セットリスト

 

2019年8月31日のセットリストです。

  1. マイニューラブ
  2. MR. ARMOUR
  3. WOLF
  4. 俺よカルマを生きろ
  5. トワニワカク
  6. OCEAN
  7. 有頂天
  8. ultra soul
  9. Da La Da Da
  10. ゴールデンルーキー
  11. Rain & Dream
  12. SICK
  13. マジェスティック
  14. 裸足の女神
  15. きみとなら
  16. 声明
  17. イチブトゼンブ
  18. Still Alive
    銀テープ発射!!
  19. デウス
  20. 兵、走る
    花びら発射!!
    ~アンコール~
  21. juice
  22. さまよえる蒼い弾丸

 

本日のセットリストは、他公演の2日目のセットリスト(新曲「きみとなら」が入ってるバージョン)が演奏されました。通常の日替わり曲は以下の3曲です。

 

今夜月の見える丘に ⇔ OCEAN

恋鴉 ⇔ Da La Da Da

RED ⇔ 声明

 

基本的な2日目と同じセットリストですね。

他の公演のセットリストもまとめていますので、興味のある方は以下参照してください。

 

 

アクセス

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナはとても微妙な所にあります。

最寄りからのアクセスの方法は以下になります。

電車

  • 地下鉄南北線 真駒内駅・・・徒歩約25分

バス

  1. 地下鉄真駒内駅・・・じょうてつバス南90・95・96・97・98、環96の6系統を利用して、「上町1丁目(真駒内駅から4つ目約5分)」下車徒歩5分
  2. 地下鉄中の島駅・・・じょうてつバス南65、環56を利用して「真駒内本町(中の島駅から約20分)」下車徒歩10分
  3. 地下鉄西11丁目駅・・・じょうてつバス「南4 真駒内駅行き」、「南54 南町4丁目行き」を利用して「曙町(西11丁目駅から20分)」下車徒歩2分

 

車については全く書かれていませんでした。ただ今日会場の周りを歩いていたら、真駒内セキスイハイムアイスアリーナに駐車場があるようです。ハッキリとは分かりませんが、車が結構入ってきてました。

ただハッキリとは分からないので、現地の詳しい方以外はバスを使う方が無難でしょう。バスを使わずLIVEの前に25分も歩くのはさすがに厳しい気がします。せっかく会場に着いても疲れてしまってはLIVEが楽しめませんから。

本日は真駒内駅から95番のバスを使って行きました。相変わらず分かりにくいですね、バスは。

シャトルバスは行きだけあります。帰りはありません。行きのシャトルバスですが時間帯が短く、昨日は17: 00~19:00 、今日が15:00~17:00の2時間だけでした。料金は大人が210円、子どもが110円です。鹿児島や仙台のように往復で、もう少し時間帯も長ければ嬉しいんですけどね。

 

 

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 8/31 まとめ

 

「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 」の真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演2日目。急遽行けなくなったフォロワーさんにお誘いいただき参戦出来ました。席はガッカリでしたが、今のところ今日の公演が個人的な千秋楽なので思いっきり楽しんできました(^_^)

毎回気になっているガチャとメモリアルプレートですが、今日は2日目という事でやはりガチャは売切れだったみたいですね。メモリアルプレートも。

 

 

私は15時頃に会場に到着しましたが、その時間帯はガチャガチャもグッズも売切れはありませんでした。その後に売り切れたようです。今日はガチャガチャを2回回した後は時間があったので少しうろついてみました。そして1つ発見したのですが、なんと食事処がありました!! 

 

 

 

次に真駒内でLIVEがある時はぜひ利用したいと思いました。ちなみに会場内にも売店はあって、ビールやおつまみが買えます。

 

 

値段も東京ドームなどに比べて安いのでありがたいですね。

LIVEですが、個人的に千秋楽だったのでめっちゃ感傷に浸りながら思いっきり楽しみました。途中で席が悪かった事なんか忘れてたくらいです。

本日の出来事としては、まず「Rain & Dream」を演奏している時にYTさんのアンプトラブル(?)があったこと。松本さんとYTさんが前に出てきて、これから見せ場という時にYTさんの様子がおかしかったんです。結局「Rain & Dream」が終わるまで様子がおかしかったんですが、機材トラブルだったんですよね。松本さんももちろんそれに気付いていて、2人で弾くところを松本さんが1人でカバーしてました。めっちゃカッコよかったです!! ちなみにYTさんも今日はタンクトップで、松本さんと共にタンクトップ。カッコよかったなぁ~。

その後「SICK」を終えてメンバー紹介。メンバー紹介が終わって「マジェスティック」に入るのですが、その時もまだYTさんの機材トラブルは解消されておらず、稲葉さんがアドリブトークで何とかその場をつなぐというシーンもありました。これがまた面白かったです☆

ちなみにメンバー紹介でゴールデンルーキーのサム君がまたやってくれました。昨日の「セクシーアリーナ」に続き、今日は「親近感」を「きんしんかん」と間違えるという。。。あとで調べますと言ってましたが、「謹慎」ならいいけど「近親」で調べないことを祈るばかりです(;^ω^)  変な日本語は覚えなくていいので。百戦錬磨のモヒーニちゃんは「フライドポテト」というワードがツボらしく、「フライドポテト」と自分で言ってはウケていたとのこと。英語では「フライドポテト」とは言わず「French Fries」ですからね。まぁどこがツボに入ったのか分かりませんが、モヒーニちゃん可愛いですね♡

サム君と言えば今日の「イチブトゼンブ」。いつもと違った入りをしていたのですが、今日のメロディーは個人的にかなり良かったです。そして今日もモヒーニ&ブライアンの超絶テクニックを堪能できたし、最高の一夜となりました。今回鹿児島アリーナの初日からスタートし、合計7公演の参戦でしたが、最後まで最高のショーを見せてもらえました。本当に感謝しかありません。

この後は私の地元・千葉、そして広島、千秋楽の福岡と続きます。当日販売などでチケットが取れればもちろん参戦しますが、おそらくLIVEは今日が最後になるでしょう。そう思いながら本日はLIVEを楽しみました。次のツアーがいつになるか分かりませんが、LIVEって本当にいいですよね。またどこかの会場でB’zに会いたいと思います。

LIVEには参戦できないとは思いますが、今後のLIVEのセットリストなどはまたレポートしますね♪

 

【おまけ】きみとなら(歌詞)

 

今回のツアーの途中から演奏されている「きみとなら」ですが、私的にはかなり気に入っています。みなさんもいい曲だと思いませんか?歌詞が気になっている方もいるのでアップします。ただし、あくまで聴いて文字におこしただけなので間違っている箇所があるかもしれないので、あくまで参考程度に(;^ω^)

 

「きみとなら」B’z

作詞:稲葉浩志
作曲:松本孝弘

哀れみとか強がりも言わない
僕らはきっと離れられないんだろう

悲しみ以外 後ろめたさ
そっと隠してるつもりでも
清々しいほどバレてしまう
心地よい降伏

きみとならこの世界の果て
のたうち回りながら fly away
きみとなら眠らなくてもいい
時に自由に そして不自由に

恋愛感情を越えてゆく
不思議なソウルメイト

時が経てば色褪せるものもある
そんなことさえかけがえないものだろう

優しい夢のような穏やかな日々が
保障されるわけじゃない
手加減のないやり取りの中で見える
愛情の正体

きみとならこの世界の果て
抱きしめ合いながら up and down
きみとなら眠らなくてもいい
奇想天外な終点が見えるまで

誰1人敵わない
スーパーなソウルメイト

きみとならこの世界の果て
のたうち回りながら fly away
きみとなら眠らなくてもいい
きみとなら裸でもいい
きみとなら砂漠の中へ
きみとなら嵐の向こうへ

最後で最高の
愛すべきソウルメイト

 

 

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演参戦レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- セットリスト

過去のB’zのツアー日程やセットリスト、その他B’zに関する内容はコチラ

 

error: Content is protected !!