銀行の預金口座の種類 「普通」と「当座」の違いが分かりますか??

銀行の預金口座の種類 「普通」と「当座」の違いが分かりますか??

よく銀行振込などする際や口座引落しの手続きをする際、口座の種類の所に「普通・当座」と書かれているのを目にしたことはありませんか?ほとんどの方は「普通」を選ぶので気にしたことがないかもしれませんが、「当座」とはどのような口座か調べてみました。

 

他のお役立ち記事はコチラ

銀行の預金口座の種類 
「普通」と「当座」の違いが分かりますか??

 

 

普通

 

これは一番オーソドックスでみなさんがお持ちのほとんどの口座がこの「普通預金」でしょう。

ATMや銀行の窓口などで自由に預け入れや払い戻しができる預金口座の事を指します。この口座から様々な支払いを口座振替で自動で行うことができます。

 

当座

 

さて、今回のテーマでもある「当座預金」です。持っている人は少ないと思いますが、「当座」は、

手形や小切手の支払いに使われる預金

を指します。つまり法人や個人事業主の方が使用する口座なんですね。そのため一般の人には全く馴染みのない口座となります。

 

「普通預金」と「当座預金」の明確な違い

 

普通預金

 

  • 金利は変動金利ですが、利息がつきます。
  • お金の出し入れは自由ですが、1日辺りの引き出し金額には上限がある事が多いです。
  • 元本保証があります(元本1,000万円とその利息。それ以上は保証なし)。

 

当座預金

 

  • 利息はつきません。
  • お金の引き出しは小切手や手形を窓口に提示し、決済して現金化します(ATM利用不可)。1日辺りの引き出し金額に上限はありません。
  • 元本保証があります(上限はありません。全て保証されます)。

 

「普通預金」と「当座預金」の共通点

 

  • 1円以上・1円単位でいつでも預け入れることができます。
  • 公共料金などの自動引き落としができます。
  • 給与や株式配当金などの自動受け取りができます。
  • 預け入れの期間に定めがありません。

 

当座預金はすぐに作れるの?

 

当座預金口座を開設したいという場合、ネットや銀行ですぐに作れるのかと言うと、答えは「NO」です。普通預金口座を開設するのとは違い、銀行の審査があります。審査のためには書類を提出しなければならず、面接をする銀行もあるようです。普通の人が簡単に作れる口座ではないという事は覚えておきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?私自身、当座預金についてはずっと調べることもないまま過ごしてきていましたので、調べてみてスッキリしました。調べた結果、私には全く必要のない口座だという事が分かったので、それも1つの大きな収穫です。

日本の預金の利率は、今やとんでもないほど低い利率となっています。私が10代の頃、郵便局の定期預金の利率(普通預金よりも高い)は今と比べるとかなり高く、6%前後でした。お年玉などを貯めて、親に言われて定期預金をしていたのが懐かしいくらいです。今や定期預金の利率ですら「0.010%(2019年10月現在)」ですから、単純に約600分の1です。数字にすると驚きますよね?この20~30年でこれだけ変わってしまったんです。

利率はこんなに下がったんだから、他も一緒に下がっていれば納得もできます。例えばATM手数料とかですね。しかしATM手数料などはむしろ上がっているからおかしなものです。

普段おかしいと思うのは、「私たちは大切なお金を郵便局や銀行に預かってもらっている」という感覚です。そうではなく、実際には「私たちが貸している」んです。貸してるんだから利息をもらって当然なんです。でも実際にはATM利用料などを取られることが多々あります。おかしな話じゃないですか?私はいつもおかしいと思っているし、絶対にそういう手数料は払いたくないと考えています。

郵便局や銀行は私たちから借りたお金を運用して利益を生みだしています。極端な話で例えると、私が銀行に1万円を預けます(貸します)。銀行はその1万円を私の友達に借し、利息を1年間で1500円付けて11500円回収します。銀行の利益は単純に1500円ですね。一方私に対しては年に2回利子を付けて還元します。しかし大手メガバンクのその利率はなんと0.001%!! 実際の利子を計算すると、たったの10円。これが年に2回に分けて支払われます。ただし、この10円からは20.315%(所得税15%、地方税5%、所得特別復興税0.315%)が源泉徴収されます。

もし私が夜間や他行のATMを使ってATM手数料などが220円などかかってしまったら、あっという間に利子なんか消えてしまい、1万円貸したのにそれ以下になります。凄い仕組みですよね。貸した側がお金を引かれてマイナスになるなんて。何も考えずに銀行や郵便局って便利だと思って利用している人は少し考える必要があると思います。

ちなみに今この不況下のため、日銀がマイナス金利政策というものをとっています。これによって銀行はかなりの痛手を被っています。実はマイナス金利になるまでは、銀行は私たちが預けたお金をそのまま日銀に預けているだけで莫大な利益を得ていたのです。ところがマイナス金利になってしまったため、日銀に預けると逆にお金をとられるという事態になったのです。今まで楽に稼いでいた銀行もさすがに焦り、今は色々と収益を上げる方法を探しています。世間一般的な感覚からすれば当たり前だろ!!って感じですけどね。楽してお金を稼ぎすぎてたんですよ、銀行は。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、当座預金とはどういうものか分かっていただけたかと思います。普段使っている預金口座についてもみなさん一度お考えになられた方がいいと思います。賢く使えば下手な手数料を払わないで済む銀行もありますし、私はそういう口座を使っています。周りにもその方法を教えてみんなその口座を使っています。ぜひ一度自分が支払っている手数料などを確認してみると面白いかもしれません。人によっては年間1万円以上手数料などで支払っている人もいますからね。

 

他のお役立ち記事はコチラ

 

error: Content is protected !!