【教員いじめ】長谷川雅代、家族の力で停職処分に留まる⁉懲戒免職は1人だけ!!甘すぎる神戸市教育委員!!

NO IMAGE

神戸市立東須磨小学校の教員間のいじめ問題で、神戸市教育委員会が加害教員4人のうち、30代の男性教員2人について、懲戒免職を軸に処分を検討していることが分かりました。中心的な長谷川雅代は停職という情報が。詳しい内容を見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

【教員いじめ】長谷川雅代、家族の力で停職処分に留まる⁉
懲戒免職は1人だけ!!甘すぎる神戸市教育委員!!

 

 

加害教員2人の懲戒免職を検討 神戸市教委 教員間暴行

 

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、神戸市教育委員会が加害教員4人のうち、外部の調査委員会から悪質なハラスメントを多数認定された30代の男性教員2人について、懲戒免職を軸に処分を検討していることが分かった。40代の女性教員は停職、30代の男性教員は戒告となる見通し。遅くとも今月中には処分する。ハラスメントを助長したとされる現校長と前校長は停職以下の懲戒処分で調整している。

 懲戒免職になる可能性が高い2人は、調査報告書でそれぞれ89項目と34項目のハラスメントが認定された。関係者によると、被害教員に対し加害行為を長く続けた上、同僚女性への極めて悪質なセクハラ行為もあり「免職は免れない」との見方が強いという。

 残る2人のうち、13項目が認定された40代の女性教員は一連の問題のほかに児童への体罰も確認され、懲戒処分では2番目に重い停職が見込まれる。別の30代男性教員は認定数が7項目と他の3人に比べて少なく、戒告で検討しているとみられる。

 一方、報告書で「(問題を)早期に発見、防止できなかった原因の一つ」とされた管理職についても、市教委は一定の処分が必要と判断。懇親会への出席強要など2件のパワハラが認定された前校長と、被害教員から相談を受けながら加害教員による報復を許すなど不適切な対応をした現校長について、管理監督責任を問う方向という。

 市教委は処分案を弁護士らでつくる職員分限懲戒審査会に諮問し、今月中に教育委員の会議を開いて正式に処分内容を決める。

引用:神戸新聞

 

いじめをした教員4名の顔写真とプロフィール

 

長谷川 雅代(はせがわ まさよ)

 

 

年齢:45歳(2020年3月時点)

備考:「女帝」と呼ばれ、このいじめ問題の中心人物とされる。家族に教育関係者が多数いるとの事

 

柴田 祐介(しばた ゆうすけ)

 

 

年齢:34歳(2020年3月時点)

備考:児童間では人気者先生だった

 

佐志田 英和(さしだ ひでかず

 

 

年齢:37歳(2020年3月時点)

備考:児童の問題などが発生した時、親身になってくれる先生だと評判あり

 

蔀 俊(しとみ たかし)

 

 

 

年齢:34歳(2020年3月時点)

備考:被害者の先生の車の上に乗っていたのが蔀俊と言われています。

 

ネットの声

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

まだ正式な処分は分かりませんが、報道では1人もしくは2人の男性教員が「懲戒免職」、主犯格と言われている女帝こと「長谷川雅代」は停職、残りの男性教員1人もしくは2人が「戒告」とのこと。

いじめとして認定された項目は120項目以上あったと言いますが、この数だけでもとんでもない数だと思いませんか?

子どもじゃなく、大人それも教師たるものがですよ?

以下のような子どもみたいないじめをしていてこんな軽い処分なの?と。

 

 

今回の報道通りであれば、ハッキリ言って全く納得のいかない処分内容です。

主犯格の長谷川雅代が懲戒処分でない事自体、おかしいですよね。

 

長谷川雅代の親族は教育委員会ともつながっているようで忖度があるんでしょうけど、この状況でそんなことをしたら絶対にダメでしょう。

神戸市の教育委員会の在り方の問題に今後発展しそうです。

 

これだけのいじめをやっておいて今後も教壇に立つことを誰が許すのでしょうか?

私の子どもの担任がもしこの4人だったら絶対に嫌です。

こんな人たちに教育が出来ると思いませんし、何も学ばせたくないと思います。

 

4人に関しては懲戒免職以外はあり得ないと思いますし、今後刑事事件として立証されるべきです。

同時に民事裁判も起こされるべきです。

 

先生たちがやってきたことがどれだけ悪いことなのか、それを子どもたちに教えるためにも厳しく処分しなければいけません。

「悪いことをすれば罰を受ける」、こういう当たり前のことを子どもに教えずにうやむやな処分にしては絶対にいけません。

 

この4人の愚かな先生が最後に先生らしくあるために、厳しい処分を与えるべきです。

最終的な発表では全員の懲戒免職を願います。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!