【加藤紗里】キッズ系YouTuber判明!!年収は?子どもの父はプリンセス姫スイートTVの大河内基樹⁉本人が暴露!!

【加藤紗里】キッズ系YouTuber判明!!年収は?子どもの父はプリンセス姫スイートTVの大河内基樹⁉本人が暴露!!

タレントの加藤紗里さんが2月12日、動画配信チャンネル「コレコレ」の生放送の中で、お腹の子どもの父親についてうっかり暴露するというシーンがありました。お相手はプリンセス姫スイートTVの「大河内基樹」さんらしいとざわつきました。詳しく見ていきましょう。

 

他の芸能記事はコチラ

 

【加藤紗里】キッズ系YouTuber判明!!年収は?
子どもの父はプリンセス姫スイートTVの大河内基樹⁉本人が暴露!!

 

 

加藤紗里、子どもの父親は人気ユーチューバー? 生放送でうっかり暴露、相手は活動継続の危機か

 

タレントの加藤紗里が12日、動画配信チャンネル「コレコレ」の生放送の中で、お腹の子どもの父親について明かす一幕があった。

 昨年9月に会社経営の男性と結婚したものの、今年1月には離婚していたことを発表していた加藤。しかし、その直後に妊娠していることを発表し、当初は元夫の子どもであるとしていたものの、12日に公開された『AERA dot.』(朝日新聞出版)のインタビューの中で、子どもの父親について、“チャンネル登録者数は100万人を超え、視聴回数が2千万回を超える動画を持つキッズ系ユーチューバー”であることが明らかになっていた。

 インタビュー公開後、コレコレは生放送を行い、リスナーが作ったリストを元に、子どもの父親について特定を開始。途中からは加藤と直接電話を繋ぎ、コレコレがリストと情報を元に、「ちなみにリスナーさんがずっと、『プリンセス姫スイート』って人じゃないの? って言ってるんですけど」とキッズ系ユーチューバー「プリンセス姫スイートTV」の名前を出すと、当初は「相手がいることなので、それをはっきり『はい』とは言えない」と言っていたものの、「コレコレさんはもう、すごいですね、特定できてますね、結構」と暗に認める形に。しかし、加藤はコレコレが配信を行っていることを知らなかったようで、「2人で喋ってる感覚で喋ってたんですけど。えっ!? やらかしてますね」と慌てた様子を見せ、パニックになったのか、「ユーチューブも、チャンネルの立ち上げも全部『モトキ』に……。あっ言っちゃった!」と名前も出し、すぐに通話をキャンセルしていた。

 加藤は子どもの父親の名前を出さなかったことについて、「キッズ系ユーチューバーって女性関係厳しいじゃないですか。職失う可能性あるじゃないですか」と話していたが、それが的中したのか、「プリンセス姫スイートTV」のリスナーからは「もとちゃんだったの!?プリ姫好きだったのに悲しい…」「不倫してたってこと?プリ姫見てたけどもう見れない」「なんか裏切られた気分」といった声が噴出している。

 動画の中で名前の出た「プリンセス姫スイートTV」の大河内基樹は、13日昼現在、この騒動に言及していないが、果たして本当に大河内が子どもの父親なのだろうか。今後も注目が集まる。

記事内の引用について
コレコレ公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCgOfjIl0I_oG7VxIoaKaRsw

引用:ライブドアニュース

 

 

プリンセス姫スイートTVとは?

 

いわゆるキッズ系ユーチューバーと呼ばれるジャンルで大人気のユーチューバーです。

「キッズ系」というのは、子供向けの動画を制作し、配信をしているという事です。

プリンセス姫スイートTVでは、プリンセスである「ひめちゃん」がおもちゃの商品紹介やゲーム実況などに果敢にチャレンジしていくチャンネルです。

 

2013年から活動を始め、動画にはひめちゃんの他、本当の家族である弟の「おうくん」や「パパ」、「ママ」も出演しています。

本当の家族という点が特徴的ですね。

チャンネルの開設は、ひめちゃんがYouTuberをやりたいと言ったことがきっかけだったそうです。

そんなことから始まったチャンネルですが、ほぼ毎日動画を更新し、平均年収は7千万円を超えているそう。

凄い金額ですね。。。

 

ちなみに「パパ」の家はなんと香川県「天霧城」の城主の子孫というお家柄。

そして「ママ」はプリンセス姫ラグジュアリースイート」という高級マンションを扱う不動産会社を経営。

ユーチューバー以外でもしっかりと稼いでいるようです。

 

公式サイト:http://www.princess-hime-suite.com/

YouTube(プリンセス姫スイート):https://www.youtube.com/channel/UCHkm57ZjExicHc630M2xJ-Q

 

プリンセス姫スイートTVからの声明

 

プリンセス姫スイートTVの公式サイトに、今回の件について以下のような声明が出ています。

 

プリ姫ママです。

 
今、プリ姫クラスターの動画に出演されたことがある加藤紗里さんが不倫しているのではないか、

お腹の中の子の父親はプリ姫のもとちゃんではないかと言われております。

プリ姫の代表として黙っておくわけにはいかない事態だと思い、ブログを書きました。
 

まずは視聴者の皆様に、お騒がせしていることをお詫びいたします。

今朝このニュースを目にし私自身まだ事態を把握しきれていないため、

事実関係が分かり次第皆様には改めてお知らせしたいと思っております。

今回はプリンセス姫スイートTVの出演者のことでお騒がせし本当に申し訳ございません。

プリ姫ママ

引用:プリンセス姫スイートTV公式サイトより

 

なかなか今回の突然の騒動に対応しきれてないみたいですね。

まずは大河内基樹さんの話を聞いて、加藤紗里さんとの関係について把握しなければいけません。

もし本当だとしたら大河内基樹さんは大変でしょうね。

 

大河内基樹さんとは?プロフィール・年収は?

 

 

上記の動画が加藤紗里さんと大河内基樹さんがコラボした動画になります。

加藤紗里さんの左側にいる男性が大河内基樹さんです。

Instagramの画像を見ると結構イケメンです。

 

 

大河内基樹さんは元々、エンターテインメントHIP HOPユニットの「カモンジョック」のメンバーとして6年間活動していました。

2018年8月15日のライブ出演を最後に「カモンジョック」は解散する訳ですが、解散前の2018年6月29日に、「プリンス姫スイートTV」のメンバーとなりました。

プリンス姫スイートTV」の中では「もとちゃん」として登場しますが、キャラクターとして

 

スポーツ大好き、音楽大好き、食べるの大好き。

時には執事、時には先生、時にはママの秘書、時にはパパ子のお友達、なんでもできちゃうフェミニンヒーロー。

という紹介がされています。

大河内基樹さんは動画に出なかった時期がありましたが、2019年1月以降、体調不良(メニエール病)に陥っていたようです。

 

 

以下が大河内基樹さんのプロフィールになります。

 

プロフィール

 

名前:大河内 基樹(おおこうち もとき)

生年月日:1984年8月28日

出身:東京都大田区蒲田

Twitter ID:@mokomoko_jock

Instagram:motoki_0828

YouTube(プリ姫クラスター):https://www.youtube.com/channel/UCQjb4bYNYu5yGJbJGKFW53A

YouTube(プリンセス姫スイート):https://www.youtube.com/channel/UCHkm57ZjExicHc630M2xJ-Q

 

 

 

気になる年収ですが、なんと10億円近くもあるそうです。

正直この金額は嘘だろ?と思いますが、結構稼いでいることは間違いないようです。

ユーチューバーって本当に稼げるんですね。

 

加藤紗里さんと大河内基樹さんの交際時期

 

2人は加藤紗里さんが離婚した元夫と交際する1年ほど前から付き合っていたそうなので、2018年5月頃と推定されます。

その後加藤紗里さんが元夫と結婚したのが2019年9月25日で、別居したのがその1週間後でした。

そして2020年1月10日離婚。

 

妊娠時期は2019年10月~11月と言われています。

加藤紗里さんは2019年12月からYouTubeチャンネルを開設しましたが、これももとちゃんが手伝っていたそうです。

そう考えると、加藤紗里さんが元夫と別居中によりを戻して妊娠したということになるのでしょう。

 

この場合離婚前ですが、法律的にどうなるんでしょうね。

 

まとめ

 

今回の騒動について、加藤紗里さんが狙って暴露した可能性もありますし、本当にポロっと話してしまった可能性もあります。

加藤紗里さんは世間的に嫌われているイメージですが、「もとき」という一言でここまで大騒動になるのはある意味みんな気になっているという事なんでしょう。

 

加藤紗里さんはともかく、問題は加藤紗里さんのお腹の子の親は本当に大河内基樹さんなのかという部分です。

これがもし本当に大河内基樹さんの子どもであるとすれば、イメージダウンは必至でキッズ系ユーチューバーとしての活動もかなり厳しいものになるのではないかと思われます。

今後プリンス姫スイートTVや大河内基樹さん側からなんらかのコメントが発表されると思いますが、今はそれを待つしかないですね。

 

もし全く関係なかったとしたら、訴訟などもありうると思いますし、加藤紗里さんの方が大変そうです。

事の経過を待ちましょう。

 

他の芸能記事はコチラ

 

error: Content is protected !!