【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 11/26 ぴあアリーナMM振替公演1日目セトリ

【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 11/26 ぴあアリーナMM振替公演1日目セトリ

2022年8月13日のぴあアリーナMM公演2日目の振替公演がついに本日開催されました。5月からスタートしたツアーも、2回の振替公演を残すのみとなりました。振替公演1日目のセトリなどをまとめましたので、よろしくお願いします。

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/14 マリンメッセ福岡A館公演【初日】 セトリ&参戦レポートはコチラ

B’z presents LIVE FRIENDS 配信ライブ セトリ&レポートはコチラ

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1 セトリ&レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演参戦レポートはコチラ

過去のB’zのツアー日程やセットリスト、その他B’zに関する内容はコチラ

 

【ネタバレ注意!!】B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 
11/26 ぴあアリーナMM振替公演1日目セトリ

 

 

「ぴあアリーナMM」について

 

今回の会場の「ぴあアリーナMM」ですが、ぴあ株式会社が運営する神奈川県横浜市西区みなとみらいにある音楽専用アリーナです。

ちなみに正式名称の決定以前は「ぴあMMアリーナ」でしたが、最終的に「MM」が後ろになったようです。

Wikipediaには以下のように書かれています。

 

2017年7月、チケット販売業のぴあがみなとみらい地区の38街区(みなとみらい大通り沿い)において4階建て・収容人数1万人規模(着席時)の大型音楽アリーナの計画を公表。佐藤工業の施工で同年12月に着工し、2020年3月に完成した。こけら落し公演は当初は4月25日に横浜出身のゆずが全国アリーナツアーの一環で行う予定だったが、新型コロナウイルス流行の影響により延期された(他のアーティストの公演についても改正・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令に伴い同様に延期または中止)。その後、情報誌『ぴあ』の創刊日でもある7月10日に開業することを決定、同日にはこけら落とし映像配信(事前収録)としてゆずが『栄光の架橋』を歌唱し、幕開きすることとなった。また、実際に客入れを行った有観客公演としては、錦戸亮のファンミーティング『RYO NISHIKIDO FAN MEETING 2020』(同年8月1日・2日開催)が初となった

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて問題となっているアリーナ不足の解消なども当アリーナの建設目的の一つに挙げられている。また、民間企業が単独でアリーナを運営するのは異例(同規模は国内初)のことである

当アリーナの特徴として音楽コンサートをメインとするものの、公演のジャンルについては限定せず、さらにアーティストとの距離感や音響・照明環境の強化に加え、機材搬入の効率化なども考慮した新しいタイプの音楽アリーナを目指している。この他、カフェやラウンジを併設し、アリーナ内での飲食も可能とする方針である

当アリーナは恒久施設ではなく、三菱地所が所有している土地(暫定施設の中古車センター「日産カーパレス」および「トヨタジョイパーク」跡地)を営業期間約30年間の定期借地としてぴあが借り受け、運営される。なお、38街区内の隣接地では首都高速道路神奈川局(地上10階建ての事務所と駐車スペース、2021年3月完成)が建設されており、横浜銀行本店ビルまで伸びているペデストリアンデッキを同局の建物(2階デッキ)を経由して当アリーナまで延伸し、桜木町駅方面から途切れることなく接続している

引用:Wikipedia

 

ぴあアリーナMMは完全に民間企業である「ぴあ」が運営してるんですね。

単なるネーミングライツかと思っていたので驚きでした。

 

収容人数

 

公式サイトによると、ぴあアリーナMMの収容人数は、着席で12,141人

今回のツアーの中では、大きい会場となります。

まぁ神奈川県での開催となると多くの人が集まるので、むしろ小さいくらいでしょう。

実際私もですが、周りの友人たちもファンクラブのチケット申込でほとんどの人が横浜公演は落選してました。

 

ぴあアリーナMMは設計上、観客とステージの距離を近くしたそうです。

先日、羽生結弦選手の「エピローグ」というアイスショーが開催された際にぴあアリーナに行ってきました。

12000人も入っているとは思えないほどコンパクトに感じましたね。

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 11/26 座席表

 

座席表ですが、公式サイトに掲載されています。

こちらから公式サイトの座席表へ飛ぶことができます。

 

座席表を見た時、ちょっと見にくそうというのが私の印象でした(;^ω^)

しかし、前述したように羽生結弦選手のアイスショーで入った時、かなり見やすかったです。

そして他のアリーナと違うと感じたのは、座席の「配置」と「座り心地」ですかね。

 

座席が他のアリーナに比べて、比較的ゆったりとしている印象です。

身長が高い私は、膝が前の席にぶつかってしまう事があるのですが、ぴあアリーナは少し余裕がありました。

そして長い時間座っていてもそれほど疲れることもなく、結構快適でした。

段差もちょうどいい感じで、身長の低い人でも前の人のせいで見えないという事は少なそうでした。

個人的にはかなりいい感じのアリーナだと思います。

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 11/26 セットリスト

 

2022年11月26日のセットリストです。
※赤文字は日替わり曲です

  1. SLEEPLESS
    ※B’z の LIVE-GYMへようこそ!
  2. Hard Rain Love
  3. ultra soul ※清さんソロ有
  4. イチブトゼンブ
  5. 愛のバクダン
  6. Daydream
  7. 山手通りに風
  8. マミレナ
  9. Thinking of you
  10. 裸足の女神 ⇒ 稲葉さんによる楽屋紹介(お菓子の種類は不明)
    ※松本さんソロ
  11. Highway X
  12. COME BACK -愛しき破片-
    ※メンバー紹介
  13. YES YES YES
  14. 兵、走る ※清さんソロ有
  15. ギリギリchop ※清さんソロ有
  16. リブ
  17. UNITE
    ※アンコール
  18. You Are My Best
  19. ZERO

 

 

アクセス

 

ぴあアリーナMMですが、各駅からは少し歩きます。

ただ、桜木町駅からはペデストリアンデッキがあるので、迷わず会場まで行くことができます。

 

ちなみにアクセス方法については公式サイトがとても詳しく説明してくれています。

こちらからぴあアリーナMMの公式サイトを参照してください。

 

 

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 11/26 まとめ

 

今回はチケットが取れなかったので配信LIVEで観る予定です。

一応ガチャガチャなどは回したいので、前乗りでオークウッドスイーツの最上階に部屋を取りました。

とても綺麗なホテルでテレビも大きく、配信LIVEも快適に観れそうです。

 

ツアーが5月に始まって、稲葉さんのコロナ感染などがあってここまで日が経ちました。

でも振り返ると早く感じるものですね。

その間に来年の稲葉さんのソロライブやプレジャーツアーの発表があったり、まだまだB’zのお二人はパワフルに活動してくれるみたいで安心しました。

 

実際、Twitterを見ていると今日の稲葉さんは絶好調だったようです。

あの年齢で本当に凄いことだと思います。

明日はいよいよ千秋楽。

ついに長いツアーも終わります。

もしかしたらプレジャーツアーの詳細の発表があるかもって、密かにドキドキしています。

それではまた明日、お会いしましょう☆

 

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 5/14 マリンメッセ福岡A館公演【初日】 セトリ&参戦レポートはコチラ

B’z presents LIVE FRIENDS 配信ライブ セトリ&レポートはコチラ

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1 セトリ&レポートはコチラ

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-の各公演参戦レポートはコチラ

過去のB’zのツアー日程やセットリスト、その他B’zに関する内容はコチラ

 

error: Content is protected !!