【名探偵コナン出演】声優・後藤淳一さんの顔画像やfacebookは? 出演作品は?バイク事故死の原因は運転ミス?東京都大田区

【名探偵コナン出演】声優・後藤淳一さんの顔画像やfacebookは? 出演作品は?バイク事故死の原因は運転ミス?東京都大田区

2月24日午前9時ごろ、東京都大田区東糀谷6丁目の首都高速道路でオートバイが左の側壁に衝突、運転していた声優・後藤淳一さんが意識不明の状態で病院に搬送され、死亡が確認されました。いったい何があったのでしょうか?詳しい事故原因などについて見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【名探偵コナン出演】声優・後藤淳一さんの顔画像やfacebookは?
出演作品は?バイク事故死の原因は運転ミス?東京都大田区

 

 

首都高バイク事故、声優・後藤淳一さん死亡 側壁に衝突

 

24日午前9時ごろ、東京都大田区東糀谷6丁目の首都高速道路でオートバイが左の側壁に衝突、運転していた声優後藤淳一さん(40)=目黒区=が意識不明の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。死因は頭部損傷。警視庁高速隊が事故原因を調べている。

 高速隊によると、現場は片側2車線の直線で、車で走行していた男性が「バイクが単独で側壁にぶつかった」と110番。後藤さんは、男性の車を右側から追い抜いて前方に入った後、そのまま側壁に衝突したという。

引用:ヤフーニュース

 

後藤淳一さんがバイク事故で死亡した原因は?

 

現場となった高速道路は片側2車線の直線で、車で走行していた男性が「バイクが単独で側壁にぶつかった」と110番してきたそうです。

後藤さんは、男性の車を右側から追い抜いて前方に入った後、そのまま側壁に衝突したといいます。

 

この車は左車線を走っていたようで、後藤さんは右側の車線に出てこの車を追い抜き、再び左車線に戻ったようです。

この直後に道路左の側壁にぶつかっています。

 

限られた情報だけなので推測でしかありませんが、左側の車線に戻る際にハンドル操作を誤った可能性が考えられます。

もしくは道路上に何か落ちていて、それを踏んでバランスを崩したという可能性も考えられます。

 

現段階では詳しい事故原因など分かっていないようです。

今後の警察の捜査によって原因が特定されると良いのですが。

 

後藤淳一さんの顔画像やSNSは?

 

 

後藤淳一さんは名探偵コナンなどの声優として活躍されていたようです。

そのためネット上には後藤淳一さんの情報はかなり出てきます。

 

SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)のアカウントを検索してみたところ、Twitterのみアカウントが分かりました。

Twitter:@Gotoh_Junichi

Twitterでは本人が色々なことをツイートしています。

 

後藤淳一さんのプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:後藤 淳一(ごとう じゅんいち)

生年月日:1979年10月4日

年齢:40歳(享年)

住所:東京都目黒区中町

所属事務所:ネクシード

 

所属事務所のホームページにもプロフィールがありますが、そこでは後藤淳一さんの声を聴くことが出来ます。

ナレーションや台詞など6種類の音声のサンプルが置かれています。

後藤淳一さんの声が好きだった方は、所属事務所のホームページで後藤さんの声を聞いて偲ばれるのもいいでしょう。

 

こちらの画像をクリックするとホームページに移動します

 

後藤淳一さんの出演作品(アニメ&WEBアニメ)

 

Wikipediaで見ていたら色々と出演していらっしゃったようです。

 

アニメ

2006年

  • 無敵看板娘(客A、ブルースター)
  • ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ(警官B)

2007年

  • もやしもん(一年生B)

2008年

  • ヒャッコ(クラスメイト・有田)
  • 名探偵コナン(男)

2009年

  • アラド戦記〜スラップアップパーティー〜(村人B、ガンナーB、ゾンビB、ファンB、鬼騎士A 他)
  • テガミバチ(2009年 – 2010年、観客A、紳士、ピサロ)- 2シリーズ
  • 東京マグニチュード8.0
  • はっけん たいけん だいすき!しまじろう

2010年

  • 一騎当千 XTREME XECUTOR(太史慈子義)

2015年

  • ハッカドール THE あにめ〜しょん(浦上、ラーメン屋の親父、ダークエルフ)

2016年

  • 宇宙パトロールルル子(インフェルノコップ)

2018年

  • SSSS.GRIDMAN(ガイドβ)

 

引用:Wikipedia

 

WEBアニメ

  • インフェルノコップ(2012年、インフェルノコップ、その他すべてのキャラ)
  • ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン(2015年、旧型クローンヤクザ、カンバギ、アザワ、ダイゴ[4]、インターラプター)
  • 宇宙パトロールルル子(2016年、インフェルノコップ)

 

引用:Wikipedia

 

私自身はあまり知らないアニメが多いのですが、当然好きだった方も多いはず。

中でもインフェルノコップは有名だったようですね。

 

 

龍が如くではこのような声で出演されていました。

 

 

ファンの方にとっては本当にショックですよね。

 

後藤淳一さんがバイク事故死した事件現場はどこ?東京都大田区東糀谷6丁目

 

 

 

ネットの声

 

首都高のバイク事故というと料理研究家のケンタロウさんを思い出す。首都高は場所によっては狭い上にかなりカーブが多い割には速度も出るし交通量も多い。せめてこの記事を読んだ方だけでも運転は慎重に…

 

私もバイク乗りしてます、無茶な運転は致しませんが転倒すれば大怪我は免れません。
明日は我が身と肝に命じ安全運転を心掛けます

 

大阪ですが
今日、京橋でバイクが事故にあって
救急車が来てたけど、ドライバーは倒れたままで動いてなかった。
どういう事故か知らないけど
バイクのすり抜けは止めてほしい。
車の両サイドから同時に来られると
真っ直ぐ走っていても怖い。。。

 

とある有名声優さんは、仕事が軌道に乗ってきたのと共にバイクに乗るのを辞めたそうです。また別の有名声優さんもバイク事故で一時期生死の境を彷徨ったとのことで、結構バイク事故は生命の危険と近いものといった感じですね。

 

私も昔〜バイクに乗っていました
今は車のみ運転してますが、今の
バイカー(全部でもは無い)の運転
レベルでは事故っても仕方ないと
思える方が多いですね。
トラックと大型車の間を無理に高速
で通過したり車線変更禁止ラインから
いきなり曲がってきたり。
原付が(某出前系)右側車線走ってい
たりと。。

事故が起きないのでは無く、車の運転手
が譲ってくれてると考えた方が良いですよ。

 

まとめ

 

 

 

 

こうやってツイートを見ていると、バイクや野球などが本当に好きな方だったんだなと思います。

まだ40歳と若かったので、本当に残念です。

 

オートバイという乗り物は本当に危険だと思います。

私は高校生の時に原付で事故ってから、一切バイクに乗るのは止めました。

正直その時、本当に怖かったからです。

また、友人が高校生の時にバイク事故で亡くなったのも、私がバイクに乗らなくなった原因の一つです。

 

今ではたまに車を運転する位ですが、基本電車を利用するようにしています。

自分が運転上手くないのは理解していますし、都内であれば電車でたいてい事足りるからです。

 

たまに車を運転する時に高速道路でオートバイが走っているのを見かけますが、近くを走る時はこちらが緊張します。

万が一転倒した際、よけられるかという事を考えるからです。

 

オートバイが転倒すれば運転している人は道路に放り出される訳ですが、その際何も身を守るものはありません。

車であれば車体が少しは守ってくれますが、バイクは本当に身体一つで道路に放り出されます。

高速道路に身体一つで放り出されるというのは、冷静に考えてほぼ100%死を覚悟しなければいけません

 

オートバイという乗り物はそれほど危険な乗り物なんです。

冷静に考えるとなぜあんなに危険な乗り物が車と一緒に道路を走っているのか不思議に思う事がありますし、よく法律でオートバイという存在を認めたなという思いもあります。

ただ法律上認められているので、あとはドライバーの問題になってきます。

 

オートバイを運転しているドライバーさんにお願いですが、とにかく安全運転を常に心掛けてほしいと思います。

「十分安全運転してるわ」という方も多いと思いますが、その気持ちを常に持ち続けるのは難しいことだと思っています。

ただオートバイを運転するという事は常に死と隣り合わせという事なので、運転している間は1秒たりとも気を抜かずに「死と隣り合わせ」だという事を認識していて欲しいと思います。

 

私が車を運転していていつも思うのは、オートバイで車の間を縫うようにすり抜けていく人がとても多いという事です。

追い越されて前に出てくる瞬間、いつも緊張します。

そんなすり抜けは止めて、出来る限りのんびり真っすぐ車間距離をしっかり取って走って欲しいです。

それ位の心の余裕のない人はバイクに乗らない方がいいと思います。

 

これ以上、後藤淳一さんのような悲しい事故が起きない事を願うばかりです。

後藤淳一さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!