【奈良のダムに男子高校生転落事故】ダムに転落した男子高校生が遺体で発見!!奈良県五條市

【奈良のダムに男子高校生転落事故】ダムに転落した男子高校生が遺体で発見!!奈良県五條市

昨日、奈良県五條市の猿谷ダムに京都市の男子高校生(16)が転落したというニュースがありました。転落した男子高校生の捜索は続いていたようですが、先ほど遺体で発見されたというニュースが入ってきました。ニュースの内容を見ていきましょう。

 

 

【奈良のダムに男子高校生転落事故】
ダムに転落した男子高校生が遺体で発見!!奈良県五條市

 

 

ダムに転落した男子高校生が遺体で発見 奈良・五條市

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

奈良県五條市のダムに転落し、行方不明になっていた男子高校生が、21日、遺体で見つかりました。

20日、午後1時過ぎ、五條市の猿谷ダムで、京都市に住む男子高校生(15)が転落しました。男子高校生は、友人4人と友人の父親のあわせて6人で観光で奈良県を訪れていて、ダムの水面近くまで下りている友人の後に続こうとした際に、誤って斜面から転落したということです。警察と消防は、男子高校生の行方を捜していましたが、21日、午前11時20分ごろ、岸から15メートルほど離れた水の中で男子高校生の遺体を見つけました。死因は溺死ということです。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かくニュースについて見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

男子高校生が猿谷ダムに転落した原因は?

 

亡くなった男子高校生は4月20日、友人4人と友人の父親(49)の計6人で、車で観光に来ていました。

午後1時過ぎ、先に友人3人が路上からダム湖の方向に下りていき、男子高校生は残った友人と2人で後を追いかけている途中、足を滑らせ約20m下の水中に転落したとみられているそうです。

 

ダムに簡単に入れるのであれば、落下防止のために何らかの柵などなかったのでしょうか?

今後のことを考えると、至急対策した方がいいと思います。

 

男子高校生が転落した猿谷ダムはどこ?奈良県五條市大塔町辻堂

 

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

大人がまず旅行に行くのを止めるべきだった。
ダムにいた時も何をしていたのか…
亡くならずに済んだ命だっただろうに。

 

休校措置のこの時期に友達と圏外に観光?
そういう危険なことをさせないために大人がいるんじゃないの?
なんか色々おかしいなと思う。
そこで遊んだことも、行ったことも、行かせたことも全部なんで?と思ってしまう。

15歳、若くてまだまだこれからなのに。残念です。

 

大人が同行して観光?
今の時期、この状況の中で観光に行く事をどう思って居るのか?普通は行くのを止めるのが大人の判断では無いですか?
人災です、亡くなった家族の後悔、悲しみが胸を痛めます
ご冥福をお祈りします
そして今、緊急事態宣言の理解を再確認して
責任、節度ある行動をして欲しいですね。

 

学校が休みなのはコロナに
感染しない・させないため。

国も地方自治体も外出は自粛するよう
お願いしている。

それでも近県に遊びに出かけ、この有様。

それも友人の親も同行。

残念ながら どうしようもない。

 

まだ高校生なったばっかり。
コロナ自粛やのに遊びに行ってとか叩かれてるけど、残念です。
人生楽しいのこれからやのに。

 

なんか、食事しようとして店に行ったが、まだ開いてなかったから時間潰しに、下に降りてったらしいけど。15才、大人も居たら防げた気がする。痛ましいです。

 

同行していた大人の責任は大きい。ダムになぜ降ろしたか?なぜこの自粛の最中大人数で出掛けたか?しかも家族では無い。水辺に複数の子供…大人1人じゃ無理。というかそもそもダムって降りていいの?

 

まとめ

 

この事故についてはやはり今の状況の中でなぜ観光へ?という事を思わずにいられません。

ましてや子どもたちだけではなく、保護者がいたわけですから。

 

これはどうしようもなかったという事故ではなく、むしろ防げた事故です。

家でじっとしているのも辛く、気分転換をしたいという気持ちは理解できますが、自粛の意味を理解して自宅へいれば起きなかった事故です。

自粛に飽きて外出したいという人も多いかもしれませんが、こういう事も起きますので、改めて気持ちを引き締めないといけません。

 

亡くなった男子高校生にはまだまだこれからの未来がありました。

今何を言っても時間が戻るわけではないのでどうしようもないのですが、本当に残念です。

何とか助かって欲しかったです。

 

亡くなられた男子高校生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

error: Content is protected !!