B’z 歌詞 2nd beat 「hole in my heart」

B’z 歌詞 2nd beat 「hole in my heart」

B’zの15枚目のシングルとなる「MOTEL」の2nd beat「hole in my heart」。ライブではなかなか演奏されない曲でしたが、リリースから21年後の「B’z SHOWCASE 2015 -品川有頂天NIGHT-」で初披露されました。ノリの良い曲なので盛り上がると思うんですけどね。今回は「hole in my heart」について見ていきましょう。

 

「B’z シングルタイトル曲 歌詞」の記事はこちら

「B’z シングル  2nd beat  歌詞」の記事はこちら

 

B’z 歌詞 2nd beat 
「hole in my heart」

 

 

発売日

 

1994年11月21日

 

タイトル曲

 

 MOTEL [4:24]

 

歌詞

 

hole in my heart [3:19]

 
作詞:稲葉浩志

歌詞は日本音楽著作権協会(JASRAC) の関係上、直接掲載することが出来ません。日本音楽著作権協会(JASRAC) から許可をされているアメーバブログの方に掲載しています。コチラを参考にしてください♪

 

まとめ

 

この曲ですが、男女のお付き合いの中でよく体験する出来事を表現してくれていると思います。かくいう私は、よーくこの歌詞の意味が伝わってきます。例えば冒頭のこのフレーズ。

 

わかりあえると信じて 続けたやりとりで 
わかったのはそれぞれの uh ゆずれない性格 

 

人はそれぞれ生まれ育ってきた環境が違うので、習慣や価値観が異なるのは当然です。それでも誰かと一緒に生きるということは、そういった違いを認識し、その違いを認め合う(妥協点を見出す)ことだと思っています。それがすんなりと出来る場合もあると思いますが、この歌詞のようにどうしても譲ることができない場合もあります。

私の例を挙げると、お風呂の掃除です。「は?そんなこと?」って思う方もいらっしゃいますよね?でもこんな些細なことでも簡単に譲れないんですよ。私はお風呂を出る時に浴槽などを洗い、壁の水滴も拭くタイプです。しかし相手はそうではなく、そもそもお風呂の掃除は1週間に1回でいい。それも入る前にやればいいという考えでした。壁についた水滴などは全く気にならないタイプです。相手にとって私は「潔癖すぎる」、私にとって相手は「汚すぎる」という真逆の印象です。

私のお風呂掃除には一応の理由があります。まず第一に、毎日掃除をしないと汚いと思うからです。浴槽に入ればたくさんの汚れや脂が人間の身体から出ます。浴槽についたそれらの汚れは、時間が経つと落ちにくくなります。しかしお風呂を出る時に掃除をすれば、比較的簡単に落ちるからです。

また、壁の水滴は放っておくとカビの原因になります。冬場などは特に、お風呂を出るころには壁中に水滴が付着しています。この水滴を拭くのは大した労力ではありません。拭いておけば厄介なカビを多少なりとも防げると思うので、私は拭く方がいいと思っています。

しかし相手の言い分は違います。浴槽の掃除についてはそもそも毎日掃除をすると言う習慣がないし、汚れも気にならない。汚れているからと言って死ぬわけでもないから1週間に1回で十分。水滴だって毎日やるよりカビが生えたらカビを除去すればいい。こういう考えです。

お互いの主張を何度も言い合いましたが、結局お互いに譲ることも妥協点を見出す事もできませんでした。なんとか相手の意見の良い部分を探そうとしたのですが、私には出来ませんでした。当然相手も同じです。結果として、私が常に最後にお風呂に入り、出る時に全て掃除をするということになりました。

よく考えれば、この時点でお互い相当合わないんですよね。少しでも合う部分があればきっと妥協点を見いだせたと思います。ただここで大切なのは、別に相手のことを嫌いなわけではないんです。それこそ次の歌詞にあるような感じです。

 

憎みあうわけじゃないのに 
いっしょにいれば傷ついてく 
ぶつける場所みつからない 
そこに見えるは hole in my heart 

 

お互いどっちが悪いという訳ではないので、イライラをぶつける場所がないんですよね、この歌詞のように。傷付けたい訳じゃないのに、お互いがお互いの意見を主張することによって相手を否定し、結果として傷付けてしまう。本当に悪循環なんですよ、この状況。そしてこの歌詞は本当に見事すぎるくらいにピッタリなんですよね。この後のサビでも以下のように歌っています。

 

憎みあうわけじゃないのに 
これ以上は 進めないの 
ただ離れてゆくだけなの 
待っているのは hole in my heart 

 

憎みあうわけじゃないのに 
なにもかもはゆずれない 
耐えがたいこの歯がゆさよ 
楽にはなれない hole in my heart 

 

憎みあうわけじゃないのに」っていうのがポイントです。どちらかが簡単に相手の言うことを素直に聞ける性格なら良かったんですが、お互い頑固だとこうなってしまいます。お互い譲れないから全く前進しない。ケンカばかりの日々が続き、いつの間にか2人の間には微妙な空気が生まれます。

そうなると何をやるにも意見が合いません。お互いどちらも譲れない性格だと分かっているから、言い合いになる瞬間に結局解決しないことが分かります。嫌いじゃないけど、このまま一緒にいても楽しい時間を過ごすことができずにストレスばかりが溜まる生活。離れてしまえばどんなに楽になれるんだろうと思うけど、別れるのもどちらかが嫌だと言えば別れることもできない。

こんな状況が続くのなら、いっそのこと何かしら別れる原因が別にあればいいのにと思ってしまいます。そんな思いを抱きながらズルズルと続いていく。この曲はそんな2人を歌っているんだと私は思います。まぁ自分自身がそんな状況だから勝手にそう受け取っているのかもしれませんけどね(;^ω^)

LIVEで演奏してくれたら思いっきり一緒に歌って共感してストレス発散出来そうですけど☆

 

「B’z シングルタイトル曲 歌詞」の記事はこちら

「B’z シングル  2nd beat  歌詞」の記事はこちら

 
error: Content is protected !!