生後11か月の娘を浴槽に沈め殺害‼河口美穂容疑者の顔画像やfacebookは?育児ノイローゼか?北海道釧路市

生後11か月の娘を浴槽に沈め殺害‼河口美穂容疑者の顔画像やfacebookは?育児ノイローゼか?北海道釧路市

生後11か月の長女を浴槽に沈めて殺害したとして、北海道警釧路署は23日、釧路市星が浦大通、無職河口美穂容疑者(33)を逮捕しました。河口容疑者は夫と楓ちゃんと3人暮らしでしたが、事件は夫が不在の時に起きてしまいました。事件の詳細を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

生後11か月の娘を浴槽に沈め殺害‼河口美穂容疑者の顔画像やfacebookは?
育児ノイローゼか?北海道釧路市

 

 

母親の河口美穂容疑者、生後11か月の長女を浴槽に沈める…夫は当時不在

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

生後11か月の長女を浴槽に沈めたとして、北海道警釧路署は23日、釧路市星が浦大通、無職河口美穂容疑者(33)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。長女は搬送先の病院で死亡が確認され、同署は殺人容疑に切り替えて調べている。

 発表によると、河口容疑者は23日午前7時30分頃から午後5時頃までの間、自宅の浴室で、長女の楓ちゃんを浴槽に沈めて殺害しようとした疑い。

 河口容疑者は夫、楓ちゃんと3人暮らし。事件当時、夫は不在だった。同署が詳しい状況や動機を調べている。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かくニュースについて見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

河口美穂容疑者が楓ちゃんを殺害した犯行動機は?

 

今のところ詳しい状況は報じられていません。

ただ、河口美穂容疑者は犯行を認めているようです。

 

私は子育ての経験がありませんが、周りの子育てを経験した母親に話を聞くと、想像を絶する苦労があったそうです。

ハッキリ言って母親一人で子育てをするのはほぼ無理だと思うほどです。

みんな無事に子育てが出来ていますが、何度も殺意を覚えたという母親もいました。

その話を聞いていた他の母親も、「その気持ちわかる」と共感していました。

つまりそれほどまでに子育ては大変だという事です。

 

河口美穂容疑者はシングルマザーではなく、旦那さんがいます。

旦那さんがいるから協力してもらえばいいじゃんと思いますが、そういう問題でもありません。

おそらく旦那さんは普段仕事に出ているでしょう。

そうなると河口美穂容疑者と子どもだけの時間がとても多くなります。

 

近所に自分の両親や兄弟がいたり、とても仲の良いママ友などがいれば話は別ですが、もし近くに頼れる人がいなければ完全に一人で面倒を見なければいけません。

旦那さんが休みの日は少しは手伝ってくれるかもしれませんが、それでも完全に育児から離れられるわけではないでしょう。

積もり積もったストレスで徐々に精神がおかしくなり、ついに限界に達してしまったのではないでしょうか?

 

河口美穂容疑者の顔画像やSNSは?

 

色々なニュースやネットなどで調べてみたのですが、今のところ顔写真など公開されていないようでしたし、もしあったとしても今回の事件の内容だと公開する気にはなれません。

 

また、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)のアカウントを検索してみたところ、河口美穂容疑者のものと思われるFacebookのアカウントがありました。

楓ちゃんと思われる画像などをアップしていたりしますが、投稿は全くありませんでした。

100%と断言できませんし、見ていて切なくなってしまったのでこちらには記載しません。

 

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

河口美穂容疑者のプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:河口 美穂(かわぐち みほ)

年齢:33歳(2020年4月24日現在)

住所:釧路市星が浦大通3丁目

職業:無職

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

河口美穂容疑者が楓ちゃんを殺害した事件現場はどこ?北海道釧路市星が浦大通3丁目

 

 

映像から場所は特定できましたが、個人的な判断で掲載はしません。

ご主人様がいらっしゃいますし、その点を考えてのことです。

ご理解ください。

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

産後うつは15%の人に起こる。
「未熟だ」「虐待だ」「親の資格なし」と批判するのは、ただの思考停止だ。
これは社会として取り組むべき問題。
多くの人がもっともっと産後うつに関する知識を得て、理解をして、社会としてサポートする仕組みがないと、孤立する母親がただ苦しむだけになり、今後も同様の事件が起こってしまう。

 

このままは殺めてしまうと相談したらそれはそれで周りから責め立てられるのが現実。
保健所や児童相談所っていざ相談しようと思って連絡しても
ネットに書いてあるようなことしか言ってくれないんです。
私も次男を出産後、産後鬱になったときに頼りにならないと痛感しました。
もちろん地域や職員の方にもよるのでしょうが。

藁にもすがる思いで連絡しても結局ありきたりなことだけ言われてしまうと余計に絶望感で一杯になる。

体罰が虐待だと法律を作るよりも
もう少し子育てする親達を見守りサポートする方に力を注げば
こう言った悲しい事件は減るのではないでしょうか。

ご冥福をお祈りします。

 

子供を家で見るのは、凄く孤独。
だから、支援センターで遊ばせたりして
息抜きをしていたという人もいるのに、
今はコロナで支援センターも開いてない。
外出もしてはいけない。
外出してはいけないのはわかっているけど、
家に子供と二人は本当に孤独。

 

私も一児の母です。
実際生まれる前は、こういった事件を聞くと、
“酷いことするな”と思っていましたが、
いざ自分が親になり、子供を育ててる中
こういった事件を聞くと、
“泣き止まないし寝ない。自分もいっぱいいっぱい。と何度も思ったから、他人事じゃない”
と胸が痛くなります。
ただ、周りに助けを求める勇気が必要だったのでは。

 

悲しすぎる事件。産後うつだったのかな…周りに頼りたくても頼れない人っていると思う。自分が頑張らなくちゃと頑張りすぎちゃうお母さんが多い。

赤ちゃんは話せないから、一日中泣きっぱなしのことだってあります。そんな時は少しくらいほったらかしにしたって大丈夫です。違う部屋にいきましょう。もし部屋がないならトイレでもいい。

男の人には理解できないこと沢山あると思うけど、大人と話せないストレスって半端じゃないです。

ほんとにあってはならない事件だけど、自治体とかもう少し親身になってあげてほしい。ただ、距離感は難しいから、ほんとに深刻な問題です。

赤ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 

子供を産んで初めて、子育ての苦労を知りました。
想像していたこととは全て違うし、雑誌に書いてあることも違う。妊婦はこんなに疲れて体が重くて胃が圧迫されるなんて知らなかったし、産むのも痛くて、産んでからも体が痛くて、母乳も当たり前に出ると思ってた。でも、それを教えてくれる人はいませんでした。赤ちゃん可愛い、それだけで。
snsみてると他人の育児がうまくいってるように見えたり、キラキラして見える時もある。

どんな理由があっても絶対起きてはならなかったことだし、子供の笑顔を見たら、イライラも吹き飛ぶもの。

このお母さんは1人だったのかな…

 

まとめ

 

まだ事件についてはほとんど分かっていないので何とも言えませんが、もし育児ノイローゼなどであれば、本当に悲しい事件です。

子どもが心の底から憎くて殺してしまった訳でもないでしょうし、虐待していた訳でもないでしょう。

むしろ可愛いと思っていたでしょうし、一人で何とかしなければと抱え込んで、ついに限界を迎えてしまったような気がします。

真面目すぎるがゆえに起きてしまった事件じゃないでしょうか?

 

普段旦那さんがどのように育児にかかわっていたのか分かりませんが、奥さんの異変に気付けなかったのでしょうか?

もしそうだとすれば、今頃旦那さんも自分を責めているでしょう。

 

最近こういった事件を目にする機会が増えているような気がします。

逆に言えば、こういう事件を減らすために、行政の方でも何かしらの対策を練る必要があるのではないでしょうか?

もちろん相談窓口などは既にあるとは思いますが、その窓口が機能していないという事です。

窓口を機能させるためにどうするのかを考えるときでしょう。

 

そして何よりもわずか11ヶ月という短い時間で命を失ってしまった楓ちゃんがかわいそうで仕方ありません。

どうか生まれ変わったら幸せな人生を歩んで欲しいと思います。

楓ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

【4/25追記】 出産直後から市役所に育児相談をし、サポートを受けていた

 

「申し訳ない…」生後11か月娘を水没させ殺人未遂で女逮捕…育児相談した役場に夫が“後悔の連絡”

女は出産直後から市役所に育児相談をし、サポートを受けていたことがわかりました。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、釧路市の無職・河口美穂容疑者(33)です。

 河口容疑者は4月23日午前7時半ごろから午後5時ごろまでに、自宅で生後11か月の長女・楓ちゃんを湯を張った浴槽に水没させ殺害しようとした疑いが持たれています。

 楓ちゃんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

 午後5時ごろ、夫が帰宅した際、楓ちゃんは意識不明の状態で浴槽の中にいたということです。死因は溺死でした。

 河口容疑者は、夫と楓ちゃんと3人暮らしでした。

 自宅の中は散らかっている様子はなく、付近住民が、数日前にベビーカーを押す母親を目撃した際には変わった様子がなかったということです。

釧路市によりますと、河口容疑者は、子育てを手伝ってもらえる親戚などが近くにいないことから、釧路市に育児相談をしていて出産直後の2019年5月から7月まで家庭訪問支援を受けていました。

 市は、楓ちゃんの沐浴やミルクの与え方などをサポートし、発育などに問題はなかったといいます。

 しかしその後、育児に悩むなどして、河口容疑者の体調が悪化。夫と相談し治療に専念するため、釧路児童相談所に楓ちゃんの一時保護を依頼。2019年12月ごろから3月末までに2回、一時保護されたということです。

 一時保護を終えた後も、河口容疑者の体調に浮き沈みはあったということで、4月から保育園の入園が決まり、夫がご飯支度や送り迎えをするなどして支えていたとみられています。

 4月22日に楓ちゃんが体調を崩した時にも夫婦で看病。その際、河口容疑者の体調が良かったことから翌日の23日に夫が子育てを任せたところ、事件が起きたということです。
 
 事件直後、釧路市の担当部署などに河口容疑者の夫から「支えてもらっていたのにこんなことになってしまい、申し訳ありませんでした。体調が良かったように見えたので妻に預けてみようかと思った」などと連絡があったということです。

 河口容疑者は容疑をおおむね認めていますが、警察は、責任能力があるか慎重に調べるとともに、殺人容疑に切り替えて25日に送検する予定です。

引用:ヤフーニュース

 

やはり河口美穂容疑者は近くにサポートしてくれる親戚などがおらず、釧路市に相談しながら頑張っていたんですね。

旦那さんも一緒になって河口美穂容疑者と楓ちゃんそれぞれにとって一番良い方法を探していたようです。

 

たしかに河口美穂容疑者は楓ちゃんを殺害してしまいましたが、同情の余地が多い事件だと私は思います。

誰が悪いわけでもなく、みんなが良い方向へ進むように努力していたことは間違いありません。

裁判では十分にみんなの努力を勘案してあげて欲しいと思います。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!