【国交省男性職員ひき逃げ】専門学生・伊藤桃花容疑者の顔画像やfacebookは? なぜ逃げた?男性は路上で寝ていた?愛知県豊田市

【国交省男性職員ひき逃げ】専門学生・伊藤桃花容疑者の顔画像やfacebookは? なぜ逃げた?男性は路上で寝ていた?愛知県豊田市

20日未明、愛知県豊田市で45歳の安藤尚也さんがひき逃げされ死亡した事件で、現場から逃走していた20歳の専門学生・伊藤桃花容疑者が逮捕されました。この事件、逃げた伊藤桃花容疑者は確かに悪いのですが、個人的にはかなり同情します。事件の詳細を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【国交省男性職員ひき逃げ】専門学生・伊藤桃花容疑者の顔画像やfacebookは?
なぜ逃げた?男性は路上で寝ていた?愛知県豊田市

 

 

死亡ひき逃げで専門学校生・伊藤桃花容疑者を逮捕

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

20日の未明に愛知県豊田市の市道で血を流して倒れていた男性が見つかってその後死亡したひき逃げ事件で、警察は20歳の専門学校生を逮捕しました。

20日午前0時すぎ、豊田市神田町の市道で、岐阜県瑞浪市に住む国土交通省職員の安藤尚也さん(45)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、運ばれた先の病院でおよそ1時間半後に死亡しました。
警察は、現場の状況などからひき逃げ事件として捜査していましたが、防犯カメラの映像などから愛知県みよし市に住むウエディング関係の専門学校に通う伊藤桃花容疑者(20)を安藤さんをひいたあと救護措置をとらずにそのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
警察によりますと、調べに対し容疑を認めていて「パニックになり怖くなって戻ることができなかった」と供述しているということです。
警察によりますと、伊藤容疑者が運転していた軽乗用車には大きな損傷はなく路上に横たわっていた安藤さんをひいたとみられるということで、警察は事故当時の詳しい状況やいきさつを調べることにしています。

引用:NHK NEWS WEB

 

ここからはちょっと細かく事件について見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

伊藤桃花容疑者が安藤尚也さんをひき逃げした理由は?

 

今回のひき逃げ事件に関しては、伊藤桃花容疑者は酒を飲んでいた訳でも無免許でも何でもなく、普通に運転していたら道路に人が寝ていて撥ねてしまったという状況のようです。

時間も深夜帯。

伊藤桃花容疑者の前方不注意かもしれませんが、場所によっては全然横たわっている姿が見えず、気付いたら手遅れというケースも考えられます。

 

本人は「パニックになり怖くなって戻ることができなかった」と供述しています。

おそらく人を轢いてしまったという認識はあったんでしょう。

いったいどういう状況で事故が起きたのか分かりませんが、逃げずに通報しておけば良かったのにと思ってしまいます。

 

伊藤桃花容疑者の顔画像やSNSは?

 

今のところ顔写真などは公開されていないようでした。

また、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)のアカウントも検索してみたところ、伊藤桃花容疑者のものと思われるアカウントはありました。

内容的にも本人のアカウントだと思われますが、100%本人のアカウントとは断定できませんでした。

また、今回は事件の内容的に公開することは控えたいと思いました。

 

伊藤桃花容疑者のプロフィール。専門学校はどこ?

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:伊藤 桃花(いとう ももか)

年齢:20歳(2020年3月21日現在)

住所:愛知県みよし市南台

職業:ウエディング関係の専門学生

 

通っていた専門学校はウエディング系ということは分かっています。

 

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

伊藤桃花容疑者が安藤尚也さんをひき逃げした事件現場はどこ?愛知県豊田市神田町2丁目

 

 

ニュースの映像を見る限りこの辺りだと思われます。

周りに飲食店など見当たりませんし、まだかこんなところに人が寝ているなんて誰も思いませんよね。

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

ひいたことも逃げたこともよくないが、道路に横たわってる人にも問題あるだろう。

 

実際、運転手の立場だったら、青ざめてどうしたらいいか分からなくなるかも。
「逃げた」というより、「何もできなかった」だと思う。
そんな臨機応変にイレギュラー事態に対応できるほど20歳そこそこの学生は人生経験積んでないでしょ。自衛官や医師とかなら分かるけど。飲酒運転やスピード違反でもなさそうだし、これは道路に横たわってる方も問題だよ。

 

そりゃ普通パニックになるだろ
道路に横たわってない人間が横たわってるんやから

運が悪いとゆうか…これでも車側の責任だわね…

そこら中に今はカメラあるし、何にしても逃げ得はないからね。

 

昔蒲田駅付近で道路で酔い潰れている人を何度も見かけた。ドライバーさんたちは避けて走らなくてはならないためかなり迷惑だと思った。

今回の加害者は20歳の未来がある学生。
たしかに逃げたのが一番悪いことだが、路上で寝ている人に対する罰則を重くしてほしい。

 

道路は人間が横たわるところではありません。
線路も同じです。
踏切に横たわっていて列車に轢かれたら人が悪くて、車に轢いたら車の方が悪いというのはおかしい。

 

その場で通報してれば、
逮捕はされるが1日の勾留で出てこれる。
が、逃げちゃったのか…
誰か一緒に乗ってたり、その場に誰かがいればなぁ。
メンタルケアしてやらないとダメだわ。
それにしても本当に道路で横たわってたのが、
病気とかでも無く泥酔状態とかだったら、
そういう場合は何でも逮捕はもう時代錯誤だと思うわ。
酒を飲むのも自己責任だろうが。

 

道路に人が寝てたら、自分も止まれたか不安。
超想定外の出来事で色んな事考えてしまったんでしょう。

 

まとめ

 

ニュースの報道を見る限りでは、車に初心者マークがついていました。

年齢も20歳ですし、まだ免許を取得してからそれほど経ってなかったんでしょうね。

 

車という乗り物はとても便利ですが、一方でとても危険な凶器にもなります。

飲酒運転やあおり運転などはもってのほかですが、普通に運転していても場所や状況によっては事故を防げない場合もあります。

 

今回の事件では、亡くなった国土交通省職員の安藤尚也さんは道路に寝ていたとの事。

車が走る車道に人が寝ている事がそもそも問題です。

特に今回は深夜という時間帯で、運転する側からすれば日中に比べて視界がかなり悪くなります。

そんな状況の中、道路で寝ている人間を避けなければいけないというのは、正直運転する人間にとって酷だと思います。

 

少し厳しい言い方をすれば、道路に寝ている方が悪いです。

たしかに運転する人間は前方をよく確認していなければいけませんが、それでも運転手が全部悪いというのは可哀想です。

 

車を運転していると分かりますが、歩行者がとんでもなくむちゃな横断をしてきたり、飛び出してくる事もあります。

法律では運転する人間を罰することばかり定められていますが、飛び出したり車道で寝るなどの危険行為をする人間にも罰則を与えるべきじゃないでしょうか?

45歳の国土交通省職員ともあろう方が深夜に道路に寝ているなんてちょっと信じがたいです。

 

今後は運転する側はもちろんですが、歩行者や酔っ払いにも罰則を制定し、みんなでルールを守る必要があると思います。

それが交通事故を減らす一番の方法ですし、人生が狂ってしまう人が減る近道でしょう。

 

伊藤桃花容疑者は逃げてしまったことを反省しなければなりません。

ただ今回の状況で、免許を取得したばかりの人生経験も短い20歳の女の子にパニックになるなというのは酷なことです。

仮に私が伊藤桃花容疑者の立場でも一瞬パニックになると思います。

 

ただ逃げてしまったことは命を軽んじてしまったということ。

その点は今後の人生においても絶対に学ばなければいけない事ですし、反省すべき点です。

 

その上でしばらくは運転を止め、新たに人生を歩んで欲しいです。

まだまだ若いんですから、これで人生が終わりだとは考えて欲しくないですね。

 

亡くなられた安藤尚也さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!