【ゆうこす】元HKT・菅本裕子さん住所など晒される‼脅迫行為に警告‼ 原因は1年前のイベントのチケットトラブル⁉

【ゆうこす】元HKT・菅本裕子さん住所など晒される‼脅迫行為に警告‼ 原因は1年前のイベントのチケットトラブル⁉

元アイドルグループ「HKT48」のメンバーでモテクリエーターの“ゆうこす”こと菅本裕子(25)が28日、ツイッターを更新。チケットトラブルへの対処を進めていると明かし、必要以上の脅迫に「適切な処置」を取ると警告しました。いったい何があったのでしょうか?詳細を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【ゆうこす】元HKT・菅本裕子さん住所など晒される‼脅迫行為に警告‼
原因は1年前のイベントのチケットトラブル⁉

 

 

元HKT・菅本裕子 脅迫行為に警告「適切な処置を取らせて頂きます」

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

元アイドルグループ「HKT48」のメンバーでモテクリエーターの“ゆうこす”こと菅本裕子(25)が28日、ツイッターを更新。チケットトラブルへの対処を進めていると明かし、必要以上の脅迫に「適切な処置」を取ると警告した。

 昨年5月19日に開催したセルフプロデュースの誕生日フェスで、プレミアムチケット購入者に私物をプレゼントするとしていたが、1年たっても何も届かず、購入者から不満の声が上がっていた。そこに今年の誕生イベントも行うと発表し、購入者の不満が爆発。緊急対応に追われていた。

 菅本は「昨日、スタッフさんと色々と確認が取れた為、チケット購入者さんの件ですが本日より順次対応を進めさせて頂いております。そして今回の件を機に?私の住所などを晒している方や、脅迫、必要以上の…そういうものは、申し訳ございませんが適切な処置を取らせて頂きます やめて欲しいです、すみません」と投稿。

 27日には「SNSも、対応終わるまで発信を控えさせて頂きます」としていたが、28日には一方的に撤回し「対応を終えるまで発信しませんと言ってましたが、これだけは伝えたくて…すみません」と断って、複数回投稿している。

 また、菅本が別アカウントでグチったことを、不満を漏らす購入者に対してだと誤解されていることに対しては「それは決してご購入者さんやファンの方に対してではないです。誤解を招くような発言をしてしまい、申し訳ございませんでした」と釈明。「今回の件は確実に私に非があること、理解しております」と責任を認めている。

 すみませんと断りながら、反論しているのが特徴。これが、1年間待たされ続けた購入者の怒りを増幅させているようだ。

 菅本は2011年にオーディションに合格。わずか1年後にグループを脱退し“裸一貫”から出直した。上京して苦労を重ねながら、SNSでフォロワーを爆発的に増やし、ユーチューブなどで活動。最近では配信で商品を売りまくるライブコマース事業で大成功し、年商数億円を稼いでいるという。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かくニュースについて見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

「ゆうこす」こと元HKT・菅本裕子さんが脅迫行為に警告をだした原因は?

 

この件はそもそも菅本裕子さんが昨年5月19日に自分で開催した誕生日イベントが原因となっています。

菅本裕子さんは5月19日から翌日未明に掛けて、「ゆうこす誕生日フェス」として自身の誕生日イベントを開催しました。

19日夕方からは下北沢で「ゆうこす商店街」として無料のイベントを行い、夜から未明にかけては同じく下北沢のライブハウスでスペシャルライブを開催。

 

問題はそのライブのチケットです。

チケットは2500円のチケットと2万5000円のプレミアムチケットの2種類用意されていました。

 

この2万5000円のプレミアムチケット購入者には

 

・ライブ最前列確約

・今回のグッズをすべてプレゼント

・打ち上げ参加券

ゆうこすの私物プレゼント

 

が付いていたんです。

熱狂的なファンなら25000円と高額でも購入しますよね。

 

ところが、「ゆうこすの私物プレゼント」が約1年経った今でも購入者に届いていないんです。

一部の方にだけ手違いで届いていないのかと思ったのですが、かなり多くの方に届いていないような内容がTwitterなどに書かれていました。

 

 

しかもチケットの購入者からは再三催促があったようですが、菅本裕子さんは一切回答せずに無視していたようです。

ところが今月25日になり、購入者からの説明が欲しいとの要求が一部ファンの間で話題に。

菅本裕子さんもさすがにこのまま無視することは出来ない状況となり、27日に自身のツイッターで、「去年の私の誕生日の時のプレミアムチケットご購入者さんに送るプレゼントをまだ配送できていない方が何名かいらっしゃるようで、今急いで当時の運営に連絡を取り、問題解決に向けて進めております」とツイートしました。

 

 

ところがまた問題が起きます。

実は菅本裕子さんは別のツイッターアカウントを持っており、上記のツイートをした27日にその別のツイッターの中でファンに対する不満をツイートしたとされ、なおさらファンは怒ったのです。

そのツイートの内容ですが、

 

野次馬野郎が一生つまらねえ人生送ってろよ

は?このタイミングでフォロリク2000きたんだが?キモすぎワロタ

 

という、かなりひどい内容です。

ちなみに今このアカウントは鍵がかかっているので許可をしてもらわないと見ることが出来ません。

 

 

このような菅本裕子さんの様々な対応に怒ったファンたちが菅本裕子さんの住所などを晒したり脅迫じみたことをしたようです。

 

「ゆうこす」こと元HKT・菅本裕子さんのプロフィール&経歴

 

プロフィール

本名: 菅本 裕子(すがもと ゆうこ)

愛称:ゆうこす

生年月日:1994年5月20日

年齢:25歳(2020年4月29日時点)

職業:モテクリエイター

出身地:福岡県北九州市

血液型:B型

身長:160cm

スリーサイズ:B:88 W:62 H:88

Twitter:@yukos_kawaii

Instagram:yukos0520

 

経歴

2011年4月 福岡県立八幡高等学校入学

2011年7月10日 HKT48第1期生オーディションに合格

2011年 8月 HKT48の1期生としてデビュー

2012年 8月18日 HKT48を脱退。料理の専門学校へ進学

2014年 調理師免許と食育インストラクターの資格を取得。お料理アイドルとして活動を開始するも低迷

2015年 講談社主催のオーディション「ミスiD 2016」で準グランプリを受賞

2016年 InstagramなどのSNSで発信をスタート。個人事務所「KOS」を設立

2016年 11月 YouTubeチャンネル「ゆうこすモテちゃんねる」を開設

2017年 9月 『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』(KADOKAWA)を発売

2018年 1月 事務所所属タレントオーディション「やりたい事をやって生きたいの」でプロデュース業を開始

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

脅迫はアカンかも知れないが、そもそも約束を果たさず、適切な対応もせず放置した菅本側に原因があるのは間違いないでしょう

 

脅迫はあかんけど、あなたの対応も悪いやろ!

 

そもそもプレゼントする私物を用意出来ないんだったら企画しなければ良かっただけ。
1年以上約束を守らない企画とかファンへの裏切り行為そのもの。
いくらファンでもキレるのは当たり前。
何で住所晒されたり脅迫される前に対応出来なかったのか疑問。

 

脅迫もダメだけど…
何で私物プレゼントを一年以上放置?
そんなにもったいぶる必要あるのか?
それって詐欺じゃん…
先ずお前が適切な措置してから言えよ…

素行不良でHKT解雇されただけのことはある。永遠に元HKT呼ばれ…今のHKT関係ないのにHKTは風評被害だな…
この前、大麻で逮捕された元メンバーといい…

 

脅迫はやりすぎだし、やってはいけない事と前置きするが、問題はこの人も詐欺紛いと言わざるを得ない問題行為をしてる点である。これではそりゃあ怒りたくもなるし、今後、脅迫の案件を裁判で争うとしても過失相殺になる可能性もある。

 

あかんやつやん。
元はと言えば自分が悪いのに(スタッフかもしれんが)、説明もないまま1年はないでしょ。
自分がプロデュースのイベントならなおさら。

脅迫や個人情報さらすのはダメだけど、対応が失敗。
私は悪くないと思ってるのが見え見え。

 

まとめ

 

このニュースですが、第三者的な視点からするとそもそも菅本裕子さん側の対応に問題があるようにしか思えません。

高額のチケットを買ってもらっているにもかかわらず、約1年も放置というのはあり得ないでしょう。

 

もしかしたら一緒に開催した運営会社が菅本裕子さんの私物を預かっていて、送っていなかっただけなのかもしれません。

そうだとしても、本人がセルフプロデュースしたイベントであればしっかりと管理しないといけないでしょう。

それに今までに何度も購入者から問い合わせがあったようですから、もし運営会社が忘れていたとしたらその時に運営会社に問い合わせをすれば分かるはず。

しかし無視しているところを見ると、やはり菅本裕子さんが意図的に無視していたような気がします。

 

こんな状況であれば、買ったファンからすれば「詐欺じゃないか?」と怒るのも当然です。

私がもしファンだったら、プレゼントは届かない、問い合わせても無視されるという状況なら、被害者の会を作って警察に届けることを考えるでしょう。

ただどんなに腹が立っても、購入者も脅迫まがいのことをしてはいけません、犯罪ですから。

その点はファンの行動にも非があります。

 

しかしどう考えても今回の件については菅本裕子さんのひどすぎる対応が原因でしょう。

忙しくて手が回らなかった、忘れていた、面倒だった、提携した会社に任せていたなど、言い分はあるでしょう。

が、どんな理由であれ途中でどうにか出来たことですし、ここまで放置してきたことは許されることではありません。

めんどくさいなど、ちゃんと最後までイベントの管理できないのであれば、そんなチケットを売るべきではないでしょう。

すごく人気のある方なんでしょうけど、それならなおさら責任を持たないといけません。

 

自分がルールを守っていないのに、いざ自分が危ない立場になったら法的な措置を取るぞというのはちょっとおかしいと思います。

自分は犯罪を犯していないという認識なんでしょうけど、やってることは詐欺同然です。

正論を述べる前にまずは自分が約束を守るべきですし、問い合わせなどには真摯に答え、事情をしっかりと説明するべきでしょう。

そういったことを一切せずに今回のような対応をするのは疑問しかありません。

 

ものすごい影響力を持った方のようですが、とても残念ですね。

ただこんな状況でも応援している盲目的なファンも多いようです。

少しはお金儲け以外の視点でファンのことを見てあげて欲しいものです。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!