【相模原障害者殺傷事件】植松聖被告に死刑判決!!植松聖とはどんな人物?事件の概要は?津久井やまゆり園

【相模原障害者殺傷事件】植松聖被告に死刑判決!!植松聖とはどんな人物?事件の概要は?津久井やまゆり園

神奈川県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者と職員計45人が殺傷された事件の裁判員裁判で、横浜地裁は16日、植松聖被告(30)に対し求刑通り死刑を言い渡しました。この判決は予想通りといった感じですが、事件が終わった気がしないのは私だけでしょうか?

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【相模原障害者殺傷事件】植松聖被告に死刑判決!!
植松聖とはどんな人物?事件の概要は?津久井やまゆり園

 

 

【相模原殺傷】被告に死刑 横浜地裁、責任能力認定「厳しい非難は免れぬ」

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

神奈川県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で2016年7月、入所者と職員計45人が殺傷された事件の裁判員裁判で、横浜地裁は16日、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(30)に対し、求刑通り死刑を言い渡した。青沼潔裁判長は被告の完全責任能力を認めた上で「計画的かつ強烈な殺意に貫かれた犯行。酌量の余地がなく、厳しい非難は免れない」と理由を述べた。

 公判は事実関係に争いがなく、被告の刑事責任能力の有無と程度が争点。被告は「意思疎通の取れない障害者を殺害する」との動機に基づき、殺傷行為に及んだとされる。こうした被告の思考と行動に、事件前から常用していたとされる大麻がどの程度の影響を与えたかを巡って、検察側と弁護側の意見は真っ向から対立した。

 検察側は、事前に拘束具、刃物を準備した犯行の計画性や、合理的に襲撃を進めたことを根拠に大麻の影響を否定し、「正常心理に基づいた犯行だった」と指摘。動機についても、被告のゆがんだ人格や園での勤務経験から形成されたもので「病的な妄想などではなく、単なる特異な考え方に過ぎない」と述べ、完全責任能力が認められると主張していた。

 弁護側は「被告は妄想や幻聴を発症することもある『大麻精神病』を患った状態だった」として、精神障害の影響で別人格になっていたと反論。大麻の影響で異常な思考に支配された結果、襲撃を実行したとの見方を示した上で「善悪を判断し、行動をコントロ-ルする能力が失われていたか著しく減退していた」と述べ、無罪か減軽を求めていた。

 判決によると、被告は16年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、包丁で突き刺すなどして入所者19人を殺害したほか、職員2人を含む26人に重軽傷を負わせた。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かく事件について見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

相模原障害者施設殺傷事件の概要

 

ここで改めて相模原障害者施設殺傷事件の概要を簡単に見ておきましょう。

 

相模原障害者施設殺傷事件(さがみはら しょうがいしゃしせつ さっしょうじけん)は、2016年(平成28年)7月26日未明に神奈川県相模原市緑区千木良476番地にあった神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」にて発生した大量殺人事件。元施設職員の男A(犯行当時26歳)が施設に侵入して所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた。殺人等の罪で逮捕・起訴された犯人の男には、2020年に刑事裁判で死刑判決が言い渡された。

殺害人数19人は、当事件が発生した時点で第二次世界大戦(太平洋戦争)後の日本で発生した殺人事件としてはもっとも多く、事件発生当時は戦後最悪の大量殺人事件として日本社会に衝撃を与えた。

引用:Wikipedia

 

こうやって見てみると、事件が起きてからもうじき4年も経つんですね。

ついこの前のような気がしていましたが、月が経つのがいかに早いのかを感じます。

 

しかし被害者のご遺族などにとっては、あの時から時が止まったまま動いていない感覚なのでしょう。

判決が出たのであとは時間が心の傷を癒してくれると言いますが、こういう事件はなかなかそうはいかないと思います。

 

植松聖被告の顔画像は?

 

 

連日ニュースで報道されていたので、テレビやネットを観ない人以外は誰でも一度は目にしたことがあると思います。

犯人だと知っているからヤバそうな人間に見えるかもしれませんが、もしこれが誰かの命を救ったとして紹介されていたらそうは見えない気がします。

私にはそれほど異常な人間には見えないんですよね、色眼鏡を外して見ると。

もっとヤバそうな人間はたくさんいますから。。。

 

植松聖被告のプロフィール

 

以下が植松聖被告の簡単なプロフィールになります。

 

名前:植松 聖(うえまつ さとし)

生年月日:1990年(平成2年)1月20日

年齢:30歳(2020年3月16日現在)

住所:東京都日野市多摩平団地

職業:神奈川県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」の元職員

 

 

植松聖被告の生い立ち。教師を目指していた時期があり、絵の才能がある!!

 

植松聖は一人っ子(長男)で父親は東京都内の小学校に図工教師として勤務しつつ自治会活動に積極的に参加しており、母親は漫画家だった。

1991年(平成3年)1月、当時1歳だった植松聖は両親とともに、多摩平団地から現場となった「津久井やまゆり園」からわずか500メートルほどの距離に位置する津久井郡相模湖町大字千木良(現:相模原市緑区千木良)にある自宅に移住した。中学時代は熱心なバスケットボール部員で勉強もできる方だった。

植松聖は相模湖町立千木良小学校(現:相模原市立千木良小学校)や地元の中学校を卒業後、東京都八王子市内の私立高校へ進学した。

高校卒業後の2008年(平成20年)4月には帝京大学文学部教育学科初等教育学専攻(現・教育学部初等教育学科)へ入学し、2012年(平成24年)3月に卒業した。なお帝京大在学期間中には2011年(平成23年)5月末から約1か月間にわたり、母校の相模原市立千木良小学校で教員免許を取得するため教育実習を行っていた。

植松聖は子どものころ、いじめられている猫をかばうなど優しい少年だったものの、高校入学後には同級生を殴って転校したほか、帝京大学在籍時(3年生 – 4年生ごろ)には刺青を入れていた。また植松聖は「強い人間」に憧れ、大学在学時代の2010年(平成22年)ごろからは大麻など薬物を乱用するようになり、大学卒業後は半グレ集団・右翼関係者とも交友を持つようになっていた。

事件の4 – 5年ほど前には夜中に植松聖宅から母親とみられる女性の泣き叫ぶ声が聞こえ、その約半年後には両親が植松聖を1人残して東京都八王子市のマンションに引っ越した。

引用:Wikipedia

 

こうやって見てみるといじめられている猫をかばうなど、高校生になるまでは優しい人間だったことが伺えます。

中学校時代はバスケ部で頑張っていたようですし、勉強も出来たとの事。

その後いったい何があったのかは分かりませんが、高校生になってから少しずつ変わっていったようです。

それでも大学には進学しているんですから、それほど素行不良という訳でもなさそうです。

 

しかし大学に入ってからは完全に歩む道を間違えてしまったようです。

ヤクザなど強い存在に憧れを持つというのはいったいどういう心境だったのでしょうか?

入れ墨を入れたり大麻をしようしたりするのもこの頃です。

 

 

この辺りが闇なんでしょうね。

 

それにしても驚くのは教員を目指していたという点です。

父親の背中を見て教員を目指そうと思ったのか分かりませんが、こんな凶悪犯罪を起こすような人間が教師を目指すなんて考えられません。

 

もしかしたら教員を目指そうと思った当初は真っ当な人間だったのかもしれません。

親の才能をそのまま継いだのか、絵の才能は目を見張るものがあります。

 

 

これは植松被告が拘置所の中で書いたものだそうです。

ろくな道具もないのにこれだけのものが描けてしまうなんて、私からすれば羨ましすぎる才能です。

 

こういう才能を親は伸ばしてあげられなかったんでしょうか?

ご両親がどうやって植松被告と接してきたのか、私にはとても気になります。

 

事件現場となった「津久井やまゆり園」の場所はどこ?神奈川県相模原市緑区千木良476番地

 

当時の事件現場となった「津久井やまゆり園」ですが、ストリートビューを見る限り解体されているようですね。

平成30年3月から平成31年3月までだったようなので、もう終わっているはず。

津久井やまゆり園のホームページを見ると、新しく建て直しているようです。

 

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

当然だろうな。
被告人はまるで反省していない。
もし、無期懲役だと数年で外に出る。
そうしたらまた同じようなことをすると思う

 

>弁護側は事件当時は大麻の長期使用により慢性の精神障害を発症していたとみられ、心神喪失状態だったと訴えていた。

まず、これがおかしよね。違法麻薬を使ってた前提での心神喪失状態を主張してる時点で麻薬を使うという法律を犯してるのにそれを殺人の原型理由にするのって、そもそも弁護という観点でもそんな理由付けが許される方がどうかとお思う。

 

人を殺せば死刑。情状酌量の余地がある場合は、減刑を再考。これでいいんじゃないんですか。変な判断基準を設けて殺され損をつくってはいけないと思いますけど。
心神喪失っていわれても、殺人を犯す人は既におかしい人間ではないのでしょうか。

 

目には目をではないですが妥当な結果だと思います。
しかし私自身も安楽死というものがなぜ現実にならないのか
不思議に思っている者です。
生きたくても生きれない人がいる。ならば死にたくても死ねないと言うのもつらい選択肢なんだろうと思ってる自分がいます。
行動には起こせませんけど。

 

この事件「責任能力の有無」というより、「結果の重大性」に基づき死刑判決を出して欲しかった。
責任能力あろうと無かろうと死者19人なんて許されるわけがない。

 

あまりにも、悲しい事件です。
死刑判決は、当然ですが、被告がなぜこのような、差別的な思想を持つようになったのか、事件の詳細な解明が、重要だと思います。
二度と、こんな凄惨で、悲しい事件が起こらないことを祈ります。

 

まとめ

 

ネットの声にあるように、私も死刑で当然だと思います。

これだけの事をやったのですから、死刑は免れません。

本人も死刑を望んでいる訳ですし、下手に無罪を主張するよりはよっぽどいいと思います。

逆を返せば植松聖被告はしごく真っ当な考え方を持っているとも思えます、この点に関して言えば。

 

ただ私はこの事件について、もっと色々と知るべきことがあるような気がします。

ご遺族の方にとっては植松聖被告の生い立ちや過程などどうでもいいと思いますが、私はとても気になります。

いったいどういう環境で育ったらこんなモンスターが生まれてしまうのか。

ここが分からないままでは事件が解決した気がしないんですよ。

 

植松聖被告の事なんか理解出来るわけがないという人が多いと思いますが、それでも何かしら原因はあるはず。

もしかしたら植松聖被告がモンスターになった原因の一部分くらいは理解できるかもしれません。

 

ちなみに今日死刑判決を言い渡された後に「最後に一つだけ」と言って手を上げて発言の機会を求めたそうですが、裁判長は認めなかったそうです。

いったい何を言いたかったのでしょうか?

 

死刑になったと言ってもすぐに執行されるわけではありません。

それまでの間に研究者でも誰でもいいので、少しでも彼について調べて欲しいと思いますね。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!