【ライブ・ビューイング参戦】B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- ~セットリスト&感想~

【ライブ・ビューイング参戦】B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- ~セットリスト&感想~

2019年6月8日にスタートしたB’zのアルバムツアー「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」。サポートメンバーを一新して挑んだ31年目のB’z LIVE-GYMが、9月10日の福岡マリンメッセ公演でファイナルを迎えました。千秋楽の模様は、日本全国の映画館でコンサートを生中継で鑑賞できるライブ・ビューイングが実施されました。私は直前販売を狙ってましたが悔しくも惨敗しチケットをゲットできませんでした。気持ちを切り替えて映画館へ行って参戦してきましたのでセットリストや感想をまとめました♪

 

☆「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」関連記事

・会場別セットリストはこちら
・他公演での参戦レポートはこちら
B’zライブやセットリスト情報のまとめ

 

【ライブ・ビューイング参戦】
B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- ~セットリスト&感想~

 

 

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- ライブ・ビューイングとは

 

「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」は、2019年5月29日にリリースされたB’zの21枚目のオリジナルアルバム「NEW LOVE」を引っさげて開催されたツアーです。

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-

開催日程:2019年6月8日~2019年9月10日
公演数:16会場36公演

 

ライブ・ビューイングは、ツアー最終日となる福岡マリンメッセでの千秋楽公演の模様を全国各地の映画館で生で観るというイベントです。また後日、ディレイ上映として鑑賞することもできます。

今回のNEW LOVEツアーは、会場のキャパが小さいアリーナやホールでの開催が中心となったので、チケットを入手できないファンの方が多かったと思います。その救済措置の意味も含めたライブビューイングなのかな?と個人的には感じています。

 

☆「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」公演一覧はこちら
☆B’z歴代アルバム:ディスコグラフィー

 

ライブ・ビューイング日程

 

2019年6月8日に鹿児島アリーナからスタートした「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」。ツアー初日から約3ヶ月後の9月10日に福岡マリンメッセでツアー最終日を迎えました。千秋楽公演は上述のようにライブ・ビューイングが決定し、全国の映画館で観賞することができました。

今回のライブ・ビューイングは、千秋楽当日の「生中継」、後日上映される「ディレイ上映」の2パターンが用意されています。

生中継
9月10日(火)19時

ディレイ上映
9月14日(土)  13時
9月15日(日)  18時
9月16日(月・祝)18時

 

今回のライブビューイングは海を越えて台湾での開催も決定されました!!
台湾は生中継のみの上映(ディレイはありません)ですが、台湾の6つの映画館で開催なんて驚きです。台湾では2001年に「B’z LIVE-GYM in Taipei 2001」が行われましたし、台湾にもB’zファンが多いのでしょうね♪

 

☆【B’z 公演一覧】LIVE-GYM -1998年~2002年-はこちら

 

チケット料金

 

料金:4,800円(税込)

・全席指定
・保護者1名につき、3歳未満は膝上鑑賞は1名まで無料

 

ライブチケットがS席9,500円なので、参戦する場合に比べて料金は半額くらいですね。
約1年前の2018年9月にハワイで開催された「B’z Pleasure in Hawaii」公演もライブ・ビューイングが実施されました。そのときの料金も4,800円でしたので、今回も変わらずです。

 

 

 

セットリスト

 

9月10日 千秋楽「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」  セットリスト

  1. マイニューラブ

  2. MR. ARMOUR

  3. WOLF

  4. 俺よカルマを生きろ

  5. トワニワカク

  6. 今夜月の見える丘に

  7. 有頂天

  8. ultra soul

  9. 恋鴉

  10. ゴールデンルーキー

  11. Rain & Dream

  12. SICK

  13. マジェスティック

  14. 裸足の女神

  15. きみとなら

  16. RED

  17. イチブトゼンブ

  18. Still Alive

  19. デウス

  20. 兵、走る

    アンコール

  21. juice

  22. さまよえる蒼い弾丸

赤字:日替わり曲

 

いつもの1日目のセトリでした。
前公演の広島では、2日間とも日替わり曲の「RED」が演奏されたので、もしかしたら、2日目の日替わり曲「声明」が演奏されるのかも!?と考えてましたが、見事に予想外れました(*_*;

 

 

「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」会場別セットリスト

 

ライブの様子

 

私が今回のLIVEで最初に参戦したのは、ツアー初日の鹿児島アリーナでした。そのときのライブ様子と千秋楽を比べてみましたので、気になった点を紹介しますね。(「こんな感じのセリフを言ってました」という感じです。多少間違いはあると思うので、その点はお許しください)。

※ネタバレがあるので、閲覧はご注意くださいね。

 

稲葉さん:2曲目「MR. ARMOUR」後のMC

2曲目の「MR. ARMOUR」の後に、稲葉さんが観客に向かって「見えてますか~?」と聞いて、ステージ両脇にある使われていないスクリーンに小さく稲葉さんが映し出される演出があります。

この掛け合いの進化はこんな感じでした♪

 

ツアー初日 6月8日鹿児島アリーナ

稲葉さん:「せっかくあるからスクリーンを使いましょう」

最初はシンプルなセリフだったのですが、、、

 

ツアー中盤

稲葉さん:「見えて・・・?」
観客:「ない!!」

 

ツアー最終日 9月10日マリンメッセ福岡

稲葉さん:「見えて・・・?」
観客:「ない!!」
稲葉さん:「てない!?」

 

稲葉さんのこのトークが個人的に思いっきりツボに入りました。若干の顔芸が入ってた公演もあって、同じようで毎回違うこのシーンは毎回爆笑させてもらいました♪

 

モヒニちゃん:メンバー紹介

「SICK」後に稲葉さんがサポートメンバーを紹介するコーナーがあります。サポメン紹介でのモヒニちゃんの変化をまとめました。

 

ツアー初日 6月8日鹿児島アリーナ

モヒニちゃん:(無言)

稲葉さんに紹介されたときには、笑顔で頭を下げていたモヒニちゃんでした。

 

ツアー中盤

モヒニちゃん:「すごい!!」

日本語での挨拶は主に「すごい」だけでしたが、英語ではもっと話している公演もありました。

 

ツアー最終日 9月10日マリンメッセ福岡

モヒニちゃん:「私は日本が大好きです。日本が恋しいですが、すぐに戻ってきます。」

インターネットで日本語を覚えて、長文の挨拶を披露してくれました!!
その挨拶を聞いて、稲葉さんが「愛を感じますね」と言ってましたが、めちゃくちゃ愛を感じまくりましたよ~。モヒニちゃんの日本語が新鮮でしたし、なによりとてもカワイイ声でした!!

そして「すぐに戻ってきます」という言葉がとても気になっています。「もしかしてB’zのLIVEがまたあるの⁉」とか勝手に想像しちゃいました。

そう言えばモヒニちゃんは「フライドポテト」というフレーズがめっちゃ面白いらしく、この言葉を聞いたり自分で言ったりしては爆笑していたそうです。稲葉さんもなんで「フライドポテト」が面白いのか不思議そうでしたが、モヒニちゃんが「フライドポテト」という言葉にハマってると言ってました(^_^)

 

感想

 

「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」ツアー最終日もギリギリまで参戦を狙っていましたが、結局チケットをゲットできず。私にとっては悔しい思いで挑んだライブ・ビューイングでした。しかしいざ開演となると、映画館のスクリーンを通しているとしても千秋楽当日に間接的にでも参戦できたことを嬉しく思えてきました。B’zの松本さんや稲葉さんの様子を生で観れる上に、サポメンの素晴らしい演奏も味わえるのだからこんなに幸せなことはありませんでした!!

私はB’zのライブ・ビューイングに参戦するのは昨年のハワイ公演に続き2回目となりました。参戦した場所は異なりますが、今回の方が映画館内が盛り上がってました。声援や拍手される方が昨年より多くて、にぎやかな雰囲気でした。私は真ん中の列の席だったので、自分より前の列しか分かりませんが、みなさん着席したまま鑑賞していました。正直、開演するまでは立ち見する方がいるのかな??と気になってたので、ちょっと意外でした。

ライブビューイングについては立ってみる方と座ってみる方といて、揉めた人たちもいたそうです。私は座って見る派ですが、これはどちらが正しいというのはないんですよね。強いて言えば運営側がしっかりとルールを定めるべきだったと思います。立見席と着席する席を分けるとか、劇場自体を立ち見と着席で分けるとか。そうすれば揉めなくて済んだと思います。

終演後は、ものすご~く寂しくなってしまい ”2019年、令和初の夏が終わった、、、” という気持ちでした。次にB’zに会えるのは当分先ですよね。。。もしかしたら年内に新曲「きみとなら」のシングルリリースがあるかも!?と予想してます。「きみとなら」は凄くいい曲なので、ぜひシングルにしてほしいな~と思ってます。

寂しくはありますが、2019年の夏を楽しく過ごすことができて今年もB’zに感謝感謝です。

またこれからもB’zについて記事を書いていきますので、よろしくお願いします☆

 

☆「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」関連記事

・会場別セットリストはこちら
・他公演での参戦レポートはこちら
B’zライブやセットリスト情報のまとめ

error: Content is protected !!