【今日は何の日シリーズ】 3月13日は何の日? その時B’zは?

【今日は何の日シリーズ】 3月13日は何の日? その時B’zは?

1年365日(閏年は366日ですが)ありますが、1日1日の色々な記念日などが分かると面白いと思いませんか?記念日を見てみると、実にさまざまな背景があります。それと同時にB’zに関してもその日に何があったのか気になります。3月13日にはどんな記念日があり、B’zにはどんなことがあったのかまとめていきます。

 

今日は何の日シリーズの他の記事はこちら

 

【今日は何の日シリーズ】
3月13日は何の日? その時B’zは?

 

 

日本

 

青函トンネル開業記念日

 

 

1988年(昭和63年)3月13日、青森と函館を結ぶ「青函トンネル」が開通し、JR海峡線(当時の愛称:津軽海峡線)が開業しました。これと同時に、青函連絡船が80年の歴史の幕を閉じました。

完成までは42年の歳月がかかり、トンネル本体の建設費は7,455億円もの費用がかかりました。また、取り付け線を含めた海峡線としての建設費は9,000億円にも上りました。

青函トンネルは、全長53.85km、全長の43%が海底です。長らく世界最長のトンネルでしたが、2010年10月にアルプス山脈を通る57.09kmのゴッタルドベーストンネルが開通し、世界2位となっています。

 

新選組の日

 

 

東京都日野市のNPO(特定非営利活動)法人「日野市観光協会」が制定。

1863年(文久3年)3月13日、京都・壬生に詰めていた新選組の前身「壬生浪士組」に、会津藩主で京都守護職の松平容保から会津藩預りとする連絡が入り、新選組が正式に発足しました。

元々壬生浪士隊は清河八郎の提案で、事件が頻発している京都の警護にあたる為に幕府が江戸で募集をしました。1863年2月に江戸を出発しましたが、京都に着いた途端、清河が壬生浪士組の目的は尊皇攘夷だと言い出したため、浪士組は空中分解してしまいました。まもなく幕府の帰還命令を受け、清川ら209名は江戸に戻りましたが、近藤勇・芹沢鴨・土方歳三ら24名はそのまま京都に残留しました。そして松平容保の配下に入り、8月に「新選組」と改称しました。その後、約4年間にわたり、京都で尊皇攘夷派・倒幕派の弾圧を行いました。

 

サンドイッチデー

 

 

1が3で挟まれている(サンド1=サンドイッチ)ことに由来。

この日とは別に、サンドウィッチの生みの親とされるイギリスのサンドウィッチ伯爵の誕生日である11月3日が「サンドウィッチの日」となっています。

 

漁業法記念日

 

1949年(昭和24年)3月13日、現行の「漁業法」が施行されました。

これとは別に、1901年に旧「漁業法」が制定された4月13日が「水産デー」となっています。

 

B’z

 

B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- 壱岐文化ホール

 

2015年3月13日(金)、 B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-ツアーの壱岐文化ホール公演が開催されました。以下がその時のセトリになります。

 

  1. 有頂天
  2. NO EXCUSE
  3. アマリニモ
  4. Exit To The Sun
  5. Black Coffee
  6. TIME
  7. love me,I love you
  8. HEAT
  9. Classmate
  10. Man Of The Match
  11. 熱き鼓動の果て
  12. Baby, you’re my home
  13. HOME
  14. ultra soul
  15. スイマーよ!!
  16. 松本ソロ(GO FURTHER)
  17. BURN -フメツノフェイス-
  18. Las Vegas
  19. EPIC DAY

    -アンコール-

  20. イチブトゼンブ
  21. ギリギリchop

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-(DVD) リリース

 

2019年3月13日(水)、B’zデビュー30周年を記念して2018年7月7日から2018年9月22日までに開催された5年ぶりのPleasureツアー「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」のDVDとBlu-ray Discが発売されました。

 

B’zデビュー30周年を記念して2018年7月7日から2018年9月22日までに開催された5年ぶりのPleasureツアー『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』より、9月22日の味の素スタジアム千秋楽公演の模様を完全収録。また日替わり曲6曲とツアードキュメンタリーが収録された「TOUR DOCUMENTARY -Road to 20180921-」と、初CD化となるツアータイトル曲「HINOTORI」も収録している。

千秋楽公演は2018年11月24日にWOWOWで放送されたが、今作では新たな編集で収録される。

日替わりで演奏された「ZERO」は、本作には未収録となっている。

引用:Wikipedia

 

このツアーでは稲葉さんの体調を崩し、声が出なくなるというハプニングがありました。体調は最後まで完全に回復することはなかったので、どの公演がDVDになるのだろうかと思っていました。個人的には日産スタジアム公演かな?と思っていたのですが、千秋楽でした。完璧主義の稲葉さんなので、声が完全ではない公演を選んだのは驚きです。以下がDVDの内容になります。

 

DVD・Blu-ray

TOUR FINAL at AJINOMOTO STADIUM

  1. ultra soul
  2. BLOWIN’
    「B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」以来、3年ぶりに演奏。
  3. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
    「B’z LIVE-GYM 2012 -Into Free- EXTRA」以来、6年ぶりに演奏。Pleasureシリーズでは「B’z LIVE-GYM Pleasure 2000 -juice-」以来、18年ぶりの演奏となった。
  4. 裸足の女神
  5. Wonderful Opportunity
    「B’z LIVE-GYM 2008 “ACTION”」以来、10年ぶりに演奏。
  6. 光芒
    「B’z LIVE-GYM 2008 “ACTION”」以来、10年ぶりに演奏。Pleasureツアーでは初の演奏となった。
  7. 月光
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  8. 恋心(KOI-GOKORO)
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  9. OH! GIRL
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  10. イチブトゼンブ
  11. ねがい
    「B’z SHOWCASE 2015 -品川有頂天NIGHT-」以来、3年ぶりに演奏。
  12. ALONE
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  13. LOVE PHANTOM
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  14. HINOTORI
    新曲。本ツアーが初演奏。
  15. Real Thing Shakes
    「B’z NETWORK LIVE in Japan」以来、12年ぶりに演奏された。Pleasureシリーズでは「B’z LIVE-GYM The Final Pleasure “IT’S SHOWTIME!!”」以来、15年ぶりの演奏となった。
  16. juice
  17. BAD COMMUNICATION
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  18. Pleasure 2018 ~人生の快楽~
  19. Brotherhood
    「B’z LIVE-GYM 2011 -C’mon-」以来、7年ぶりに演奏。
  20. ギリギリchop
  21. RUN
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。

TOUR DOCUMENTARY -Road to 20180921-

  1. love me, I love you(NISSAN STADIUM 20180805)
    8月5日の日産スタジアム公演の模様を収録。
    「Wonderful Opportunity」と日替わりで披露された。
    「B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」以来、3年ぶりに演奏。Pleasureシリーズでは「B’z LIVE-GYM Pleasure 2000 -juice-」以来、18年ぶりの演奏となった。
  2. もう一度キスしたかった(EHIMEKEN BUDOUKAN 20180811)
    8月11日の愛媛県武道館公演の模様を収録。
    「月光」と日替わりで披露された。
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  3. Calling(EHIMEKEN BUDOUKAN 20180811)
    8月11日の愛媛県武道館公演の模様を収録。
    「OCEAN」と日替わりでアリーナ公演のみ披露された。
    「B’z SHOWCASE 2015 -品川有頂天NIGHT-」以来、3年ぶりに演奏。Pleasureシリーズでは「B’z LIVE-GYM Pleasure ’97 -FIREBALL-」以来、21年ぶりの演奏となった。
  4. OCEAN(EHIMEKEN BUDOUKAN 20180812)
    8月12日の愛媛県武道館公演の模様を収録。
    「Calling」と日替わりでアリーナ公演のみ披露された。
    「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶりに演奏。
  5. TIME(AJINOMOTO STADIUM 20180921)
    9月21日の味の素スタジアム公演の模様を収録。
    「裸足の女神」と日替わりで披露された。
    「B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」以来、3年ぶりに演奏。
  6. 愛のバクダン(AJINOMOTO STADIUM 20180921)
    9月21日の味の素スタジアム公演の模様を収録。
    「ギリギリchop」と日替わりで披露された。
    「B’z SHOWCASE 2015 -品川有頂天NIGHT-」以来、3年ぶりに演奏。

 

そしてDVDと一緒に、ツアーの中で演奏された「HINOTORI」がCD化されました。

 

HINOTORI

ツアータイトル曲。本作が初CD化となる。
1995年リリースの18thシングル「LOVE PHANTOM」の続編として制作された。楽曲の編曲は、「LOVE PHANTOM」と同じ雰囲気になるように意図的に似たアレンジが施されている。今ツアーのロゴも「LOVE PHANTOM」のジャケットに使用された同じ字体が採用されている。
松本は、30周年の数年前から「LOVE PHANTOMの続編を創る」という構想は持っていたという。その後30周年記念のライブツアーがタイミング的には良いと思い、「B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”」ツアー中にメンバーに提案し、続編制作が決定した。しかしながら松本は楽曲制作について、「言うのは簡単だがLOVE PHANTOMのイメージは相当強く、続編制作はなかなか苦労した」と振り返っている。
本楽曲の歌詞について稲葉は、「LOVE PHANTOM」の詞が恋の話だったということから「一回火が消えてしまった恋心にまた火が着く」というイメージになり、そこから復活の象徴、また新たに命を授けるものの象徴である『火の鳥』というイメージに繋がったと解説している。また稲葉は、「LOVE PHANTOM」が男の人、「HINOTORI」は女の人の気持ちみたいな雰囲気になっていると例えて、「(2つの曲の)時間軸は同じなんだけれども表と裏みたいなイメージになった」とコメントしている。
今回のライブでは「HINOTORI」を音源通りには演奏せず、「LOVE PHANTOM」の曲中に挟むという構成で演奏している。これは、ライブのリハーサルで「LOVE PHANTOM」と「HINOTORI」をそれぞれ演奏してみたところ、意識して似たアレンジに仕上げた曲だったがために、「大作が終わった後に、また同じ種類の大作が始まる」という違和感をメンバーが持ったため。そこで「同じテイストの重さの曲が続くよりは、もっと大きなひと塊にしたらどうか」というアイデアが生まれて、今回のような構成となった。ライブツアー終了後のファンクラブ会報のインタビューで松本は「結果論」と前置きした上で、「間に挟むことで、組曲ではないけれど、一段とスケールが大きくなった。結局繋げて良かったと思う」とコメントしている。

引用:Wikipedia

 

明日は何の日でしょうかねぇ~♪ それではまた明日お会いしましょう☆

 

今日は何の日シリーズの他の記事はこちら

 

error: Content is protected !!