沢尻エリカさん 合成麻薬MDMA所持の疑いで逮捕される!!

沢尻エリカさん 合成麻薬MDMA所持の疑いで逮捕される!!

2019年11月16日16時過ぎ、女優の沢尻エリカさんが麻薬取締法違反(合成麻薬所持)の疑いで警視庁組織犯罪対策課に逮捕されたという衝撃的なニュースが入ってきました。来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演する予定だった沢尻さん。いったい何があったのでしょうか?

 

沢尻エリカさん 
合成麻薬MDMA所持の疑いで逮捕される!!

 

 

逮捕に至った経緯

 

警視庁が2019年11月16日朝から沢尻さんが家族と暮らす東京都目黒区碑文谷の自宅を捜索したところ、沢尻さんの自室の棚の中からMDMAの粉末が入ったカプセル二つが見つかったそうです。そして午前8時45分頃、自宅でMDMAを所持した疑いで逮捕となりました。

その後の調べで、沢尻さんは「私の物に間違いありません」と容疑を認めているそうです。

 

沢尻エリカさんのプロフィール

 

本名:澤尻 エリカ

生年月日:1986年4月8日

出身:東京都

身長:160cm

血液型:A型

母:アルジェリア系フランス人(アルジェリア生まれフランス育ちのベルベル人)

父:日本人

 

沢尻さんの美しさはハーフならではのものがあります。幼いころからその美貌は突出しており、小学校6年生の時に芸能界デビューを果たします。雑誌「二コラ」のモデルなどを経て順調にキャリアを積み、転機は2005年です。映画「パッチギ」の演技で一躍注目を浴びるようになり、同じ年に放送された初主演ドラマ「1リットルの涙」ではたくさんの人の心を打つ演技をしました。

翌2006年にはTBS系で放送の主演ドラマ「タイヨウのうた」で演じた“Kaoru Amane”名義で歌手デビューも果たします。順調にこのまま大女優の道を歩むのではないかと思われていましたが、2007年9月29日にあの事件が起こります。自身が主演する映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶で不機嫌そうな振舞いを行い、一気に世間からバッシングを浴びることになったのです。

少し詳しく説明すると、自身が主演で出演する映画のプロモーションのため舞台に立ち、司会者の方からコメントを求められるも沢尻さんは全く話そうとはしません。しかも腕を組んだまま不機嫌そうな表情で。司会者の方もプロモーションの舞台なので主演女優をそのままに帰すわけにはいきません。なんとか一言でも引き出そうと司会者の方が気を遣って「思い入れのあるシーンはありますか」と質問したところ、沢尻さんは「特にありません」の一言。会場の空気が一気に悪くなります。それでも司会者の方はめげずに頑張って、今度は撮影中にクッキーを焼いて差し入れしたことについてその心情を聞いたところ、沢尻さんは「べつ」の一言。

この模様は色々な場面で報道され、世間でも話題になりました。私も見ていましたが、正直女優さんが自分の主演映画のプロモーションの場でとる態度ではないと思いましたし、気分が悪くなりました。これをきっかけに2009年9月30日付けで前事務所のスターダストプロモーションとの専属契約が解消され、芸能活動を2010年春まで休止します。

その間にも世間を驚かせる出来事がありました。2009年1月7日、「ハイパーメディアクリエイター」という訳の分からない肩書きを持つ高城剛さんと結婚して世間を驚かせます。しかしわずか1年3ヶ月後の2010年4月27日、離婚の意志を表明。そして2013年12月26日、離婚が成立しました。

こうやって見ると波乱万丈な人生ではあります。しかし沢尻さんが凄いのはここから見事に復活したところです。2010年、たかの友梨ビューティークリニックのTVCM及び巨大広告が話題となり、2012年には女優復帰作となった主演映画「ヘルタースケルター」が公開され大ヒット。この映画での演技が評価され、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。女優としての才能は非凡なものなんでしょうね。過去の受賞歴などを見てもそれは分かります。以下に受賞歴や出演した映画やドラマを掲載しておきますので、目を通してみてください。

 

受賞歴

 

2006年度
  • 第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞、話題賞俳優部門 (『パッチギ!』)
  • 第79回 キネマ旬報 ベスト・テン新人女優賞 (『パッチギ!』『阿修羅城の瞳』『SHINOBI』)
  • 第18回 日刊スポーツ映画大賞 新人賞 (『パッチギ!』)
  • 第30回 報知映画賞 最優秀新人賞 (『パッチギ!』)
  • 第27回 ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞 (『パッチギ!』)
  • 第15回 東京スポーツ映画大賞 最優秀新人賞 (『SHINOBI』『パッチギ!』)
  • エランドール賞 新人賞 (『1リットルの涙』、『パッチギ!』)
  • 第43回 ゴールデン・アロー賞 新人賞 (『1リットルの涙』、『パッチギ!』)

 

2012年度

  • 第36回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 (『ヘルタースケルター』)

 

出演映画

 

公開 タイトル 役名 配給
2004年2月 問題のない私たち 新谷麻綺(主演) レジェンド・ピクチャーズ
2005年1月 パッチギ! リ・キョンジャ(ヒロイン) シネカノン
2005年4月 阿修羅城の瞳 谷地 松竹
2005年9月 SHINOBI -忍- 蛍火 松竹
2006年5月13日 間宮兄弟 本間直美(ヒロイン) アスミック・エース
2006年9月16日 シュガー&スパイス 風味絶佳 渡辺乃里子(主演) 東宝
2006年9月30日 オトシモノ 木村奈々(主演) 松竹
2006年10月21日 天使の卵 斎藤夏姫(ヒロイン) 松竹
2006年11月3日 手紙 白石由美子(主演) ギャガ
2007年9月29日 クローズド・ノート 堀井香恵(主演) 東宝
2012年7月14日 ヘルタースケルター りりこ(主演) アスミック・エース
2015年5月30日 新宿スワン アゲハ(ヒロイン) ソニー・ピクチャーズ
2018年2月1日 不能犯 多田友子(主演) ショウゲート
2018年6月23日 猫は抱くもの 大石沙織(主演) キノフィルムズ
2018年9月21日 食べる女 小麦田圭子 東映
2018年10月19日 億男 安田十和子 東宝
2019年9月 人間失格 太宰治と3人の女たち 太田静子(ヒロイン) 松竹

 

出演テレビドラマ

 

放送 タイトル 役名 放送局
2003年2月2日 ノースポイント フレンズ 岩佐マミ 北海道文化放送
2003年4月 – 6月 ホットマン 秋川さつき TBS
2003年7月 – 9月 ひと夏のパパへ さつき TBS
2004年1月 – 3月 桜咲くまで 若林菜穂子 毎日放送
2004年2月11日 冬空に月は輝く   フジテレビ
2004年4月3日 天国への応援歌 チアーズ 秋川ゆかり 日本テレビ
2004年11月23日 無名    TBS
2005年4月 – 6月 あいくるしい 木崎ほのか TBS
2005年9月10日 零のかなたへ〜THE WINDS OF GOD〜 ※文化庁芸術祭優秀賞受賞 大原美咲(ヒロイン) 朝日放送
2005年10月 – 12月 1リットルの涙 池内亜也(主演) フジテレビ
2006年7月 – 9月 タイヨウのうた 雨音薫(主演) TBS
2006年10月22日 天使の梯子 斎藤夏姫 テレビ朝日
2007年4月5日 1リットルの涙 特別編〜追憶〜 池内亜也(主演) フジテレビ
2012年2月1日 – 4月9日 L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 絵留絵夢(主演) BeeTV
2012年4月30日 悪女について ※平成24年度芸術選奨文部科学大臣賞(放送部門)受賞 富小路公子 (主演) TBS
2013年11月18日 時計屋の娘 宮原リョウ(主演) TBS
2014年4月 – 6月 ファースト・クラス 吉成ちなみ(主演) フジテレビ
2014年10月 – 12月 ファーストクラス 吉成ちなみ(主演) フジテレビ
2015年4月 – 6月 ようこそ、わが家へ 神取明日香(ヒロイン) フジテレビ
2016年1月22日 大奥 第一部「最凶の女」 お美代(主演) フジテレビ
2016年1月29日 大奥 第二部「悲劇の姉妹」 (主演) フジテレビ
2016年8月27日 盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜 ※24時間テレビSPドラマ 新井真由美(ヒロイン) 日本テレビ
2017年4月 – 6月 母になる 柏崎結衣(主演) 日本テレビ
2017年12月 – 2018年1月 不能犯 多田友子(ヒロイン) dTV
2018年7月 – 9月 ハゲタカ 松平貴子(ヒロイン) テレビ朝日
2019年5月22日 – 26日 白い巨塔 花森ケイ子(ヒロイン) テレビ朝日
2020年 大河ドラマ 麒麟がくる 帰蝶(濃姫) NHK

 

数々の作品に出演し、一度は芸能界を引退するところまで追い詰められながらも見事に復帰。そして来年2020年には、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」に出演が決まっていました。沢尻さんは大河初出演。今年3月の会見で感極まった表情でマイクを握ると「12歳で芸能界に入って、多くのことを経験させていただいて、たくさん失敗もして、挫折もして、ここまでやって来ることができました」と目が潤み「自分が持っているものすべてをこの作品に捧げたい。沢尻エリカの集大成をここで見せたい」と意気込んでいました。やっとここまで辿り着いたのに、本当に残念です。

 

合成麻薬MDMAとは

 

出典:Wikipediaより

 

「MDMA」を聞いたことがある人は多いと思います。そこで今回沢尻さんが手を出してしまったMDMAについて少し調べてみました。

MDMAは化学薬品を合成した麻薬で、メチレンジオキシメタンフェタミン(ethyleneioxyethmphetamine)の頭文字を取ったものです。覚せい剤と似た興奮・幻覚作用があり、「エクスタシー」や「バツ」「タマ」とも呼ばれています。MDMAは錠剤やカプセルなので、覚せい剤とは違って道具(注射器など)が必要ありません。そのため簡単に服用できてしまうので、若者を中心に広がっています。

1錠4千円程度で売られており、青や緑・黄色・オレンジなど、若者に受け入れられやすいようにカラフルな色が特徴です。

 

まとめ

 

今年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」も、出演していた俳優のピエール瀧さんが麻薬取締法違反の疑いで3月に逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決。NHKは急遽三宅弘城さんを代役に立てて撮り直しをしました。

今回の沢尻さんも来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、日曜20:00)に斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)(のちの織田信長の正妻)役でレギュラー出演。初回から登場しています。もし既に撮影が始まっているのであれば、おそらくこちらも代役を立てて撮り直しとなるでしょう。

沢尻さんに限らず、今年も多くの芸能人の方が違法薬物によって逮捕されています。沢尻さんは非凡な才能を持ち、せっかくここまで這いあがってきただけにこんな結果になりとても残念でなりません。今回は2007年の「べつに」とは比べようもない事件です。これからの捜査があるので今の時点でははっきりとは言えませんが、もし本当に薬物に手を出していたのであれば決して許されることではありません。今後は今までとは全く違う厳しさが待っていると思いますが、何とか立ち直ってもう一度頑張って欲しいですね。

error: Content is protected !!