【コカイン】ポールダンサー横井瑞美容疑者らの顔画像やインスタ特定!!MADAM WOO TOKYOって?どこのハーフ?東京都渋谷区

【コカイン】ポールダンサー横井瑞美容疑者らの顔画像やインスタ特定!!MADAM WOO TOKYOって?どこのハーフ?東京都渋谷区

ナイトクラブ「MADAM WOO TOKYO」のポールダンサー・横井瑞美容疑者(21)とバカリ・グラディス(21)容疑者、それに、無職の上野智貴容疑者(22)は2月16日、渋谷区円山町の駐車場で職務質問を受け、その後の尿検査でコカインの陽性反応が出たことから逮捕されました。詳しい内容を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【コカイン】ポールダンサー横井瑞美容疑者らの顔画像やインスタ特定!!
MADAM WOO TOKYOって?どこのハーフ?東京都渋谷区

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tamami(@tamamiyokoidiaz)がシェアした投稿

 

渋谷 ナイトクラブのポールダンサー コカイン使用か

 

以下のようなニュースが入ってきました。

まずはニュースの概要を見ていきましょう。

 

東京・渋谷のクラブで働くポールダンサーら3人が、コカイン使用の疑いで逮捕された。

ナイトクラブ「MADAM WOO TOKYO」のポールダンサー・横井瑞美容疑者(21)とバカリ・グラディス(21)容疑者、それに、無職の上野智貴容疑者(22)は2月16日、渋谷区円山町の駐車場で職務質問を受け、その後の尿検査でコカインの陽性反応が出たことから逮捕された。

当時、一緒にいた男の車の中からは、大麻およそ3.7グラムなどが見つかっていて、4人は大麻所持ですでに逮捕・起訴されているという。

調べに対し、横井容疑者とバカリ容疑者は容疑を認めている。

引用:ヤフーニュース

 

ここからはちょっと細かく事件について見ていきたいと思います。

個人的な見解が多いですが、ご了承ください<(_ _)>

 

横井瑞美容疑者、バカリ・グラディス容疑者、上野智貴容疑者らがコカインをやった犯行動機は?

 

先日の沢尻エリカさんの件もそうですが、こういう音楽がガンガンに流れてきて踊れる場所だと、ドラッグを使うと余計に楽しくなるんでしょうね。

横井瑞美容疑者はポールダンサーで、「MADAM WOO TOKYO」というナイトクラブで働いていたそうです。

お店のInstagramなどを見たところ、お店に来ているお客さんもスタッフもタトゥーなどバリバリ入っていて、ちょっと普通とは違う印象がします。

 

ああいう場所に集まってくる人というのは遠からず似たような人達でしょう。

もしかしたらお店にはドラッグをやる人間が集まってきて、ドラッグが普通に感じてしまうのかもしれません。

横井瑞美容疑者たちがドラッグを始めたきっかけがなんだったのかは分かりませんが、きっと友達に勧められて気軽にやってしまったんじゃないでしょうか。

 

一度手を出せばもう元には戻れません。

仕事をしながらハイになってお金を稼ぎ、そのお金でドラッグを買う。

そんな悪循環に陥っていたのかもしれません。

ただ、本人はそんな自覚もなく、何も考えずにドラッグに手を出し、何も考えずに使って毎日楽しく過ごしていたんだと思います。

 

横井瑞美容疑者、バカリ・グラディス容疑者、上野智貴容疑者の顔画像やSNSは?

 

色々なニュースやネットなどで調べてみたのですが、今のところ横井瑞美容疑者の顔画像やSNSだけ判明しました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tamami(@tamamiyokoidiaz)がシェアした投稿

 

Facebook:横井 瑞美

Instagram:tamamiyokoidiaz

 

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

横井瑞美容疑者、バカリ・グラディス容疑者、上野智貴容疑者のプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:横井 瑞美(よこい たまみ)

別名:Diaz suarez

年齢:21歳(2020年3月10日現在)

住所:横浜市

職業:ポールダンサー

ペット:ネズミ

 

名前:バカリ・グラディス

年齢:21歳(2020年3月10日現在)

 

名前:上野 智貴(うえの ともき)

年齢:22歳(2020年3月10日現在)

職業:無職

 

横井瑞美容疑者のFacebookやInstagramを見ると、どうやらお母様がコロンビアなどのラテン系でお父様が日本人のようです。

たしかに写真を見るとエキゾチックな雰囲気がして、日本人とは思えません。

スタイルも日本人離れしていますが、ハーフであれば納得です。

 

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

MADAM WOO TOKYOとは?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MADAM WOO TOKYO(@madamwoo_tokyo)がシェアした投稿

 

MADAM WOO TOKYOですが、セレクトショップDOMICILE東京やヴァイナルレコードバーBLOODY ANGLEを手掛けたラッパーのRYUZOさんが仕掛けたそうです。

どんなところかと言うと、アメリカンスタイルの「ジェントルマンズクラブ」だそうです。

 

そもそも「ジェントルマンズクラブ」って何?って思いますが、調べたところアメリカでは

男性(or女性)が女性を買って遊ぶところ

だそうです。

何か怪しい雰囲気がしますね。。。

 

インタビューの中でRYUZOさんは

 

酒が美味くて、空間をアートとして楽しめ、キレイなダンサーと遊べて、さらに本物のHIPHOPが体感できる。日常を忘れてパーティが出来る。

 

と答えていました。

 

イメージ的にはクラブで女の子のポールダンスなどを見れたり遊べたりするような感じでしょうか。

ポールダンサーの女の子たちもインスタに写っていますがみんなきわどい。

ハーフや海外の人が多い印象を受けます。

私のような人間はちょっと怖くて入る気になれません。。。

 

ホームページ:https://madamwoo.tokyo/

Instagram:madamwoo_tokyo

 

横井瑞美容疑者がポールダンサーをしていたMadam Woo Tokyoはどこ?東京都渋谷区道玄坂1-22-12-9F

 

 

ネットの声 ※引用:ヤフーコメント

 

この店、クラブと勘違いしてる人居るけど、ストリップバーだよ。

 

クラブって行ったことがないけれど、薬物が持ち込まれやすいところなのかな?薬物を使っている人が集まりやすいところ?
自分の身体を第一に考えないとね。

 

円山町は覚醒剤などの違法薬物使用者・所持者の逮捕が多いよね。どこから集まってくるんだか。その地域の一斉取り締まりで全部屋家宅捜索とかすると、とんでもないことになりそう。でも見てみたい。

 

人は見た目じゃ分からないってよく言うけど、「まんま」だね。って思うのは絶対私だけじゃないはず。あ〜〜それっぽいねで 驚きはない。

 

最近はコカインが浸透しているような印象がある。
暴追法になってから警察が裏社会の動きを全く把握できてない気がするが大丈夫かなあ

 

まとめ

 

イメージで言うのも申し訳ないんですが、クラブのDJやダンサーなどは薬のイメージがあります。

もちろん薬とは無関係の人もたくさんいると思いますが、一般的な会社や飲食店の従業員に比べるとはるかにドラッグの使用率は高いんじゃないでしょうか。

 

それはドラッグと音楽の相性がいいというのが大きな理由だと思います。

こうした犯罪を防ぐため、クラブなどの経営者がしっかりとお店を管理すべきでしょう。

今回で言えば、MADAM WOO TOKYOを手掛けたRYUZOさんがお店でのドラッグのやり取りはもちろん、スタッフの尿検査など抜き打ちでやるべきです。

 

クラブ関係者は「クラブでドラッグが蔓延してるなんて偏見だ」と言うと思います。

それはもっともですが、現実的にクラブなどで薬物を使い逮捕される人間が出ているのも事実です。

偏見だというのであれば、潔白を証明すればいいんです。

 

今後クラブなどに対しては、許可を出す際に毎月の薬物検査を義務付けるなどした方がいいと思います。

そしてもしスタッフにドラッグの陽性反応が出たらお店は閉店。

オーナーも逮捕でいいと思います。

 

真剣に経営しているクラブであれば、それで引っかかることはないでしょうし、オーナーも自分が逮捕されないようにしっかりと管理しようとするはず。

検査など毎月クリアしていれば、クラブ側としても偏見を跳ね返して堂々と「クラブは健全な場所だから遊びに来てください」という事が出来ます。

どちらにとってもWINWINだと思うんですけどね。

 

ぜひそういった改正法を作って欲しいです。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!