【心愛ちゃん虐待死】栗原勇一郎被告に懲役16年!!判決は妥当か⁉なぜ2年減刑された?千葉県野田市

【心愛ちゃん虐待死】栗原勇一郎被告に懲役16年!!判決は妥当か⁉なぜ2年減刑された?千葉県野田市

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さんが昨年1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死などの罪に問われた父親、勇一郎被告(42)に懲役16年(求刑懲役18年)が言い渡されました。個人的にはこの刑は軽いとしか思えません。判決について詳しく見ていきましょう。

 

 

【心愛ちゃん虐待死】栗原勇一郎被告に懲役16年!!
判決は妥当か⁉なぜ2年減刑された?千葉県野田市

 

 

心愛さん虐待死、父親の栗原勇一郎被告に懲役16年

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が昨年1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死などの罪に問われた父親、勇一郎被告(42)の裁判員裁判の判決公判が19日、千葉地裁であり、前田巌裁判長は懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 これまでの公判で勇一郎被告は傷害致死罪の成立を争わないとした一方、「シャワーで冷水を浴びせ続けるなどの暴行をしたことはない」などと起訴内容を一部否認。弁護側は、心愛さんのための教育が「結果として行き過ぎた行動になった」とし、日常的な虐待を否定していた。

 被告人質問では、犯行に至る経緯や状況を巡り、証人として出廷した心愛さんの母親(33)らの証言と食い違う説明を繰り返した勇一郎被告。これに対し検察側は、心愛さんに責任転嫁して自らの行為を正当化していると非難。「同種事案の量刑傾向を大幅に上回る量刑」として懲役18年を求刑した。

 起訴状によると、勇一郎被告はおととし12月30日~昨年1月3日ごろ、自宅で、心愛さんに暴行して胸骨骨折などのけがを負わせ、22~24日には心愛さんに食事を与えず、シャワーで冷水を浴びせ、飢餓や強いストレス状態にさせて死なせたなどとされる。

 母親は、勇一郎被告の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助の罪に問われ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の一審判決が確定している。

 事件を巡っては、心愛さんが勇一郎被告からの暴力を訴えた学校アンケートのコピーを、市教育委員会が勇一郎被告に渡していたなどの問題が発覚し、行政側の対応に批判が集中した。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かく事件について見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

栗原勇一郎被告が行ったとされる虐待の内容は?虐待を否定!!

 

ここまでで数々の虐待を日常的にしていたと言われていますが、以下の虐待などについては裁判の中で否定しています。

 

・心愛ちゃんをリビングや浴室に立たせ続け、肌着のみの状態で暖房のない浴室に放置して十分な睡眠を取らせなかった

・心愛ちゃんを浴室に連れ込んで冷水のシャワーを浴びせ続けた

・心愛ちゃんの頭部を殴るなどの暴行

 

裁判の内容については、テレ朝ニュースさんの記事が参考になりますので、以下引用させていただきます。

 

―虐待行為の否定

検察官から読み上げられた起訴内容、1月24日、自宅の浴室で冷水のシャワーを浴びせ、十分な食事や睡眠を取らせず、衰弱させ死亡したことについてー

勇一郎被告は「罪については争いません」としたものの、「娘をリビングや浴室に立たせ続け、肌着のみの状態で暖房のない浴室に放置して十分な睡眠を取らせなかったこと、浴室に連れ込んで冷水のシャワーを浴びせ続けたことはしていません」。心愛さんが死亡するに至った行為については否定した。また、心愛さんが小学校のいじめアンケートに書いた言葉「お父さんに暴力を受けています。先生どうにかできませんか」。アンケートの直前に勇一郎被告が心愛さんに対し、頭部を殴るなどの暴行を加えたことについて、この事実についても勇一郎被告は否認した。冒頭の心愛さんに対する謝罪は何だったのか、昼のニュースを前に現場は混乱した。直後に中継で話す記者たちは、心の整理がつかないまま、地裁の階段を駆け下りていった。

引用:テレ朝ニュース

 

真実は分かりませんが、ほぼほぼ栗原勇一郎被告が嘘をついていると思われます。

 

虐待のきっかけ

 

テレ朝ニュースさんの記事では、虐待のきっかけについての検察側の陳述が書かれています。

 

―虐待のきっかけ

検察側の冒頭陳述が始まる。勇一郎被告は妻とは一度離婚し再婚している。心愛さんは1回目の結婚時に生まれたことを検察官が話す。そのうえで、虐待が始まった動機として「被告が再婚してまもなく次女が生まれたことで、心愛さんを次第に疎ましく感じるようになった」「気に入らないことがあるとストレスのはけ口として繰り返し虐待した」と指摘。心愛さんは死亡する約1年半前から勇一郎被告の虐待が始まったと明らかにした。

引用:テレ朝ニュース

 

いったいこれはどうだったんでしょうかね。

次女が生まれようがどうしようが、心愛ちゃんが自分の娘であることには変わりはありません。

どんな理由があろうと、自分の子どもを虐待するなんて信じられません。

 

私はこの事件に限ってはもはや虐待した理由なんてどうでもいいと思っています。

そんなことより心愛ちゃんが亡くなったことが問題なんです。

 

その事実に対してどう償わせるか。

いかに重い罰を与えるか。

 

どうせいくら理由なんか問い質したって正直に答えるとは思いませんし、何より心愛ちゃんは生き返ることはないんですから!!

 

栗原勇一郎被告が残していた虐待動画の内容

 

法廷に響いた心愛さんの叫び

勇一郎被告のパソコンや携帯電話に保存されていた画像や動画が検察側から示された。検察側から、「少し衝撃が強いかもしれないが、当時の心愛さんが置かれていた状況を理解するために52秒の動画のうち、5秒間だけ流す」と説明があった。

静まり返る法廷のなかに心愛さんの泣き叫ぶ声が響き渡った。心愛さんは叫ぶように泣いていた。心愛さんの心の叫びのようだった。傍聴席には大泣きする声だけが流れたが、裁判員には動画が見えていた。その直後、裁判長が「ちょっと休廷します」と慌てた様子で話した。何があったのかとメモを取っていた顔を上げると、裁判員の1人の女性が泣いていた。ばたばたとした様子で裁判は休廷となった。勇一郎被告も何が起きたのか分からないようだった。15分後、裁判が再開されると女性の姿はなかった。裁判員が1人補充され、裁判は再開した。

引用:テレ朝ニュース

 

栗原勇一郎被告がいったいどんな動画を残していたのか私たちには分かりません。

しかし裁判員の1人がその動画をたった5秒間だけ見て泣いてしまい、裁判に戻れなくなったということなので、相当ひどい内容だったことが伺えます。

 

楽しんで虐待していなければ動画なんて残さないでしょう。

この段階で栗原勇一郎被告は、完全に楽しんで心愛ちゃんを暴行していたことが分かります。

これが虐待以外のなんだと言うんでしょうか?

 

なぜ懲役16年?2年減刑された理由は?

 

今回の事件は殺人事件ではなく、傷害致死事件として争われています。

殺人罪と傷害致死罪の違いは「殺意の有無」です。

 

殺そうと思って殺したのであれば殺人罪

殺すつもりはなかったけど結果死んでしまったら傷害致死罪

 

量刑で言えば殺人罪が「死刑又は無期若しくは五年以上の懲役」であるのに対し、傷害致死罪は「三年以上の有期懲役」です。

傷害致死罪には死刑や無期懲役はないんです。

 

ちなみに有期懲役ってどういう意味?と思う人もいるかもしれません。

有期懲役とはその名の通り、期間を指定した懲役のことです。

原則として1ヶ月以上20年以下の期間が指定されますが、併合罪などにより刑を加重する場合には最長30年まで指定することが出来ます。

これを見る限りでは傷害致死事件としてはかなり重い判決ではあります。

 

しかし、そもそもこれは傷害致死事件なのか?と私は思います。

殺意の有無ですが、「相手を殺してやる」という意思や、「相手が死んでも構わない」という認識があれば、殺意があったとされます

栗原勇一郎被告のやってきたことは、「心愛ちゃんが死んでも構わない」という認識があったと捉えるのが普通じゃないでしょうか?

にも関わらず、殺人罪として立件できない日本の司法に対していらだちを覚えますね。

 

しかも今回求刑が懲役18年だったにもかかわらず、2年減刑されて判決は懲役16年。

いったいどこに2年減刑する理由があるんでしょうか?

全く理解できません。

出来ることなら検察控訴して欲しいくらいです。

 

栗原勇一郎被告のプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:栗原 勇一郎(くりはら ゆういちろう)

年齢:42歳(2020年3月19日現在)

住所:千葉県野田市山崎

勤務先:沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所職員

 

栗原勇一郎被告ですが、子どもの頃から弱いものをイジメるような性格だったようです。

今回の事件に繋がる人間性は幼いころから形成されていたんですね。

これはもう治る気がしませんけど。

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

懲役16年

短すぎ

なんで減刑されたのか全く分からない

 

求刑どおり18年でもよかった。 もう適当に割り引く根拠のない相場観からの減刑はやめませんか?

 

軽すぎる。そして、この手の虐待事件は母親は被害者ヅラ必ずするが、同じ刑期を与えなければ、絶対に減らない。

 

なんで2年減らした!!法律がおかしすぎる!!

 

死刑は難しいとしても、せめて無期懲役にして欲しい。
親に、死ぬまで虐待された子の無念を考えて欲しい。

 

あの子の受けた残虐で悲惨な虐待の事を考えたら、短すぎます。
過去の事件の判例を真似た慣習なんて無くして、事件ひとつひとつに向き合ってあげてほしい。

 

失った命は戻ってこないけど、全く反省の色が見えない被告人にはもっと重い刑が必要だと思う。

 

求刑18年でも少ないのに16年?
こういう人って外面いいから模範囚として早めに出てきたりしません?出てきた後が1番怖い。
そして殺人罪で裁かれてない事に納得がいかない。

 

まとめ

 

ネットの声を見ても分かりますが、世間もこの判決に納得がいかないようですね。

全くもって同感です。

 

いったいどこに2年減刑する理由があるのか。

そもそも18年という求刑すら短いのではないか。

 

みんな同じ事を感じているようです。

これだけ世間が同じ方向を向いているにもかかわらず、日本の法律では軽い刑罰で済ませてしまう。

裁判員制度というものがあるのであれば、それを最大限活かせないんでしょうか?

 

私は大学で法学部に所属していたので法律についてはある程度把握しています。

現在の法制度を知り、非現実的で理想論と批判されることを承知したうえで、あえて意見をさせてもらいます。

 

こういう重大事件に関しては、過去の判例に照らし合わせるのではなく、その事件を見てそれだけで判断する。

そもそも傷害致死事件として進めるべきなのか殺人罪として進めるのか、殺意の有無を判断するのも裁判員でいいのではないでしょうか?

裁判官や法律が主役ではなく、裁判員のみんなが主役で裁く。

 

今後は事件によってそういった法制度になってもいいと思います。

こういう世間に衝撃を与えるような事件については、過去の判例なんか意味がありません。

裁判員によって個々に裁く方が世論に適合すると思います。

 

そもそも法律自体、人間が考えたものです。

それが本当に最適なものなのかなんて分かりませんし、そもそも事件にはそれぞれの背景があります。

刑法がある程度の状況を想定して幅を持たせているとはいえ、各事件を一括りに殺人罪やら傷害致死罪などに適用しようという事自体無理があります。

柔軟性がないんですよね。

今回の事件を見ているうちにそういう思いが強くなりました。

 

栗原勇一郎被告は控訴する可能性があります。

個人的には検察側が控訴して欲しいと思いますけどね。

 

納得のできない判決ですし、心愛ちゃんの命の対価として全く納得のいかないものです。

「目には目を歯には歯を」で有名なハンムラビ法典(復讐してもよいという意味ではないという解釈もありますが)が現代にあればなぁと思わざるを得ません。

 

 

error: Content is protected !!