B’z 貴重&レアな過去動画 稲葉さんや松本さんのお宝映像も!!

B’z 貴重&レアな過去動画 稲葉さんや松本さんのお宝映像も!!

#Bz2019で始まった2019年。元旦から本日まで毎日池袋駅に通っていますが、残念ながら「#Bz2019」には出会えていません。ツアーの詳細も全て謎のままもうじき1週間。日々Twitterで情報を探している状態です。そんな中、B’zに関する貴重な動画などを発見したのでまとめてみました。稲葉さんや松本さん、B’zの歴史などが見えてきます♪

 

 

B’z 貴重&レアな過去動画
稲葉さんや松本さんのお宝映像も!!

 

 

B’zとサポートメンバーの誕生日一覧 ※全て2019年1月6日時点のものです

 

まぁ今さら感ハンパないですが、まずは基本中の基本をおさらいしましょう。メンバーの年齢を毎年確認するのが私の恒例行事となっています。その度に「みんな若いなぁ~」と驚かされます。

 

 

「B’z」の結成日:1988年9月21日(31周年)

 

ボーカル:稲葉浩志(いなば こうし)写真右から2番目

 

生年月日:1964年9月23日 (年齢 54歳)

性格:めんどうくさがりで、人の話を聞かない

実家:岡山県のイナバ化粧品がB’zファンの聖地として有名

趣味:サーフィン

 

ギター:松本孝弘(まつもと たかひろ)写真左から3番目

 

生年月日:1961年3月27日 (年齢 57歳)

愛称:Tak(タック)、松ちゃん

好きなアニメ:「あしたのジョー」「北斗の拳」

 

キーボード:増田隆宣(ますだ たかのぶ)写真一番左

 

生年月日:1961年2月26日(57歳)

愛称:社長(株式会社イクティズムの社長なのでこう呼ばれています)

 

ドラム:Shane Gaalaas(シェーン・ガラース)写真右から3番目

 

生年月日:1967年8月8日(51歳)

出身地:カナダ

所属バンド:Cosmosquad

 

ベース:Barry Sparks(バリー・スパークス)写真一番右

 

生年月日:1968年6月20日(50歳)

出身地:アメリカ合衆国

 

ギター:大賀好修(おおが よしのぶ)写真左から2番目

 

生年月日:1971年4月8日(47歳)

所属バンド:Sensation

 

全員私より年上なんですよね、、、。皆さん見た目が若いので年齢を知るとビックリしませんか?特にシェーンにいたってはずっと年下だと思っていましたからね(シェーンさん、ごめんなさい)。B’zのお二人やサポートメンバーのエネルギッシュな姿を見る度に、自分もまだまだやれるはずと毎回パワーをもらっています。

 

B’zがシングルTOP10のうち9作を独占した時の映像

 

 

2003年、34thシングル「IT’S SHOWTIME!!」発売と同時に「BE THERE」から「裸足の女神」までのシングル10作品をマキシシングル化して再発売しました。この時、オリコン週間シングルチャートトップ10に9作品がランクインするという快挙を達成!! 再発売した過去のシングルが軒並みランクインするなんてとんでもないことですよね(^_^)

唯一B’z以外でランクインしたのが2位に入ったSMAPの「世界に一つだけの花」です。国民的な楽曲になったことを考えると、仕方ないですね。その時のランキングが以下になります。

 

2003.4.7付 シングルTOP12
※集計期間 2003.3.24~2003.3.30※

1位  IT’S SHOWTIME!! (30万8262枚)

2位 世界に一つだけの花 (14万0144枚)

3位  BE THERE (6万9586枚)

4位  ZERO (6万8554枚)

5位  愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない (6万7803枚)

6位  LADY NAVIGATION (6万7374枚)

7位  Easy Come, Easy Go! (6万7180枚)

8位  ALONE (6万6502枚)

9位  BLOWIN’/TIME (6万6423枚)

10位  太陽のKomachi Angel (6万5926枚)

11位  裸足の女神 (6万5731枚)

12位  愛しい人よGood Night (6万5016枚) 

 

12位まであえて掲載したのですが、つまりこの時発売したB’zのシングル11枚が全て12位以内に入っているということです。ちなみに3月26日のデイリーチャートでは、1~11位までB’zが全て独占しました。その時のデイリーチャートが以下になります。

 

1位 IT’S SHOWTIME!!

2位 BE THERE

3位 Easy Come,Easy Go!

4位 ZERO

5位 LADY NAVIGATION

6位 ALONE

7位 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

8位 太陽のKomachi Angel

9位 BLOWIN’

10位 裸足の女神

11位 愛しい人よGood Night

 

うーん、圧巻です。面白いのはウィークリーチャートとデイリーチャートを比べてみると、ちょっとだけランキングが入れ替わっている点です。

 

自由の代償(未発表曲)

 

「B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」ではエンディング曲として流れていたこの曲ですが、いまだにCD化されていません。CD化されることを望んでいるファンが多い楽曲です。

 

 

この時もちろん参戦しましたが、エンディングにこの曲がかかって驚いたのをハッキリと覚えています。こうやって改めて歌詞を見ながら聴くといい曲ですね。人気があるのもよく分かります。

 

松本さん、ギターで君が代を演奏!!

 

 

君が代をギターで演奏するというのがそもそも珍しいことです。個人的に君が代は暗いイメージです。小さい頃は学校で何度も歌わされましたが、楽しい気持ちになった事はありませんでした。しかしこうやってギターで演奏すると、めっちゃカッコよくなるんですね!! まぁ松本さんが弾くからこうやってカッコよく聴こえるんでしょうけど。こんな舞台を用意したF1関係者もなかなか粋ですね☆

 

稲葉さんの過去のバンドの練習映像

 

 

これがいつの頃の動画なのか分かりませんが、よく撮った人がいましたね。相当貴重な映像です。かなり映像は荒いですが、稲葉さんの歌唱力の凄さは十分伝わってきます。キーの高さもXのトシさんを思わせるほどの高さです。もちろん努力もあるんでしょうけど、稲葉さんの場合はそもそも天性のものがあるんだと実感しますね。しかしこの時の他のメンバーは誰なんでしょう。稲葉さんと一緒にバンドをやっていたことは一生の想い出になっているでしょう。まだ稲葉さんと交流があるんでしょうかね?

 

まとめ

 

Twitterで色々とLIVEの情報を探していたらお宝映像が色々ありました。どこから見つけてくるのか分からないですが、素晴らしいなぁと思いました。B’zが好きで色々と見たり聞いたりしてきましたが、まだまだ知らない事だらけです。こうやって知らなかった情報に触れると嬉しいですね。また今後もなにか新しい情報があればちょこちょこ記事にしていこうと思います。

 

 

error: Content is protected !!