名古屋大学理学部准教授・須藤斎容疑者の顔画像特定!!経歴は?ロリコン?犯行動機はストレスか?愛知県名古屋市緑区

名古屋大学理学部准教授・須藤斎容疑者の顔画像特定!!経歴は?ロリコン?犯行動機はストレスか?愛知県名古屋市緑区

2月12日、女児にわいせつ行為をしたとして、名古屋大大学院環境学研究科准教授の須藤 斎(すとう いつき)容疑者が強制わいせつ容疑で逮捕されました。世間的に立派な地位の方のまさかの犯行。今回の事件について見ていきましょう。

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

名古屋大学理学部准教授・須藤斎容疑者の顔画像特定!!経歴は?
ロリコン?犯行動機はストレスか?愛知県名古屋市緑区

 

 

名古屋大学の准教授・須藤斎容疑者、10歳にわいせつ行為の疑いで逮捕

 

愛知県警緑署は12日、名古屋大学理学部准教授の須藤斎(すとう・いつき)容疑者(43)=名古屋市緑区相川2丁目=を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「欲求を満たすためにやった」と容疑を大筋で認めているという。

 緑署によると、須藤容疑者は昨年11月23日午前10時40分ごろ、名古屋市緑区内の駐輪場で1人で遊んでいた女児(10)に対し、わいせつな行為をした疑いがある。

引用:ヤフーニュース

 

須藤斎容疑者が10歳の女の子にわいせつ行為をした犯行動機は?

 

本人は一部否定しているようですが、概ね認めていると報じられています。

その中で、「欲求を満たすためにやった」と供述しているようです。

これはおそらく性癖でしょうね。

 

名古屋大学理学部准教授になるのはとても大変なことだと思います。

大学院にまで進んで准教授になるには、相当な勉強や研究をしてきたはず。

著書も何冊かあるようですし、頭が良く一生懸命頑張ってきたんでしょう。

准教授になってからも研究など、さまざまなストレスやプレッシャーなどもあったと思います。

 

その一方で遊ぶ時間があまりなかったのかもしれません。

理系という事で、学生時代は女子との接点も少なかったのかと思います。

大学生ならコンパなどに行く機会も多く、女性と付き合うことも多いでしょう。

そうやって異性とのコミュニケーションを学んでいくのですが、須藤斎容疑者はそういう機会が少なかったのではないでしょうか?

 

一部では結構モテていて、女性には困っていなかったという記事もありました。

ピアスも6個付けていますし、一般的にオタクと言われるような雰囲気はありません。

ホームページを見ても内気というより個性が強い感じはしますが。。。

 

ただ外見や行動がオタクっぽくなくても、内面が実は伴っていない人間もいると思います。

女性とのコミュニケーションが苦手で、自分に自信が持てず内気になる男性も多いと聞きます。

そういう男性の中には、アニメにハマったりロリータ・コンプレックスと呼ばれる癖を持つよう方がいます。

 

今回の須藤斎容疑者もなにかしらの原因があって、10歳の少女を性の対象として捉えたのだと思われます。

一見すると気持ち悪いと言われて終わりですが、私はれっきとした病気だと思います。

もちろん病気と言ってもそれで犯罪が許されるわけではありませんし、擁護するつもりも全くありませんが。

 

須藤斎容疑者の顔画像やSNSは?

 

色々なニュースやネットなどで調べてみたのですが、名前は結構ヒットします。

珍しい名前というのもありますし、肩書で本人と断定できました。

 

また、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)のアカウントも検索してみたところ、須藤斎容疑者のものと思われるアカウントを特定するには至りませんでした。

 

ただハッシュタグを付けられて投稿されているツイートはありました。

有名な先生だったようです。

 

 

新しい情報が入り次第、更新いたします。

 

須藤斎容疑者のプロフィール

 

現在分かっているのは以下の情報となります。

 

名前:須藤 斎(すとう いつき)

年齢:43歳(2020年2月12日現在)

住所:名古屋市緑区相川2丁目

職業:名古屋大学理学部准教授

出生地:ドイツ

出身大学:筑波大学第一学群自然学類卒→同大学大学院地球科学研究科博士課程修了

 

詳しい経歴は須藤斎容疑者の個人ホームページに書かれていますので、参考にしてください。

 

ちなみにこんな本も執筆しています。

 

須藤斎容疑者が10歳の女の子にわいせつ行為をした事件現場はどこ?愛知県名古屋市緑区

 

 

須藤斎容疑者の自宅が名古屋市緑区なので、自宅近くの犯行だったんですね。

詳しい場所までは特定できませんでした。

 

ネットの声

 

こういった病的習癖は国立大教授といえど一般人と変わりなく存在するということ。名大理学部と言えば大学の中でも図抜けて優秀なところなんだが残念です。

 

被害者の受けた心と体の傷は一生もので言語道断
しかし超名門大学でこんな立派な肩書きと能力を持った人が一体何をするんだ。実にもったいない。
もしかしたらノーベル賞級の研究成果を出して世界に貢献する仕事ができたかも知れないのに

 

気持ち悪い。なんで我慢できないのか分からない。

 

まとめ

 

こういう幼い子どもに対するわいせつ事件は聞くだけで嫌悪感を抱いてしまいます。

一番心配なのは被害に遭った少女の心の傷です。

どういう被害に遭ったのか具体的には分かりませんが、ひどくなかったことを願うと共に少しでも心の傷が癒されることを祈るばかりです。

 

須藤斎容疑者は、自分が犯した罪がいかに大きなことか今頃思い知っている事と思います。

おそらくとても優秀な人間だったと思いますが、どんなに優秀であってもまずは人として正しくなければ意味がありません、特に人にものを教える立場の人間であればなおさら。

 

余罪など分かりませんが、今回の事件のみであれば執行猶予は付くでしょう。

須藤斎容疑者の性癖は病気だと思うので、このままでは再び同じ過ちを犯す可能性があります。

まずは己としっかり向き合い、治療して欲しいですね。

 

 

その他の事件に関する記事はこちら

 

error: Content is protected !!