【小学5年生の女子児童の自殺問題】原因はいじめか?教育委員会はいじめ否定!!遺書のメモにはいじめと思われる内容が!!大阪府

【小学5年生の女子児童の自殺問題】原因はいじめか?教育委員会はいじめ否定!!遺書のメモにはいじめと思われる内容が!!大阪府

大阪市立小学校5年の女子児童(11)が昨年9月に自殺した事件で、「学校で死ねって言われた。自分死んだって誰も悲しまない」などといじめ被害をうかがわせるメモを残していたことが分かりました。まだ11歳の女の子がどれほど苦しんで死を選んだのか。詳しい内容を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【小学5年生の女子児童自殺問題】原因はいじめか?
教育委員会はいじめ否定!!遺書のメモにはいじめと思われる内容が!!大阪府

 

 

大阪の小5女児が自殺、いじめか メモに「学校で死ねと言われた」

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

大阪市立小学校5年の女子児童(11)が昨年9月に自殺し「学校で死ねって言われた。自分死んだって誰も悲しまない」などといじめ被害をうかがわせるメモを残していたことが12日、分かった。両親は同日、市内で記者会見し「学校はきちんと向き合って調査してほしい」と真相究明を求めた。

 両親によると、女児は昨年9月24日に学校を欠席。同日午後、自宅マンションの高層階から飛び降りて亡くなった。母親(42)はこの日の朝、勉強机に置かれたメモに気付き、内容を学級担任に知らせていた。女児の死後、メモは身に着けていた衣類のポケットから見つかった。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かく事件について見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

小学校5年の女子児童が自殺した原因は?自殺前に残したメモがあった!!

 

自殺した女児は2019年9月24日に学校を欠席しました。

その日の朝、女児の母親(42)は勉強机に置かれたメモに気付き、午前8時すぎにその内容を学級担任に知らせていたそうです。

しかし担任の教諭はそのことを伝えられたにもかかわらず、管理職に報告せず放置していました。

 

その時のメモが以下になります。

 

 

全部が見える訳ではありませんが、本人が自分で書いたことは分かります。

小学校5年生の女の子が

 

「つらい、せいかつ学校が」

「もうつかれた」

「本当に本当にごめんなさい」

「さようなら」

 

というような内容を、死を覚悟して最後に書いたのだと思うと自然と涙が出てきます。

本当にどういう気持ちでこの手紙を書き残したのか。

 

生きたかったけど苦しくて、もう生きることに耐えられなくなった気持ちを伝えたかったのか。

自分が命を絶つことに対してその理由を最後に伝えたかったのか。

 

今となってはその真意は分かりませんが、このメモを無視してはいけないと思います。

そこには幼いながらも彼女が伝えたかった必死な思いが必ず残されているから。

出来ることならその時にまで時間を戻して、私が彼女の話を聞いてあげたい。

心の底からそう思います。

 

このメモには「学校で死ねと言われた。自分死んだって誰も悲しまない」など、いじめをうかがわせる内容があったそうです。

この幼い11歳の少女は同日午後、自宅マンションの高層階から飛び降りて亡くなりました。

わずか11年の短い人生に自分の手で幕を降ろしたのです。

少女の死後、メモは身に着けていた衣類のポケットから見つかったそうです。

 

学校側の反応

 

学校側は女子児童が亡くなったあと同級生を対象にアンケート調査を行い、今年1月に「いじめは認められない」と説明し、調査は打ち切るという説明があったということです。

ご両親はこの決定を不服として改めて調べて欲しいと声をあげています。

 

これって私が親でも絶対に納得できないです。

アンケート調査がどんなものなのか分かりませんが、他にどうやって調査したのか明確にして欲しいです。

それに学校の先生が調査するんじゃなく、警察など第三者機関が調査すべきじゃないでしょうか?

 

大阪市の教育委員会も12日、記者会見を開き、いじめの可能性はあるものの断定するだけの根拠はないと説明しました。

その上で今後、専門家による調査を進める考えを明らかにしました。

 

学校側とは違って可能性があるとは認めているんですよね、教育委員会は。

それなら徹底的に調べるべきじゃないんでしょうかね?

専門家がどんなものか分かりませんが、本当に真剣に調べて欲しいと思います。

 

亡くなった女子児童のプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

性別:女性

年齢:11歳(享年)

学校:大阪市立小学校5年

 

こうやって「11歳(享年)」と文字にしてみると、本当に切なくなります。

まだまだこれから先、楽しいことがたくさんあったはずなのにと思うとやり切れない思いになります。

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

こうやって報道されるのは氷山の一角。
まだまだ、苦しんでる子はいてる。
何かあってからでは遅い。
周りの人が気づいて助けてあげて。
そして、学校側がイジメがあった事を
認めなかったり、揉み消そうとするのは
やめてほしい。

 

本当に切ない。
親は仕事を休めなくて1人にしたんだよね。
もしものことを考える余裕は学級担任にはないかもしれませんが、立派なsosだよ。
最優先で捉えて市教委は家庭に教員obなど派遣してほしい。教職課程履修者でも誰でもいいからほんとに1人にしないでほしい。
せめて親が帰ってくるまでても。
名簿を作っていつでも駆けつけられるようにしてほしい。自分もそうしたい。
自分の市でこんなことがあったら切なすぎる。

 

批判を覚悟で書きます。
私の娘もいじめで不登校です。保育園時から特定の子に押し倒され、髪を掴み足でお腹をける。走ってきてグーパンチ。ほか色々ありました。先生に相談してもご自分で注意してとだけ。小学校ではクラスを変えてもらったり色々しましたが、クラスを変えても結局隣のクラスなので意味がない。先生に相談しても「あの子は本当にやんちゃで、学校も手を焼いてる」のみ。電話相談や面会相談、色々な所に相談しましたが「大変ですね。頑張ってください」のみ。だんだんといじめられて泣く娘を面白がって人数も増えていき、これはもう無理だ。と不登校。転校も学校がいじめを認め
ず手続きができず、挙句には親が学校にこさせない。ネグレクトで児相に通報され、児相に子供の身体まで見られ(あざなどが無いか)最悪でした。学校は信じられない。守れるのは親だけしかいない。いじめは逃げても良い。逃げなければいけない。命を無くすよりは。

 

死ぬことしか選ばせてくれない学校なら、そんなくだらない場所に行かなくていいんだよ、と同じように悩んでいる子供たちに大人はもっともっと声をあげて視野を広げてあげる必要があると思う。
隠そう隠そうとする保身者たちの犠牲になる必要なんかないんだから。

 

今どき子どもは「死ね」「殺す」を簡単に言う。言葉の重みをもっと感じるべき。
子どもだけの問題ではなく、家庭でも日常的に使われてる状況だと思う。
学校だけの責任ではなく、親の躾の問題もあると思う。
こんな悲しいニュースがなくなって欲しい。

 

自分では何の手立てもうてない
まだまだ無知で未熟な小さな子供が
一人で追い詰められ行き場を失い
最も辛い選択まで行ってしまう環境。

私はコメントを書くくらいしか
脳がありませんが、これは私達の
社会の問題だと思います。
何か出来る事があればしたい…

 

まだ11歳、まだまだ楽しいこともたくさんあったのに悲しい。けれど辛い時ってそれ以外考えられなくなるんだよね。
こういうニュースを見るたびにいつも思うけど、子供のいじめ無くそう!って言ってる割には言ってる方の大人間のいじめも無くならないんだよね。職場でのいじめだったり、、、どうしたらいいんだろう。子供だけじゃなくて大人の間のいじめもなくなるような制度を作って子供にいじめはだめだよ!と大人がしっかり言えるようにしないと子供の間でのいじめってなくならないんじゃないかな。

 

まとめ

 

いじめの問題はハッキリ言ってなくなることはないでしょう。

私も幼い頃、身体が小さくおとなしい性格の上、見た目が女の子っぽかったのもあって転校する度にいじめられていました。

 

当時、父は転勤族で、母親もパートに出ている共働きで、いわゆる「鍵っ子」でした。

貧しい家庭だったので、転勤も共働きも仕方なかったと思います。

転校は本当に嫌でしたが、事情は子どもながらに理解していました。

だからこそ、親には余計な心配や迷惑をかけたくないから、絶対にいじめられていることを知られてはいけないと思っていたものです。

 

しかし鍵っ子だったのは私にとって幸いで、いじめっ子たちに追いかけられながら家に帰ってきても親にバレることはありませんでした。

家の中に逃げてもいじめっ子たちは諦めて帰ることもなく、外から大きい声で私に悪口を言い続けたり、石を投げたりされても気付かれることもありませんでした。

汚れされた洋服などは自分で洗って隠していましたし、悔しくて泣く時間はたくさんありました。

そういう意味では鍵っ子で本当に良かったと当時は思っていました。

 

そんな私ですが、中学校に入ると身長が毎年10㎝ずつ伸びて、高校入学の頃には180㎝になっていました。

中学進学と共に不良グループに入り、いつしかいじめられる事がなくなりました。

でもいじめはなくなったのではなく、私からターゲットが変わっただけでした。

 

小学校の時の同じクラスの同級生で、とても真面目でおとなしいけど、ゲームが上手くて「神様」と呼ばれていた男の子がいつの間にかターゲットになっていたのです。

小学校の頃、その男の子はいじめられていた私と普通に接してくれた少ない人間の中の1人でした。

しかし中学校ではクラスが全然違い、私も不良グループに入ってしまったので話すこともなく、いじめのターゲットになっていたことに全く気付けませんでした。

そして彼は中学1年の途中から不登校になりました。

 

なぜそんな事になったのか、私は調べました。

すぐに主犯格の人間は特定できました。

 

友達の中にお金持ちの子がいました。

当時の小中学校は土曜日も学校がありましたが、午前中で終わりでした。

小学校の頃から土曜日の午後はそのお金持ちの子の家に行ってゲームをするのが日常でした。

毎回10人以上の子どもが集まっていましたし、私も行かせてもらっていました。

 

そのお金持ちの子がある日、「神様」と呼ばれていた男の子がゲームを盗んだと言いだしていたのです。

「神様」の家はとても貧しかったんですが、だから盗んだんだという理由です。

当然本人は否定していたようですし、その話を聞いた時、私も絶対に彼が盗んだとは思えませんでした。

 

「神様」は本当に真面目で優しい男の子だったので、みんなもそうは思っていなかったはず。

でもお金持ちの子に逆らう事も出来ず、みんなでその男の子を仲間外れにしていたんです。

そしてみんなでいじめるようになっていたようでした。

 

そんなことが起きているなんて全く知らず、私は自分がいじめられている時に優しく接してくれた彼に対して何もしてあげられなかったことを激しく後悔しました。

その日から私は中学校を卒業するまで、学校のある日は毎日彼の家に行きました。

特に何をするわけでもなく、学校に行こうと声をかけるだけです。

本人は出てこず、お母さんがいつも出てきてありがとうと言ってくれていました。

 

結局彼は中学校を卒業するまで一度も学校に来ることはありませんでした。

私は中学2年の終わりに不良グループを抜け、進学を目指して勉強して高校に進学。

高校卒業後、地元を離れ一人暮らしをしながら浪人生活をして、都内の大学へ進みました。

 

都内での生活ですっかり地元の事など忘れていたのですが、22歳ころのお正月に親から連絡がありました。

年賀状の配達で「神様」が配達で家にきて伝言を頼まれたとの事でした。

どういう人生を歩んだのかは分かりませんが、郵便局員になっていたんです。

 

彼からの伝言は、「あの時は毎日家に来てくれてありがとう。おかげでなんとか立ち直ることが出来て、今は元気にやっています」との事でした。

すっかり忘れていたのですが、元気にやってくれていたのが本当に嬉しくて泣いたのを覚えています。

 

私も彼もいじめに遭ってツラい思いをしましたが、その分普通の人より優しくなれたと思います。

今思えばいじめられたことも無駄ではなかったと思いますし、自分にとってはプラスだったと思えます。

 

しかしいじめに遭っている時はそんなことは決して思えません。

ただただツラくて絶望しかありませんでした。

「神様、なんで自分だけこんな目に遭うの?お願いだから普通に過ごさせてください」とお祈りをしたものです。

当然報われることはなく、神様の存在を信じなくなったのもその頃です。

 

たまたま私は死を選ぶほどの勇気がなかっただけで今生きているんだと思います。

そしていじめてきた人間をいつかぶっ殺してやるという性格の悪さがあったからこそ耐えられたんだと思います。

 

でも優しくて性格がいい子はどうしようもなく死を選んでしまうんです。

子どものいじめは子ども同士では決して解決できません。

よく大人が子どものケンカに介入するのはおかしいと言いますが、違います。

ケンカじゃなくいじめです。

これは絶対に間違いありません、経験した私がそう感じましたから。

 

だからこそ先生など、大人の力が必要です。

やり方によっては余計いじめられたり状況を悪化させる可能性もあります。

ちゃんと解決できる大人が必要です。

それは先生じゃなくてもいいんです。

専門家がいれば専門家に任せればいい。

 

必要なのは見てみぬふりをするんじゃなく、必ず手を差し伸べてあげることです。

味方がいるという事を伝えてあげるだけで救われるんです。

本当に孤独で絶望しているんですから。

 

「ツラい」というメモがあるのであれば、しっかりとその言葉を理解してあげる誰かが必要なんです。

担任の先生はメモがあるとお母さんから聞いたのであれば、すぐに行動すべきだったと私は思います。

それが悪戯であるのであればそれはそれで叱ればいいことですし、何より死ななかったんだから良かったと思うべきでしょう。

 

今回の報道を見る限り、「いじめはなかった」とするには早計な気がします。

何を根拠にそう言っているのか分かりませんが、どこまでちゃんと調べたのでしょうか?

いじめがあったのであれば、生徒の中に誰かしらその事実を伝えなければと思っている子がいるはずです。

そういう声をちゃんと拾えるような環境なんでしょうか?

 

学校の先生たちや教育委員会の方々は、自分の子どもが命を絶ったと思って行動していますか?

自分の子どもがいじめがあったと言い残して命を絶った場合、今自分たちのしている調査で満足しますか?

他人事じゃなく、自分の身に起きたことだと思って対処して欲しいと心の底から願います。

地位や名誉、体面など色々あると思いますが、命に勝るものはないはず。

大切な幼い命が失われたことは事実なんですから。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!