PayPayで金額詐欺・専門学校生の女の名前や顔画像,facebookは?学校はどこ?繰り返しの犯行か?大阪府高槻市

PayPayで金額詐欺・専門学校生の女の名前や顔画像,facebookは?学校はどこ?繰り返しの犯行か?大阪府高槻市

キャッシュレス決済サービスの「ペイペイ」を不正に使用し、書店から漫画13冊をだまし取った疑いで専門学校生の女が逮捕されました。最近急速に普及しているキャッシュレス決済サービスを利用した詐欺事件。どのような経緯だったのか、詳しく見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

PayPayで金額詐欺・専門学校生の女の名前や顔画像,facebookは?
学校はどこ?繰り返しの犯行か?大阪府高槻市

 

 

PayPayで「支払い詐欺」 決済前の画面を店員に見せ…「一桁削除」して決済 専門学校生の女を逮捕

 

キャッシュレス決済サービスの「ペイペイ」を不正に使用し、書店から漫画13冊をだまし取った疑いで専門学校生の女が逮捕されました。

大阪府高槻市に住む専門学校生の女(20)は、去年11月、高槻市内の書店でキャッシュレス決済サービスの「ペイペイ」を不正に使用し、漫画13冊をだまし取った詐欺の疑いがもたれています。

【記者リポート】
「女は店員に8,078円を入力した画面を見せた後、実際には最後の1桁を消し、807円を支払ったということです」

警察によると、「ペイペイ」の支払いは決済を完了した後に画面を提示するシステムですが、女は決済の前に画面を見せ、少ない金額で決済して店員をだましていたということです。

後日店に訪れた際にも不審な動きをしたことから履歴を調べたところ、購入した商品代と支払った金額が合わなかったことから犯行が発覚したということです。

女は「バイト代が少なくてお金を使いたくなかった」と容疑を認めています。

引用:ヤフーニュース

 

専門学校生の女が本を不正購入した犯行動機は?繰り返しの犯行?

 

本人の供述によると、「バイト代が少なくてお金を使いたくなかった」というのが犯行動機のようです。

まぁバイト代が少なかろうが多かろうがお金を使わずに済むのであればそれに越したことはないですよね。

それを言ってしまったら経済が回らなくなります。

 

今回騙し取ったのは漫画本13冊だったそうですが、お金がないならわざわざ買うまでもないものだと思います。

完全に嗜好品ですからね。

漫画喫茶に行って読むとか、友達に借りるとか、他にも色々な方法があったはず。

騙し取るくらいなら我慢すべき、もしくは頑張ってお金を貯めてから買う、この2択でしょう。

 

今回の犯行がバレたのは2回目の犯行の時です。

おそらくこの専門学校生の女は他でも同じ犯行を繰り返していた可能性があります。

簡単に金額が1桁変わるんですから、一度味をしめたら止められないですよね。

今後の捜査で余罪が出てくる可能性が高いと思いますが、しっかり反省してもらわないといけません。

 

今回のPayPay(ペイペイ)の決済の流れ

 

ペイペイの今回の決済の流れが分からない方もいらっしゃると思うので簡単に説明します。

 

①お店側から決済用のQRコードを読み取るように言われる

②ペイペイのアプリを開き、「支払う」のボタンを押す

③画面右下の「スキャン支払い」を押す

④お店の決済用QRコードを読み込む

⑤金額入力画面が出るので、支払金額を入力する。この入力は店舗によって異なりますが、店員さんが入力する場合と支払う側が入力する場合があります

⑥金額をお互い確認し、支払う側のアプリの決済ボタンを押す

⑦決済完了

 

ざっと説明するとこんな感じです。

今回の犯行は⑥の段階で金額を1桁消したようです。

 

専門学校生の女の顔画像やSNSは?専門学校はどこ?

 

色々なニュースやネットなどで調べてみたのですが、今のところ一切名前や顔写真、通っていた専門学校の情報など見つけることが出来ませんでした。

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

専門学校生の女のプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

年齢:20歳(2020年2月12日現在)

住所:大阪府高槻市

職業:専門学校生

他に新たな情報が入り次第、更新いたします。

 

専門学校生の女が本を不正購入した本屋はどこ?大阪府高槻市

 

 

調べて分かったのですが、結構本屋ってあるんですね。

しかもペイペイが使える大手の本屋も意外とありました。

キャッシュレス決済サービスの拡大スピードに驚きますね。

 

ネットの声

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回の事件については、ネットの声にもあるように私もこういう事件がいつか起こるんじゃないかと思ってました。

私が使っているキャッシュレス決済サービスは主にペイペイですが、コンビニで使う時のように読み取ってもらうだけならいいのですが、金額を入力するパターンは嫌です。

単純にレジにスキャン機能が付いているかどうかの問題だと思いますが。

 

手入力だとわざとじゃなくても、私や店舗側が金額を打ち間違える心配があります。

私自身レジなどで金額を見ないタイプなので、もし金額が違っても気付かない可能性大です。

 

キャッシュレス決済サービスが今後も拡大していくのは仕方ないのですが、こういう欠点をいかに補っていくかが大切でしょう。

誰もが安心して使えるものでないと、キャッシュレス決済サービスが拡大するにつれこうした事件が増えてしまいます。

もちろん今回の専門学校生のように悪用する人間が悪いのですが、可能な限り欠点をなくして欲しいですね。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!