【実の娘に性的暴行】1審無罪も2審で逆転有罪!!父親に懲役10年の判決!!愛知県名古屋市

【実の娘に性的暴行】1審無罪も2審で逆転有罪!!父親に懲役10年の判決!!愛知県名古屋市

2017年に愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行をしたとして、1審では無罪だった父親の男性被告に対して、本日の2審では逆転有罪となり、懲役10年が言い渡されました。この後控訴するか注目されますが、被害者の娘さんの声が届いていました。詳しい内容を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【実の娘に性的暴行】1審無罪も2審で逆転有罪!!
父親に懲役10年の判決!!愛知県名古屋市

 

 

実の娘に性的暴行 2審は逆転有罪 父に懲役10年判決 名古屋高裁

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

2017年に愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行をしたとして、準強制性交等罪に問われた男性被告(50)の控訴審判決で、名古屋高裁(堀内満裁判長)は12日、無罪とした1審・名古屋地裁判決(19年3月)を破棄し、懲役10年を言い渡した。事件を巡っては同月に類似の無罪判決が相次いだため、性暴力被害者らで作る団体が国に刑法改正を求める署名を提出、デモ活動も各地で広がり、高裁の判断が注目されていた。

 被告は17年8月に勤務先の愛知県内の会社で、9月には県内のホテルで娘と性交したとして起訴された。同罪は、相手を抗拒不能(身体的・心理的に抵抗するのが著しく難しい)の状態にさせたり、その状態につけこんだりして性行為をした場合に成立するため、抗拒不能の認定が争点だった。

 1審は、性的虐待を拒めた経験などもあるとして「被告の意向に全く逆らえない状態とは言えない。抗拒不能とは認められない」と無罪判決(求刑・懲役10年)。検察側は「1審判決は従来の裁判例と比較すると、抗拒不能を限定的に捉え誤っている」と控訴していた。

 控訴審では、1審判決後に娘を精神鑑定した女性医師が「性的虐待など幼少期からの不適切な養育環境で無力感が強められ、性交を求められても精神・心理的に抵抗できなかった」などと証言。検察側は「長期間の性的虐待で抵抗や拒絶の意思が奪われ、事件当時、精神・心理的に抵抗できなかった」と訴えた。一方、弁護側は「女性医師の鑑定は事件から2年経過しており、信用性は乏しい」と控訴棄却を求めていた。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かく事件について見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

1審が無罪で2審が有罪となった争点は?

 

父親は娘が小学生の頃から虐待し、中学2年生の頃に性的虐待を始めたそうです。

1審では、娘に性行為の同意はなく、長年の虐待で父親の精神的支配下に置かれていたと認めていました。

しかし過去に抵抗して拒んだことがあったなどとして、「人格が完全に支配されていたとは言えない」と指摘しています。

つまり事件当時、抵抗することが著しく困難な「抗拒(こうきょ)不能」の状態だったと認定するには合理的な疑いが残ると判断したんです。

 

私からすればこんなの屁理屈でしかありません。

嫌だから拒んだのに、それが無罪の根拠になってしまうなんて!!

 

裁判所がこんな事を言うなんて信じられません。

2審ではこの点が争点になりました。

 

1審判決後に娘を精神鑑定した女性医師が

性的虐待など幼少期からの不適切な養育環境で無力感が強められ、性交を求められても精神・心理的に抵抗できなかった

などと証言しています。

検察側は「長期間の性的虐待で抵抗や拒絶の意思が奪われ、事件当時、精神・心理的に抵抗できなかった」と、抗拒不能だったことを訴えた訳です。

 

裁判官は判決を言い渡す際、

 

「被害者が中学2年生の頃から、意に反した性行為をくり返し受けてきたことや、経済的な負い目を感じていたことを踏まえれば、抵抗できない状態だったことは優に認められる」

 

1審の判決は、有罪の要件である『抵抗できない状態』について、被害者の人格を完全に支配するような状態だということまで求めていて、要件を正当に解釈しなかった結果、誤った結論になっている

 

1審は、父親が子に対して継続的に行ってきた性的虐待の一環であるということを十分に評価していない。抵抗できない状態につけこみ、自分の性欲のはけ口にした卑劣な犯行で、被害者が受けた苦痛は極めて重大で深刻だ

 

と述べ、1審を破棄し、懲役10年の有罪判決を出しました。

実に的確で正確な判断だと感じました。

これで被害に遭った女性は少しは報われたんじゃないかと思います。

 

抗拒不能とは?

 

裁判の争点でもあった「抗拒不能」について説明します。

 

「抗拒不能」とは、身体的または心理的に抵抗することが著しく困難な状態を言います。

準強制性交等罪は、

 

①性行為への同意がなく

②「心神喪失もしくは抗拒不能」により抵抗できなかった状態である

 

この2点が成立要件となります。

 

ちなみに抗拒不能は

 

  • 薬や酒を飲まされて意識を失った
  • だまされ信じ込まされた

 

など、暴行や脅迫がなくても、それらがあったときと同じように体や心の自由を奪われた場合にも認められています

 

2審の逆転有罪判決を受けて、被害女性のコメント

 

このコメントを読んで、いかに彼女が苦しんでいるのか、その苦しみは一生続くんだろうということを実感しました。

 

1.私は、実の父親からこのような被害を受けてとても悔しい気持ちでいっぱいです。

「逃げようと思えば逃げられたんじゃないか。もっと早くに助けを求めたらこんな思いを長い間しなくて良かったんじゃないか…」。そう周りに言われもしたし、そのように思われていたのはわかっています。

でも、どうしてもそれができなかった一番の理由は、幼少期に暴力を振るわれたからです。

「だれかに相談したい」、「やめてもらいたい」と考えるようになったときもありました。

そのことを友達に相談して友達から嫌われるのも嫌だったし、警察に行くことで弟達がこの先苦労するのではないかと思うと、とても怖くてじっと堪え続けるしかありませんでした。

次第に私の感情もなくなって、まるで人形のようでした。被害を受けるたび、私は決まって泣きました。「私にはまだ泣ける感情が残っている」ということ、それだけが唯一の救いでした。

私が一人っ子だったら、何も迷わずにもっと早くに訴えられていたかもしれません。やっぱり大切な弟たちのことが心配だったのです。

そんな弟たちと離れなくてはいけなくなること、生活が大変になるかもしれないこと、ただそれだけを考えると、嫌でも仕方なくてじっと我慢するしかできませんでした。今も弟たちに会いたい。話したい。その気持ちでいっぱいです。今も会えないのは苦しいです。

2.二度と会いたくないのは、父親です。あの人が私の人生をぶち壊したんです。

返してください。私のこの無意味に空費した時間を!気に病んだ時間を!全部返してください。やってみたかったこと、本当はいっぱいありました。でも全部諦めました。

今、すべてのことを振り返ってみると、ひたすら悔しい気持ちです。父との毎日は非常識であり、ただただ気持ち悪かったです。どうしたらあんなことができるのか、わかりません。

私たちはただ普通に暮らしたいのです。暴力も暴行も、無慈悲な言動のない普通の生活がしたいんです。もう二度とこんな思いはしたくありません。

これから私は無駄にしてしまった時間を精一杯埋めていきたいので、邪魔しないでもらいたいです。私は父を許すことは絶対にできません。

不安と苛立ちに押しつぶされそうな苦しい毎日でした。そして今も同じです。私や弟たちの前に二度と姿を現さないでほしいです。

3.無罪判決が出たときには、取り乱しました。荒れまくりました。仕事にも行けなくなりました。今日の判決が出て、やっと少しホッとできるような気持ちです。

昨年、性犯罪についての無罪判決が全国で相次ぎ、#MeToo(ミートゥー)運動やフラワー・デモが広がりました。それらの活動を見聞きすると、今回の私の訴えは、意味があったと思えています。なかなか性被害は言い出しにくいけど、言葉にできた人、それに続けて「私も」「私も」と言いだせる人が出てきました。私の訴えでた苦しみも意味のある行動となったと思えています。

4.私が訴え出て、行動に移すまでにいろいろな支援者につながりました。しかし、「本当にこんなことがあるの?」と信じてくれる人は少なかったです。失望しました。疑わずに信じてほしかったです。

支援者の皆さん、どうか子どもの言うことをまず100%信じて聞いてほしいのです。今日、ここにつながるまでに、私は多くの傷つき体験を味わいました。信じてもらえないつらさです。子どもの訴えに静かに、真剣に耳を傾けてください。そうでないと、頑張って一歩踏み出しても、意味がなくなってしまいます。子どもの無力感をどうか救ってください。私の経験した、信じてもらえないつらさを、これから救いを求めてくる子どもたちにはどうか味わってほしくありません。

5.私は、幸いにも、やっと守ってくれる、寄り添ってくれる大人に出会えました。同じような経験をした多くの人は、道を踏み外してもおかしくないと思います。苦難を生きる子どもにどうか並走してくれる大人がいてほしいです。

最後に、あの時の自分と今なお被害で苦しんでいる子どもに声をかけるとしたら、「勇気を持って一歩踏み出して欲しい」と伝えたいです。一人でもいいから、本当に信用できる友達を持つことも大切だと思います。

以上

 

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

身内なだけに一生逃げられない。
一生苦しみ続ける。
なのに無罪判決を出した地裁。
無罪判決を出したやつらは自分が同じ目にあってみればいい。
高裁ではまともな判決が出て良かった。

 

一生の傷です。
トラウマに成り幸せな結婚も難しい状態に成るかもと心配する。
其でも幸せな結婚はして欲しい。

 

不幸な過去を忘れることはできないと思いますが、できれば前向きに気持ちを切り替えて、健康に生きていかれることを願います。

 

一審無罪とか頭おかしいとしかおもえない

 

とんでも無い親ですね。
自分の娘に性的な行為をするなんて
重い罪は当たり前。

 

酷い地裁の判決で更に苦しんだだろう
裁判には性犯罪マニアという悪しき集団もいるし、嫌な体験を何度も人前で話さなくてはならない
被害者に冷酷な裁判のあり方も見直してほしい

 

まとめ

 

1審の無罪判決が出た時は正直かなり驚きました。

私は大学で少しだけ法律を学んでいましたが、ちょっと無罪という判決は想像もできなかったからです。

 

もし1審のような内容が認められてしまえば、同じような境遇にある女の子たちもみな救われなくなります。

そう考えると、1審の判決はとても危険なものでした。

あれで絶望を感じた女の子たちも絶対にいたはずです。

 

しかし2審ではしっかりと人道的な立場から断罪してくれました。

この父親はハッキリ言って10年でも短いと私は思っています。

実の娘にどうしたらそんなことが出来るんでしょうか?

頭の中が狂っているとしか思えません。

 

被害に遭った女性はこの先もずっと苦しんで生きていくのでしょう。

周りがどんなに忘れろと言ったところで絶対に忘れることなんかできないはず。

だからそんな無責任なことは言えませんが、少しでもいいから幸せな人生を掴んで欲しいと思います。

 

自分を愛してくれる男性を見つけて、幸せな家庭を築いて欲しい。

そして自分の子には溢れるほどの愛情を注いであげて欲しい。

絶対にいい母親になれるはずですから。

これからの新しい人生が豊かなものになるようにお祈り申し上げます。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!